記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

M字カーブになる原因と解消・改善されつつある理由とは?

M字カーブは、女性の世代別労働力率をグラフ化したときに、結婚や出産を機に仕事を辞めてしまう現象が可視化されたものです。現在でもM字カーブの傾向は続いているものの、30年前などと比べても改善傾向にありますが、国際社会水準とはまだ言えません。M字カーブが発生した原因や改善傾向にある理由について説明します。

M字カーブが改善されている理由とは?日本政府や企業の取り組み

M字カーブは解消傾向にあります。20代後半から40代前半の就業率は30年前には50%以下であったのに対し、現在は70%程度で推移しています。M字カーブを解消し、女性に就業してもらうことが目的ではありません。企業としては、育児を両立できる環境だけでなく、女性が業務で活躍できる環境を整えることが求められています。今回は解消されつつあるM字カーブにおいて、企業が何を求められているのかについて説明します。

M字カーブの変遷と国際比較における日本の現状と将来とは?

「M字カーブ」は、他の先進諸国には見られない女性の労働力率の偏りのことです。日本では解消に向かいつつあり、台形に近い形に変化しています。本当に重要なのは「M字カーブの解消」が女性の活躍を推進している結果だと言えないことです。今回はM字カーブ解消の変遷を他国との比較もしながらご紹介します。

同一労働同一賃金ガイドライン案に書かれている内容やポイントとは?

EU諸国では一般的な「同一労働同一賃金」制度は、日本との働き方が違う前提があるため、日本ならではの同一労働同一賃金制度を作る必要があります。日本企業の実態を反映し、関連法案の改正の指針をまとめた同一労働同一賃金ガイドライン案には、具体的なビジネスシーンでの問題例などの説明がされており、法律知識に詳しくない方でも理解しやすく書かれています。今回は同一労働同一賃金のガイドライン案の内容や、ガイドライン案を通じて政府が伝えたい内容を取りまとめて説明します。

ユースエール認定制度の認定基準と、認定企業になるための条件とは?

ユースエール認定制度とは、若年層の採用活動や育成活動を積極的に展開し、雇用状況が優良な中小企業に対して、厚生労働省が認定を行う制度です。ユースエール認定を受けるためには様々な条件があり、全ての認定基準を満たす必要があります。今回はユースエールの認定基準の内容と認定の条件を分かりやすくご紹介します。

同一労働同一賃金のガイドライン案とは?いつから適用されるの?

EU諸国などで普及している同一労働同一賃金制度は、日本の働き方と異なる前提から、導入するためには日本ならではの同一労働同一賃金制度を作成する必要があります。企業の実態と同一労働同一賃金で目指す目的を反映し、日本ならではの同一労働同一賃金の指針が示されているのが「同一労働同一賃金ガイドライン案」です。あくまで指針であるため、すべてがこの通りに法改正されるわけではありませんが、ガイドライン案の趣旨と目的を理解することで、企業が対応しなければならない内容について見えてきます。今回は同一労働同一賃金ガイドライン案の趣旨や目的について説明します。

ユースエールとは?認定企業になることのメリットについて

ユースエール認定制度とは、若年層の採用活動や育成活動を積極的に展開し、雇用状況が優良な中小企業に対して、厚生労働省が認定を行う制度です。ユースエール認定を受けると、ブランディングや採用活動に大きなメリットがあり、助成金や低利融資を受けることもできます。今回はユースエール認定制度の概要や認定を受けるメリットについてご紹介します。

海外での同一労働同一賃金とは?海外の歴史や課題と日本との違い

正規・非正規間の格差を是正するための同一労働同一賃金制度は、欧州や欧米で普及している概念です。日本では、日本ならではの同一労働同一賃金制度が検討されており、欧州や欧米のものとは異なる内容になります。そもそもの同一労働同一賃金が欧州や欧米でどのように提唱されたのか、歴史的背景や現状について説明します。

えるぼし認定のメリットとは?女性活躍推進法の助成金を活用しよう

えるぼし認定制度とは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられる、女性活躍推進法の取り組みの一つです。えるぼし認定を受けた企業は、広報や採用におけるメリットだけでなく、助成金や様々な優遇措置を得ることができます。今回はえるぼし認定によって得られる助成金と優遇措置についてご紹介します。

同一労働同一賃金の原則とは? 日本型の法改正と日本の実態について

同一労働同一賃金とは、正規・非正規間の不合理な待遇格差を是正するために進められている施策です。職務が明確である欧州でメジャーな制度ですが、職務が不明確で職能に対する評価制度が一般的な日本では、欧州のまま取り入れることは難しく、日本式の同一労働同一賃金制度が検討されています。同一労働同一賃金制度が検討される背景や目的などの概要について説明します。