記事カテゴリー

「 メンタルヘルス 」一覧

ラインケア研修とは?研修目的や必要なスキル、心構えを理解しよう

ラインケアとは、職場の上司や人事労務部門が行う取り組みとして重要なメンタルヘルス対策です。ラインケアを実施するためには、実施方法や求められるスキル、注意点などを事前に理解して身につけておくことが大切です。今回はラインケア研修で身につけるべき、上司に求められるスキルや心構え、注意すべき点についてご説明します。

ラインケアとは?メンタルヘルスケアを実施するメリットや意味とは

ラインケアとは、厚生労働省がメンタルヘルスケアを推進するために設定したメンタルヘルス対策のことです。部下の心の健康をケアしなかった場合には、安全配慮義務違反として、法的に罰せられる可能性もあります。今回はラインケアを実施する重要性やメリット、実施するために必要な準備について説明します。

ストレス耐性を見極める面接の質問例とは?質問の意図を明確にしよう!

メンタルヘルス不調は「本人の性格の問題」と捉える人が多い一方で、性格は生涯を通じて変わりにくいため、採用選考段階で見極めることが有効です。ストレス耐性検査だけでなく、採用面接でもストレス耐性を見極めることができますが、質問の意図を明確にし、どのように見極めるか準備することが大切です。今回はストレス耐性を決定づける6つの要素から、各要素を見極めるための面接での質問例について説明します。

採用面接でストレス耐性をチェックする方法や注意点とは?

自社のメンタルヘルスケアを実施するために、採用担当者・人事担当者には多くの期待と役割があります。メンタルヘルス不調が現れる原因として本人の性格や職場の人間関係が挙げられています。性格は生涯を通じて変化しにくいものであるため、採用段階で見極める、既存従業員と相性の良い人材を採用する、相性の良い上司に配属させるなどが可能です。今回はストレス耐性を面接で見極める必要性やメリット・デメリットについて説明します。

ストレス耐性を高める方法とは?人事部門への取り組み期待度は高い

企業のメンタルヘルスケアの取り組みが重要視されている中で、ストレス耐性への注目も高まっています。メンタルヘルスケアの担い手として、人事労務部門は大きく期待されており、取り組める内容にも様々あります。今回はストレス耐性を高める方法について説明します。

ストレス耐性が高い人材の特徴とは?育成で伸ばすことできる!

ストレス耐性は採用選考においても見極めたいとの需要が高まっています。一般的にはストレス耐性の高い人材が優秀であると考えられがちですが、ストレス耐性は育成することができるだけでなく、ストレス耐性が高いからこそ苦手なこともあり、必ずしもストレス耐性が高い人材が優秀であるとは限りません。今回はストレス耐性が高いとは何か、ストレス耐性の高い人材の特徴とは何かについて説明します。

ストレス耐性が低い人の特徴とは?悪い点だけでなく良い点も知ろう

ストレス耐性は採用選考においても見極めたいとの需要が高まっています。一般的にはストレス耐性の高い人材が優秀であると考えられがちですが、ストレス耐性は育成することができるだけでなく、ストレス耐性が低いからこそ得意なこともあり、必ずしもストレス耐性が高い人材が優秀であるとは限りません。今回はストレス耐性が低いとは何か、ストレス耐性の低い人材の特徴とは何かについて説明します。

ストレス耐性を決める6つの要素とは?個人差が生まれる理由と原因

ストレス耐性とは、ストレスへの強さを表す指標であり、個人差があるだけでなく、同じ人であっても心身の状態によってストレス耐性が変化します。人材採用などのシーンでも「ストレス耐性を確認したい」と思われる方が多いですが、なぜ個人差が生まれるのか、同じ人であっても何故変化するのかの理由を知っておくことは重要です。今回はストレス耐性を決定づける6つの要素とその内容について説明します。

ストレス耐性とは一体なに?ストレス耐性が強い人が優秀とは限らない!

ストレス耐性とは、その名の通り、ストレスに対する強さを表す指標です。近年は精神障害による労災申請・決定件数が増加傾向にあり、労働者の身体だけでなく精神面の管理にも注意しなければなりません。一般的には、ストレス耐性が強い人材は優秀な人材であると考えられていますが、その通りではありません。今回はストレス耐性とは何か、ストレス耐性で個人差が生まれる要因やストレス耐性を人事業務で活用する注意点について説明します。

ストレスコーピングの種類や例とは?3つの方法を自社制度に活用する

ストレスコーピングとは、ストレス対策方法の1つであり、強いストレスを抱える労働者が過半数を超えている日本企業で活用すべき方法です。ストレスコーピングは基本的には労働者自身が実施するものですが、労働者が実施しやすいように自社制度に組み込むことも可能です。今回はストレスコーピングの例から、どのようにして自社制度に組み込めるのかについて説明します。