優秀な人材に選ばれる企業の特徴とは?魅力的な企業の4つのポイント

優秀な人材を採用・育成して、自社に定着してもらう方法とは?

多くの企業が人材獲得に苦戦している現代日本において、人材の量を質で補うために、ほぼ全ての企業が「優秀な人材が欲しい」と考えています。

帝国データバンクによる2019年4月の調査では、正社員が不足していると考える企業は50.3%で過去最悪となっており、不足の割合は年々増加傾向にあります。

従業員が「不足」している企業の割合
出典元『帝国データバンク』人手不足に対する企業の動向調査(2019年4月)

労働力人口の減少による人手不足に悩む多くの企業にとって、組織を牽引しながら課題を解決できる優秀な人材の採用・育成は、非常に重要な課題です。

自社で優秀な人材を採用・育成する際には、どんなスキルがどの程度あれば自社にとって優秀な人材といえるのか、抽象的なイメージから具体的な項目に落とし込んでいくことが大切です。また、優秀な人材は競合他社も欲しがる可能性が高いため、内定が出た企業の中から自社を選んでもらう必要があります。

今回の記事では、優秀な人材の特徴と、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴についてご紹介します。

優秀な人材の特徴とは?「優秀」の定義について

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴を見ていく前に、優秀な人材とはどのような人材なのか、何をもって「優秀」とするかの定義を確認しておきましょう。

優秀な人材の特徴とは?

優秀な人材とは、業績に貢献できる高い能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材と定義できます。営利目的の企業である以上「優秀」の定義とは、どのような形であれ「利益に貢献できる」ということに他なりません。

何をもって優秀とするか、細かい定義は企業や業種によって異なりますが「自分の役割の本質を理解している」「職場の人間関係を円滑にできる」などの能力を持った人材は、どのような企業にとっても優秀な人材であると言えます。

優秀な人材の定義については「優秀な人材とは?「優秀」の定義や求められる能力について」の記事で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

優秀な人材とは、業績に貢献する能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。優秀な人材の定義は企業や業種によって異なりますが、どのような企業にとっても優秀と言える人材には、共通する特徴や能力があります。今回は優秀な人材とはどんな人材なのか、どのように定義すればよいのかについてご説明します。

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴とは?

優秀な人材を採用するためには、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴を知っておかなければなりません。優秀な人材は競合他社も欲しがる可能性が高いので、内定が出た企業の中から自社を選んでもらうために、優秀な人材にとって魅力的な企業になる必要があります。

優秀な人材が魅力を感じる企業とはどのような特徴があるのか、4つの特徴をご紹介します。

  1. 明確かつ公平な評価制度がある
  2. 柔軟な勤務体系が選べる
  3. 新しいアイデアに対して積極的な組織風土がある
  4. 会社としての明確なビジョンが提示される

1.明確かつ公平な評価制度がある

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴として1つ目に挙げられるのが、明確かつ公平な評価制度です。

評価の基準が分かりやすく示されており、優秀さに見合った適切な評価が得られる環境であれば、働きがいのある企業として優秀な人材に内定承諾してもらえる可能性が高まります。

2.柔軟な勤務体系を選べる

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴として2つ目に挙げられるのが、柔軟な勤務体系を選べることです。

優秀な人材のもとにはタスクが集中しすく、ワークライフバランスが崩れてしまうことが少なくありません。自分の都合に合わせて休暇や勤務時間などを柔軟にコントロール出来る自由な勤務体系は、自分を適切に管理できる優秀さを持つ人材に好まれます。

3.新しいアイデアに対して積極的な組織風土がある

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴として3つ目に挙げられるのが、新しい提案に対して積極的な組織風土があることです。

優秀な人材であればあるほど、自身の成長やキャリア形成に対して敏感で、マンネリを嫌います。優秀な人材は、知識や経験の豊富さからアイデアの発想力に優れている人が多く、職場の改善や業務を効率化するための提案を積極的に行います。

新しいアイデアに対して積極的な協力を提供するような組織であれば、優秀な人材の仕事に対するマンネリ感を防げるため、働きがいのある企業として優秀な人材に内定承諾してもらえる可能性が高まります。

4.会社としての明確なビジョンが提示される

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴として4つ目に挙げられるのが、会社としての明確なビジョンが提示されることです。

優秀な人材は会社の将来に敏感で、将来が見えなければより良い場所へと移ってしまいます。

社員に対して会社として目指すビジョンをしっかり示し、ワクワクしながら共に目標に向かっていけるような企業であれば、働きがいのある企業として優秀な人材に内定承諾してもらえる可能性が高まります。

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴を知り、優秀な人材の採用・定着を目指そう!

優秀な人材とは、業績に貢献できる高い能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材と定義できます。

優秀な人材を採用するためには、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴を知っておかなければなりません。優秀な人材は競合他社も欲しがる可能性が高いので、内定が出た企業の中から自社を選んでもらうために、優秀な人材にとって魅力的な企業になる必要があります。

優秀な人材が魅力的に感じる企業には共通の特徴があり、優秀な人材にとって魅力的な企業になるべく努力することは、優秀な人材の採用や定着を図る上で非常に重要です。

優秀な人材を採用・育成して自社に定着してもらうために、優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴を知り、内定が出た企業の中から選んでもらえる企業になる取り組みを進めてみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ