記事カテゴリー

「 メンタルヘルス 」一覧

セクハラの具体例とは?ビジネスシーンを客観的に捉えて理解する

セクハラとはセクシャルハラスメントの略称で、行う側が意図する・しないにかかわらず、相手が不快に思い、相手が自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動、性的いやがらせのことを指します。多くの労働者がセクハラ被害を訴えており、自社でセクハラが存在しないか確認するためには、客観的な視点で自社を理解することが大切です。今回はセクハラとしてみなされるビジネスシーンの具体例について説明します。

セクハラが起きる原因とは?原因の解消方法と企業が行う対応策について

セクハラとはセクシャルハラスメントの略称で、行う側が意図する・しないにかかわらず、相手が不快に思い、相手が自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動、性的いやがらせのことを指します。セクハラは加害者が意図する・意図しないに関わらず起きてしまう可能性があります。セクハラは労働生産性の低下など様々な問題を引き起こしますが、なぜセクハラが起こってしまうのでしょうか?今回はセクハラが起きる原因や防止への取り組み例などについて説明します。

セクハラとは?改善や発生防止対策は企業の義務である!

セクハラとはセクシャルハラスメントの略称で、行う側が意図する・しないにかかわらず、相手が不快に思い、相手が自身の尊厳を傷つけられたと感じるような性的発言・行動、性的いやがらせのことを指します。様々な調査で、従業員の多くがセクハラ被害に遭っていること、被害に遭っても相談していないことが明らかになっています。セクハラを放置すると、メンタルヘルス不全などの健康被害だけでなく労働生産性の低下、離職率にも大きな影響を与えます。今回はセクハラについて説明します。

ディーセント・ワーク実現のために厚生労働省が推進する施策とは?

ディーセント・ワークとは、働きがいのある人間らしい仕事のことです。働き方改革が叫ばれる昨今。「きちんとした働き方」というのが多くの組織で議題に上がっています。今回は、日本政府も推進している『ディーセント・ワーク』の施策の内容などについて掘り下げます。

メンタルヘルス休職から復職に向かう具体的支援方法とは

メンタルヘルスへの取り組みをしている企業であっても、メンタルヘルスの不調による休職者が出ることはあります。企業としては避けて通ることのできない、メンタルヘルス休職対応とそこからの復職支援について、具体的かつ現実的な施策を持っておくことは重要です。この記事では、休職〜復職に向け、段階に応じた取り組みとそのコツを紹介します。

メンタルヘルス不調における休職とは?企業が行うべき対応について

職場における休職・退職は、本人はもちろん、周囲の社員にも辛いものであり、企業全体にとっては損失でもあります。中でもメンタルヘルスの不調によるもの特には、早期に適切な対応をする必要があります。その不調は、休職を申し出た一人に限らず、すでに他の社員も感じていたり、不調のなかった社員にも蔓延していく可能性が大いに考えられるためです。本記事では、メンタルヘルス不調による休職者が出た際の企業側がやるべき対応を紹介します。

キャリアクライシスの原因とは?企業への悪影響や対策方法について

キャリアクライシスとは、個人が積み上げてきたキャリアが崩壊する危機に直面することや、キャリア崩壊の危機そのもののことを意味します。キャリアクライシスを防止・改善するためには、社員自身で解決するのを待つだけではなく、企業側からのアプローチも大切になります。今回はキャリアクライシスの原因や企業への影響、キャリアクライシスを防止・改善するための対策方法についてご紹介します。

キャリアクライシスとは?意味や定義、企業への影響や原因について

キャリアクライシスとは、個人が積み上げてきたキャリアが崩壊する危機に直面することや、キャリア崩壊の危機そのもののことを意味します。社員にキャリアクライシスが起きると、仕事のモチベーションや生産性の低下が発生し、離職につながることもあります。今回はキャリアクライシスの意味や定義、キャリアクライシスが起きる原因や企業に与える影響についてご説明します。

ラインケア研修とは?研修目的や必要なスキル、心構えを理解しよう

ラインケアとは、職場の上司や人事労務部門が行う取り組みとして重要なメンタルヘルス対策です。ラインケアを実施するためには、実施方法や求められるスキル、注意点などを事前に理解して身につけておくことが大切です。今回はラインケア研修で身につけるべき、上司に求められるスキルや心構え、注意すべき点についてご説明します。