記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

ダイバーシティーによる労働条件の多様化や採用活動での活用法とは?

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。ダイバーシティーを推進する際には、人材が抱える様々な事情に応じて労働条件を選べるようにすることで、会社全体の生産性の向上につながります。今回は企業におけるダイバーシティーの取り組みについて、採用シーンでの活用方法や採用後の多様な労働条件の決め方をご紹介します。

アンコンシャスバイアスの具体例とは?偏見の原因と対策方法について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスへの対策を考える際には、アンコンシャスバイアスが持つ2つの厄介な特徴に注意が必要です。今回は企業で発生し得るアンコンシャスバイアスの具体例と、対策の方法についてご紹介します。

ダイバーシティーとは?意味や定義、企業にとってのメリットについて

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。企業でダイバーシティーを推進する際は、ダイバーシティーの意味や目的をよく理解した上で取り組むことで、企業にとってのメリットを最大化できます。今回はダイバーシティーの意味や目的について説明した上で、ダイバーシティーが企業に与えるメリットについてご紹介します。

アンコンシャスバイアスとは?意味や定義、企業への悪影響について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスは、多様な人材を労働力として迎え入れる障害となるため、企業で働き方改革を進める際には必ず対策しなければならない問題です。今回はアンコンシャスバイアスの意味や定義を説明し、アンコンシャスバイアスが企業に与える影響と防止策についてご紹介します。

ダイバーシティー&インクルージョンとは?多様な人材を活用しよう!

ダイバーシティー&インクルージョンとは「多様性を受け入れて活かし合おう」という意味の言葉です。ダイバーシティーとインクルージョンの違いを知り、並行して取り組むことで、自社の成長や人材不足の解決につながります。今回はダイバーシティー&インクルージョンの意味や企業のメリットについて、ダイバーシティーとインクルージョンの違いからご説明します。

アファーマティブアクションの現状とは?日本が遅れている理由

日本のアファーマティブアクションは、世界から見て非常に遅れています。日本のジェンダー・ギャップ(男女格差)指数は、世界全体で見ると非常に低いランクで推移しており、先進7ヵ国の中では最下位です。今回は日本のアファーマティブアクションが遅れている原因を、世界の指標と比べながらご説明します。

インクルージョンとは?意味や目的、ダイバーシティとの違いについて

インクルージョンとは、あらゆる人材が能力を最大限発揮し、やりがいを感じられるような環境を意味する言葉です。インクルージョンを実現すれば、生産性の向上や離職率の低下など、企業にとって様々なメリットがあります。今回は、インクルージョンの意味やダイバーシティーとの違い、企業にとってのメリットについてご紹介します。

ポジティブアクション求人とは?性別を限定する求人の条件を確認しよう

ポジティブアクション(アファーマティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションとしての女性向け求人は、条件をしっかり確認しておく必要がありますが、女性の労働力を集めることができる効果的な方法です。今回はアファーマティブアクションとして認められる求人の条件や、条件を満たした上での注意点についてご紹介します。

ポジティブアクションの取り組み事例とは?課題を明確にしよう!

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。自社でアファーマティブアクションの取り組みを始める際、どんな取り組みを行うかを考えるために、他社の事例を見ることで大きなヒントが得られます。今回は実際にアファーマティブアクションに取り組んだ企業の事例を、6例ご紹介します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの問題点とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションを実施するためには、組織風土や従業員の意識改革などの長期的な視点での改善が必要な問題もあるため、早めの取り組みが重要です。今回はアファーマティブアクションを実施する上での問題点と解決方法をご説明します。