優秀な人材が辞めてしまう理由とは?人材の流出を防ぐ方法について

優秀な人材の流出は企業にとって大きな痛手となる

優秀な人材の採用と育成、および離職防止は、多くの企業が最優先で取り組むべき問題の一つです。

優秀な人材の流出は、企業にとって「社員が一人辞めた」という以上の痛手となります。優秀な人材は、他の人材より仕事ができたり、他の誰にもできない仕事ができたりするため、辞めた穴を埋めるのに1人では足りなかったり、そもそも埋められなかったりという事態が起こり得ます。

人が離職を選ぶ理由は様々ですが、優秀な人材ほど早く辞めていく理由には、いくつかの共通点があります。優秀な人材が辞めてしまう理由の共通点を知っておくことで、優秀な人材の流出を防止できます。

今回の記事では、優秀な人材が辞めてしまう理由からもう一歩踏み込んで、優秀な人材の流出を防ぐ方法についてご紹介します。

優秀な人材が辞めてしまう理由とは?人材の流出を防ぐ方法について

優秀な人材が辞めてしまう理由は、細かく分けると様々な理由が挙げられますが、優秀であるからこその共通点が存在します。

今回の記事では「優秀な人材ほど早く辞めていく理由とは?離職につながる原因について」の記事でご紹介した優秀な人材が辞めてしまう理由について、それぞれの防止・解決方法をご紹介します。

優秀な人材の流出は、企業にとって「社員が一人辞めた」という以上の痛手となります。優秀な人材ほど早く辞めていく理由には共通点があり、離職理由の共通点を知っておくことで、優秀な人材の流出を防止できます。今回は、優秀な人材ほど早く辞めていく理由について、5つの原因をご紹介します。
  1. タスクが集中してしまう/ワークライフバランスが悪い問題の解決方法
  2. 裁量が狭い問題の解決方法
  3. 成長できない問題の解決方法
  4. 会社の将来が暗い・見えない問題の解決方法

1.タスクが集中してしまう/ワークライフバランスが悪い問題の解決方法

優秀な人材は優秀であるがゆえに、その人にしかできない仕事やその人に頼んだ方が効率が良い仕事が増えるため、どうしても仕事が集中してしまいがちです。

一時的に仕事が増えるだけなら我慢できるでしょうが、集中したタスクをなんとか終わらせたとしても「やっぱりあの人に任せるのが一番だ」となり、更に多くの仕事を与えられるという負の連鎖に陥ってしまいます。一方で、あまり仕事のできない人材はタスクが減って暇になっていくため「自分ばかりが頑張っている」という不満から離職につながるケースが多くあります。

優秀な人材とあまり仕事のできない人材の間で負担の差が広がり、負の循環に陥ってしまう前に、我慢して社員を育てる姿勢を保つことが重要です。優秀な人材に仕事を集中させすぎないように仕事をシェアし、優秀な人材がその他大勢の社員を指導する環境をつくり、社員全体のレベルの底上げを行いましょう。

社員全体のレベルを底上げすることで、最初は効率が悪くなってしまうとしても、優秀な人材への負担を減らせるだけでなく、一人の能力に依存するような脆い組織になることを防げるというメリットがあります。

2.裁量が狭い問題の解決方法

優秀な人材は、知識や経験の豊富さからアイデアの発想力に優れている人が多く、職場の改善や業務を効率化するための提案を積極的に行います。しかし、組織が協力的でなければ、個人でできることはほとんどありません。

職場の改善や業務を効率化するためのアイデアに対して、自由に試して実行に移せるような環境があるかどうかは、優秀な人材のモチベーションに大きく関わります。

新しいアイディアを出せば取り入れられる・評価してもらえると思えるような風土ができれば、優秀な人材が裁量の狭さを感じて離職することを防止できます。

3.成長できない問題の解決方法

優秀な人材は向上心が高いため、人に頼られたり尊敬されたりすることに満足していても、自分が尊敬できる人物や自分に足りないものを教えてくれる存在を求めるようになります。

「今の仕事を続けて成長できるのか」という問いは、優秀な人材が自身のキャリアビジョンを実現するために常に考えている疑問です。

なるべく業務をルーティンワークにしない、新しいことに挑戦し続けられる制度を作るなど、本人の適性や努力次第で成長できる環境を整えることで、自身の成長を求めての退職を防止できます。

4.会社の将来が暗い・見えない問題の解決方法

優秀な人材は、当事者意識が強く仕事への理解が深いため、会社の状態や将来に対して敏感です。

会社としてのビジョンを明確に示せば、目標に至るために必要なプロセスを計算して、自ら先導して目標に向かってくれるのが優秀な人材です。優秀な人材の流出を防ぎ、自社で活躍し続けてもらうためには、目指したい方向を社員に共有して共感を得ることが重要です。

優秀な人材の流出を防ぐためには地道な取り組みが大切になる!

優秀な人材の流出は、企業にとって「社員が一人辞めた」という以上の痛手となります。優秀な人材は、他の人材より仕事ができたり、他の誰にもできない仕事ができたりするため、辞めた穴を埋めるのに1人では足りなかったり、そもそも埋められなかったりという事態が起こり得ます。

優秀な人材が辞めてしまう理由は、細かく分けると様々な理由が挙げられますが、優秀であるからこその共通点が存在します。優秀な人材の流出を防ぐためには、離職の原因となる問題を解決する努力が必要です。

全ての問題をいきなり解決することは難しいため、取り組む施策に優先順位をつけ、優秀な人材が辞めてしまう理由となる問題を一つひとつ解決していきましょう。問題の解決は簡単ではありませんが、問題を解決しようとする姿勢を見せるだけでも離職を思い留まってくれる可能性もあるため、地道な取り組みが大切です。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ