1on1ミーティングとは?目的や実施するメリット・デメリットについて

上司と部下のコミュニケーションは大丈夫ですか?

働き方改革をはじめとする労働に関する価値観・制度の変化を受け、限られた時間内に高いパフォーマンスを発揮できるかがマネジメントの鍵となります。

生産性向上のためには職場の連携が不可欠です。特に軋轢が生じやすい上司と部下のコミュニケーションについて、当事者たちはどのような認識を持っているのでしょうか?

カオナビは「上司と部下の関係性」に関する調査を実施しました。部下は上司から理解されていると仕事のパフォーマンスにいい影響があるとの回答が全体で約61%、なかでも20代は80%にのぼる結果となっており、特に若手のモチベーションや成長は上司の理解が大切であることが伺えます。

上司からの理解が仕事のパフォーマンスに良い影響があるか
出典元『カオナビ』カオナビHRテクノロジー総研が、「上司と部下の関係性」に関する調査結果を公開。約6割の社員が「上司からの理解が不十分」と回答

上司からの理解が不十分と感じている社員は約57%と過半数を超える結果となっています。つまり、上司による部下の理解や承認がマネジメントでプラスに働くのですが、実際にはそれがうまく行えていないというのが実態なのです。

上司があなたの個性等を理解しているか
出典元『カオナビ』カオナビHRテクノロジー総研が、「上司と部下の関係性」に関する調査結果を公開。約6割の社員が「上司からの理解が不十分」と回答

first callを運営するMediplatが2019年に実施した「従業員のメンタル不調」に関する調査によると、職場の人間関係をメンタル不調の原因として挙げている人の74%が「上司との人間関係」と回答していています。この結果が示す通り、上司と部下のコミュニケーションは組織の生産性から個人の生活に至るまで、広く影響が生じる大きな問題だと言うことができます。

メンタル不調の原因
出典元『PR Times』産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」、1位は長時間労働ではなく「上司との人間関係」

今回は上司と部下がコミュニケーションを行う場である1on1ミーティングについて説明します。

1on1ミーティングの意味や目的、メリットとは?

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で行うミーティングのことです。一対一で行うミーティングですので、業務報告や進捗管理など、他のメンバーがいてもできるような話だけを行うわけではありません。

1on1ミーティングは部下の経験や悩み、目の前の目標だけでなく中長期的な目標を共有し、部下がミッションをやり遂げて成長ために上司が伴走する仕組みを作るために行われています。

1on1ミーティングを実施する目的について

1on1ミーティングの大きな特徴は、一対一だからこそ話せることを上司と部下で共有することにあります。業務の管理や人材育成などの目的もありますが、1on1だからこそできることといえば「密なコミュニケーション」です。上司と部下のコミュニケーションは仕事のモチベーションや生産性に影響するにもかかわらず、うまくいっていないケースが多く見られます。

1on1ミーティングは「面と向かって話す」という行為を通じて、コミュニケーション不足の解消と信頼関係の構築に効果が期待できます。

1on1ミーティングを実施する企業としてのメリットについて

1on1ミーティングを実施する企業側のメリットは、組織のコミュニケーションの円滑化です。職場環境改善のための大きな課題である「上司と部下のコミュニケーション」を密にすることができるため、組織の信頼関係が強くなり、連携がうまくいきやすくなります。

業務の進捗だけでなく、部下は職場改善の提案や将来の相談などを上司にしやすくなり、風通しの良い組織づくりにも効果が期待できます。一対一のコミュニケーションを強化することで、生産性の向上・人材育成・職場環境改善・離職率の低下などにも貢献が見込まれます。

1on1ミーティングを実施する従業員としてのメリットについて

働きやすさや成長の鍵になるのは上司からの理解です。しかし、上司と部下には立場や社歴などの格差が複数あるため、話をするにも大きな距離があります。

通常のミーティングでは一人が話せる時間も限られるだけではなく、個人的な目標やヴィジョンを述べることも躊躇われます。しかし1on1ミーティングであれば「言いにくいこと」や「本音」も打ち明けることも可能です。こうした心の奥に秘めたものを共有することは、役職を超えた人間的な信頼関係を構築するきっかけにもなります。

1on1ミーティングという対面ミーティングは、距離を縮めるという意味で大きな効果を発揮します。

1on1ミーティングを実施する上での注意点

1on1ミーティングを実施するならば、まずはどんなフローで何のために行うかを明示しましょう。上司側の立場ではメンバー全員と一対一で話すわけですから、それだけでも相当な時間を使うことになります。「目的」「テーマ」「必要資料」を事前に明らかにし、無駄な時間が生じないように準備が不可欠です。

1on1ミーティングは上司と部下の信頼関係を構築するきっかけになりますが、間違えると信頼関係を壊してしまうきっかけにもなってしまう点には十分に注意しましょう。

1on1ミーティングだから話せることが結束を固くする

1on1ミーティングとは上司と部下が一対一で面談を行うことです。主に部下の理解促進やコミュニケーションの活性化などを目的として、多くの企業で導入されているミーティングです。

1on1ミーティングでは、一対一だからこそ話せることを共有できるのが強みです。ただ1on1ミーティングを導入しても雑談止まりで終わってしまうと効果が薄くなってしまうため、部下の業務やキャリアの悩みなど、次の行動や改善につなげられるような話題で定期的に実施するようにしてみましょう。

進捗を確認したり今後の具体的な行動につながるアドバイスを行うことで、人材育成効果が期待できます。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ