記事カテゴリー

「 ストレス 」一覧

モラハラになる言葉の具体例とは?善意の言葉でも言い換えが必要

職場におけるハラスメントには、セクハラ、パワハラ、マタハラなど様々な種類が挙げられます。日本労働組合総連合会の調査では、職場でハラスメントを受けたことがある労働者は約38%と多くの労働者がハラスメントを受けている実態があります。ハラスメントを受けた際には誰にも相談しないことが多く、理由として相談しても無駄であると思っているようです。全国就業実態パネル調査では、ハラスメントの見聞きが若い世代ほど多く、シニア世代ほど低くなりますが、世代ギャップによりシニア世代が「ハラスメントと認識していない」可能性もあるでしょう。今回はハラスメントの一種であるモラハラになる言葉の具体例について説明します。職場でのハラスメントは多くの企業で起きており、シニア層はハラスメントではないと考えていたとしても若年層はハラスメントだと感じてしまうこともあり、ハラスメントが起きていても相談されないこともあるため、客観的な視点で自社を見直す必要があります。モラハラは立場に関係なく発生するため、全従業員を対象とした施策や教育研修が求められます。現状把握や対策がしにくいですが、それでも対策はしなければなりません。

職場におけるモラハラの具体的な事例とは?裁判に発展する可能性も

モラハラはモラル・ハラスメントの略で、精神的な嫌がらせのことです。モラハラは意図的な嫌がらせだけでなく、普段の言動がモラハラとして認定され、最悪の場合裁判にまで発展してしまう可能性がある問題です。今回は職場におけるモラハラの具体的な事例について説明します。

モラハラが起きる原因や対策方法とは?具体例から自社を客観視する

モラハラはモラル・ハラスメントの略で、精神的な嫌がらせのことです。暴言を吐くなどの直接的な被害だけでなく、無視するなどの間接的な被害もモラハラに該当します。ではなぜモラハラは発生してしまうのでしょうか?今回はモラハラが起きる原因や対策方法について説明します。

モラハラとは?どんな企業でも起こりうるハラスメントを理解する

モラハラはモラル・ハラスメントの略で、精神的な嫌がらせのことです。モラハラは暴言を吐くだけでなく、意図的に無視するなど様々なシチュエーションで起こりえます。モラハラの問題を放置すると、企業として罰則を受ける可能性もあります。今回はモラハラについて説明します。

厚生労働省が推進するパワハラ対策についてのガイドラインとは

パワハラとはパワーハラスメントの略で、同じ職場で働く者に対して職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。パワハラは社会問題となっており、厚生労働省も企業各社に対して対策や防止を推進してもらえるようにパンフレットなどで啓蒙活動を行っています。今回は厚生労働省が推進するパワハラ対策や要望のガイドラインについて説明します。

パワハラになる言葉とは?善意の言葉でもパワハラとなる可能性がある

パワハラとはパワーハラスメントの略で、同じ職場で働く者に対して職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。善意で相手を気遣った発言だったとしても、捉え方によってはパワハラとみなされる可能性があるため、発言には注意が必要です。今回はパワハラとみなされる言葉の具体例について説明します。

パワハラの具体的な事例とは?自社に6つの行為がないか確認しよう

パワハラとはパワーハラスメントの略で、同じ職場で働く者に対して職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。パワハラと認定される6つの行為がありますが、パワハラと認定されるか判定するのは難しいため、過去の事例から学ぶことも有効です。今回はパワハラにおける具体的な事例について説明します。

パワハラ発生後の相談窓口に適した人材や方法とは?二次被害を出さない

パワハラとはパワーハラスメントの略で、同じ職場で働く者に対して職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。パワハラが発生した場合を考慮し、事前に相談窓口を自社に設けるもしくは外部機関の窓口を利用するなど、適切な対応方法について検討しておくことが大切です。今回はパワハラ発生後の相談窓口に適した人材や方法について説明します。

パワハラが起きる原因や理由、対策方法とは?行動例から自社を客観視しよう

パワハラとはパワーハラスメントの略で、同じ職場で働く者に対して職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。パワハラは主従関係がエスカレートすることで起こり、誰しもがパワハラ加害者となる可能性を秘めているため、発言や行動を意識しなければなりません。今回はパワハラが発生する原因や理由、対策方法について説明します。

パワハラとは?放置すると引き起こす問題や改善施策の例について

パワハラとはパワーハラスメントの略で、同じ職場で働く者に対して職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。パワーハラスメントの放置は違法に当たる可能性が高く、発見し次第即座に改善施策に取り組むことが大切です。今回はパワハラが引き起こす問題や改善施策の例について説明します。