クリティカルシンキングとは?人材評価に潜むバイアスから脱却するために

採用選考などの判断を歪ませるバイアスの存在

現状の採用選考などの意思決定には「バイアス」が少なくない影響を与えていることはご存知でしょうか?

日本の広告代理店・ADKの調査によると「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」と回答した企業は3割以下となっています。

明確な採用基準が設定されていますか
出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

「自社に必要な人材像を理解している」と回答したのは4割でした。「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」「自社に必要な人材像を理解している」両方とも半数以下という結果でした。一般的な企業の採用は、人事担当者などの個人の基準が反映されているという実態が明らかになっています。

自身の会社に必要な人物像について理解しているか

出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

リクルートキャリアの「就職白書2019」の調査によると、採用における課題として「採用関係者への採選考基準の統一化」は6位に挙げられており、多くの企業では個人の基準ではなく、統一された基準で行うことが求められていることが見て取れます。

新卒採用における課題
出典元『リクルートキャリア』就職白書2019

Googleの採用面接では、採用活動においては、“ヒトの直観に頼らない一貫した採用要件”に基づいて採用決定を行う『構造化面接』というプログラムを導入しています。「判断の統一化」が明確に規定されており、この採用方法は多くの企業で以前から注目されるものでもあります。

バイアスには様々な種類があり、バイアスを完全に排除するのは難しいものですが、バイアスにかかっていることを認識し、本質を見抜くトレーニングをすることは非常に効果的です。

今回は、バイアスから脱却する方法の一つである「クリティカル・シンキング」について説明します。

クリティカル・シンキングとは?バイアスから脱却する

クリティカル・シンキングは「批判的思考」と言われる思考方法ですが、ただ物事を批判的に捉えるということだけではありません。その時点での「最適解」を導き出すために、見えている事象や情報を鵜呑みにせず「本当に正しいのか」という疑問を持ち、じっくり考察した上で結論を出すことを言います。

そもそも「critical(クリティカル)」とは、「批判的な」「批判眼のある」といった意味の言葉です。クリティカル・シンキングはつまり「批判的思考」となりますが、ただ物事を批判的に捉える思考という意味ではありません。

かつて米国の教育界で、知識の詰め込みではなく「クリティカル・シンキング」を活用して客観的に判断、決断できるように方向転換した時期があります。それを受けて、日本でもそういう流れが生まれたのですが、その流れは教育の世界だけではなく、ビジネスの世界においてもより実践的に用いられるようになっています。

クリティカル・シンキングを行う目的について

クリティカル・シンキングの目的は、その時点での「最適解」を導き出すことです。事象や情報、それに対する周りや自分自身の意見、全てを客観的に捉え疑問を持つことで、その事象についてより最適な結論に辿り着くことができるようになります。また自分自身が十分に納得した上で最適な判断ができるようになります。

クリティカル・シンキングを用いると、物事に関する情報やそのまわりの環境、意見などについて、さまざまな観点から前提が適正なのかを客観的に検証し疑問を持つことができるようになります。

クリティカル・シンキングは世界的にも長らく注目されており、世界の大手企業などが加盟している「世界経済フォーラム(WEF)」の2016年の年次総会(通称:ダボス会議)では、「2020年に必要なビジネススキル」のランキングで2位となりました。特に米国では重要視されており、小学生からクリティカル・シンキングのスキルを意識した学習が行われているとも言われています。

ロジカル・シンキングとの違いについて

クリティカル・シンキングに類似する言葉に「ロジカル・シンキング」があります。

ロジカル・シンキングとは、物事に筋道を立てて、各段階、各要素別に分類・分解して思考することです。クリティカル・シンキングとは、物事の前提の正誤を検証後、その事象の本質を見極めていくことです。

2つの考え方は異なるものですが、相反もしないものです。クリティカル・シンキングを実践するときにロジカル・シンキングの考え方を活用することもできますし、その逆もまたしかりです。

クリティカル・シンキングを行う企業にとってのメリットとは

クリティカル・シンキングは、特にビジネスにおいて、物事を深く考えるために欠かせない思考法ですが、業務における主なメリットは、おおむね以下の2点が挙げられます。

円滑なコミュニケーションが期待できる

自分と相手との間に認識のズレが生じている場合、円滑なコミュニケーションが望めません。

自分の意図を正確に伝えたいという場面で、クリティカル・シンキングによって自分の主張に説得力を持たせ、相手の行動を促すことができるでしょう。相手の話を聞くときも、相手の意図を汲み取りやすくなるため、円滑なコミュニケーションにつながります。

数値など客観的なデータから的確な判断ができる

特に管理職の場合、部署の売上やコスト、利益を管理したり、統計データをベースにして、マーケティング戦略を立案する必要があります。

クリティカル・シンキングを活用できれば、数値データが何を意味するのかを把握し、的確に判断することができるようになります。

クリティカル・シンキングを行う企業にとってのデメリットとは

ビジネスの現実でクリティカル・シンキングに欠けているのは「ものの見方」です。「ものの見方」とは、理論、調査方法などを含む特定の概念や思考パターンを指します。これをパラダイムと言います。われわれはパラダイムに基づいて、あるいはパラダイムを手掛かりに認識
し、他者とのコミュニケーションを行います。

逆に言うと、パラダイムがないと対象を認識することは極めて困難になります。たとえば、会社の負債が増加したという情報を入手したとしましょう。この時、一般的には「望ましくない」という認識程度しか持たない人が多いのではないでしょうか。「なぜ望ましくないのか」と問われたら「マイナスになることはネガティブなのが常識だから」としか答えられないでしょう。

ファイナンス理論のパラダイムに基づいて考えれば「負債増加の場合、節税効果によって企業価値が向上し、株価の上昇が期待できる」「経営に規律が働くようになる」というようなポジティブな認識も可能になります。

ビジネスの現場では、理論に基づいた適切なパラダイムがないとその都度的確に物事に対応することは難しくなります。「クリティカル・シンキング」を知っていてもどう活用するか知らなければ、宝の持ち腐れになります。

「クリティカル・シンキング」はよく包丁に例えられます。包丁なので切れないということは決してありませんが、包丁の切れ味と魚をさばくことは別です。魚をさばく技術を身に付けていなければ料理人としては一人前になれません。

ビジネスを理解できるパラダイムを身に付けていなければ、クリティカル・シンキングという包丁が使えないということです。クリティカル・シンキングを活用するためには、適切なパラダイムが必要で、そのためにはビジネスの理論を学んでおく必要があるのです。

クリティカル・シンキングはあくまで手段である

クリティカル・シンキングとは批判的思考とも訳され、物事を批判的に問うことで納得の行く結論を導き出す方法です。

本質を見抜くクリティカル・シンキングは、ビジネスシーンにおける課題発見や課題解決はもちろんのこと、採用選考などにおいても、前職で活躍していた経験が自社でも活かせるのか、本当求職者がアピールしているテーマに妥当性はあるのかなどを見極める上でも活用できるのです。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ