記事カテゴリー

「 採用 」一覧

ポテンシャル採用のメリットやデメリットとは?新たな母集団形成にも

スキルや経験を問わずに人材を採用できるのがポテンシャル採用です。新卒や第二新卒などの若手の採用で用いられる傾向にありますが、中途採用の新たな母集団形成としても注目されています。しかしポテンシャルは抽象的な概念であるため、何をどのように評価するのかなど明確にしなければならないポイントや教育体制の整備、早期離職の防止などに注意しなければなりません。ポテンシャル採用を導入するメリットやデメリット、注意点などについて説明します。

面接で優秀な人材を採用・確保する方法とは?化ける人材を見抜く

面接で優秀な人材を見極めるためには「求める人物像」を明確にして、どんな人材が優秀であるのかを定義し、スキルや人柄を見極めることが大切です。売り手市場で即戦力人材の獲得が難しくなっていく中、優秀な人材に成長するポテンシャルがあるかどうかを見極めることが、人材獲得に課題を感じている企業にとって重要となります。今回は優秀な人材とはどのような人材なのか、優秀な人材を見逃さないために何をすべきかについて説明します。

面接で聞くことリストとは?面接の準備を行い、効率的な人材採用を実現しよう!

採用面接の限られた時間を最大限に有効活用するためには、事前の準備が必要不可欠です。そのためには「面接で聞くことリスト」を作成し、求める人物を見抜けるか、面接での回答に対して掘り下げる質問は適切か、様々なパターンを想定してシミュレーションしておくことが大切です。今回は面接で聞くことリストを作る上で、もれなく綿密に洗い出すために必要なことを説明します。

応募者の志望度を上げる”採用選考プロセス”のポイントとは?

説明会や求人に応募した時点で、ある程度の志望度は期待できます。しかし、内定が出る即ち入社するほど志望度が高い応募者は多くおらず、自社に興味がある程度の志望度であることが多いです。人事担当者として重要になるポイントとして「応募者の志望度を選考プロセスでどう高めるか」になります。具体的に応募者の志望度を上げるための工夫やポイントについて、それぞれの選考フェーズなどに沿って説明します。

採用したい人材の口説き方とは?テクニックやコツを理解しよう

自社に応募してくれた人材の中に「どうしても採用したい人材」がいる場合があります。優秀な人材は、多くの会社から内定を獲得できるため、入社してもらうためには、人材を口説くことが必要です。しかし「採用したい人材」は多くの内定先からも口説かれている可能性が高いです。人材の口説き方として、一般的にどのような口説き方が良いのか、他社との差別化を行うための口説き方などについて、3つのポイントに絞って説明します。

中途採用でのクロージングのコツとは?内定承諾率を向上させよう

中途採用においても内定辞退を防ぐためのクロージング面談は非常に有効です。特に優秀な人材であればあるほど、多くの内定が出るため、内定辞退を防ぐ施策は重要性を増します。しかし、実際に中途採用においてクロージング面談を行っている企業は多くありません。中途採用でのクロージングのポイントは「一度は仕事を辞めていること」。このポイントに絞って、クロージングを行っていない企業と差別化を行い、中途採用における内定辞退を防ぎましょう。

新卒採用での内定辞退を防止するクロージング対策方法とは?

採用業務における大きな悩みの一つである「内定辞退」。内定辞退を防ぐためには、クロージングが非常に有効です。特に新卒採用は、内定から入社までの期間が長く、学生も社会人経験がないために多くの悩みを抱え込みがちです。新卒採用のクロージングにおいては、学生一人一人と親身に向き合い、時期によって変化する悩みを解決することが、内定辞退を防ぐコツになります。クロージングを行う際の重要ポイントを3つに絞り、一つ一つ紹介します。

内定クロージングの方法とは?内定辞退の理由から悩みを読み解く

売り手市場が加速し、新卒採用・中途採用のどちらであっても、内定辞退は大きな課題となっています。内定辞退に至る場合は、クロージングを行っていない、クロージングの内容に問題があるなどの原因があります。新卒採用・中途採用に共通する、内定辞退に至る理由と原因を読み解き、その解決策からクロージングの質を上げる方法を3つに絞って説明します。

クロージングで内定承諾率を改善する!採用に直結する対策とは?

内定を出したが内定辞退が多く、採用がうまくいかない。売り手市場の今、求職者は複数の内定を取得するため、内定辞退を防ぐクロージングが非常に重要になっています。クロージングの目的を再認識しながら、採用活動に直結させるクロージング手法の注意点について、説明します。