優秀な人材に選ばれる企業の条件とは?魅力的な企業の7つのポイント

「魅力的な会社」が優秀な人材を確保できる

多くの企業が人材獲得に苦戦している現代日本において、人材の量を質で補うために「優秀な人材が欲しい」と考える企業は少なくありません。企業にとって、組織を牽引しながら課題を解決できる優秀な人材の確保は、非常に重要な課題です。

優秀な人材を確保したいのであれば、そうした人材に選ばれる魅力的な会社になる必要があります。企業側からどれだけ優秀な人材にアプローチしても、その人材が自社に入社するメリットがなければ選んでもらえないのです。

本記事では、優秀な人材を確保したいと考えている企業担当者に向け、そうした人材に選ばれる「魅力的な会社」の条件を解説します。

優秀な人材とは?「優秀」の定義について

優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴を見ていくまえに、「優秀な人材」の定義を考えてみましょう。何をもって「優秀」とするのでしょうか。

「優秀」の細かい定義は企業によって異なりますが、「自分の役割の本質を理解している」「職場の人間関係を円滑にできる」などの能力を持った人材は、どのような企業にとっても優秀な人材であると言えます。

詳しくは関連記事を参照ください。

選ばれる企業の条件とは?

優秀な人材は競合他社も欲しがる可能性が高いため、内定が出た企業の中から自社を選んでもらうための魅力が必要です。

優秀な人材が魅力を感じる企業とは、どのようなものでしょうか。ここでは7つのポイントをご紹介します。

  1. 会社としての明確なミッション・ビジョンがある
  2. 新しいアイデアに対して積極的な組織風土
  3. 事業の成長性が感じられる
  4. 明確かつ公平な評価制度
  5. 目指すキャリアが実現できる
  6. 柔軟な勤務体系
  7. 高い給与水準と福利厚生の充実

1.会社としての明確なミッション・ビジョンがある

会社として目指すミッション・ビジョンをしっかり示しましょう。ミッションとは、企業が担う社会的使命を言語化したもので、組織が進む方向性や目指すべき指針を決めています。
ビジョンは、企業の将来の展望やなりたい姿です。

ミッション・ビジョンを示すことによって企業の姿勢が明らかになり、そこに共感する人が自社に参画してくれるようになります。

2.新しいアイデアに対して積極的な組織風土がある

優秀な人のなかには、新しいアイデアを出して業務を改善する、新しいことにチャレンジすることにやりがいを感じる人も多いです。これまでの慣例に縛られていたり、新しいことに対して懐疑的だったりする組織風土では、自分のキャリアビジョンを実現できないと思われてしまう可能性があります。新しいアイデアを積極的に聞き入れ、つねに改善をしていく組織風土をつくっていきましょう。

3.事業の成長性が感じられる

これからの世のなかで必要とされる事業か、売上がどれくらい伸びているか、財務状況は健全かなどを優秀な人材は見ています。伸びていく事業に携わるおもしろさや、やりがいを伝えられるようにすると、優秀な人材の確保につながっていきます。

4.明確かつ公平な評価制度がある

明確かつ公平な評価制度も大切です。成果を上げても評価されない、評価の基準が不明確などであれば、仕事へのモチベーションが上がりません。評価の基準が分かりやすく示されており、優秀さに見合った適切な評価が得られる環境であれば、働きがいのある企業として内定を承諾してもらえる可能性が高まります。

5.目指すキャリアが実現できる

昇進してマネジメントをする、スペシャリストとして専門性を高めるなど、自分自身が目指したいキャリアを実現できる環境かどうかを優秀な人材は見極めようとしています。自社のキャリアパスを明示したり、対象の人材と同じような経歴を持った人が入社後にどのようなポジションで活躍しているかなど、実例として伝えたりするのもおすすめです。

6.柔軟な勤務体系

時短勤務やフレックス、リモートワークなどの柔軟な勤務体系は、自分を適切に管理できる優秀さを持つ人材に好まれます。特に、近年はコロナ禍の影響もあり、リモートワークを希望する人も増えています。

こうした勤務体系は、求職者だけではなく今いる社員のエンゲージメント向上にもつながるため、積極的に導入を検討するのもよいでしょう。

7.高い給与水準と福利厚生の充実

働くうえで、やりがいよりも給与や福利厚生を大事にしたい人もいます。自社に入社してほしい人が併願している企業の水準と比べ、自社はどうなっているのかを知っておきましょう。

福利厚生についても同様です。休日や各種手当の充実のほか、近年では副業・兼業の可否などを重視する人材も増えています。

一人ひとりに合った魅力を伝えることが重要

魅力的な企業の条件はいろいろありますが、何を魅力と感じるかは一人ひとり違います。全員に同じ魅力を訴求してもあまり効果は出ないかもしれません。それぞれの志向性に合った訴求ポイントを把握し、伝えていくことが求められます。

また、企業がアピールしたい魅力を伝えるのではなく、優秀な人材が魅力に感じるポイントを訴求するようにしましょう。何を伝えればよいのか悩む場合は、すでに社内にいる優秀な社員にヒアリングをすると、ヒントが得られるかもしれません。

志向性を知るには「ミツカリ」が役に立つ!

求職者それぞれの志向性に合った訴求ポイントを見極めるのが大事だとお伝えしました。しかし、選考過程だけでは細かい部分まで判断するのが難しいこともあります。

そのようなときに役立つのが、適性検査サービスの「ミツカリ」です。ミツカリは、応募者の一人ひとりの性格や価値観を明らかにし、人と組織のミスマッチを防ぎます。

ミツカリでできること

28種類の性格や価値観を7段階で可視化

72問の質問に答えるだけで、一人ひとりの性格や価値観を分析できます。所要時間は10分程度。選考フローの一環として組み込んでも、応募者の負担になりません。

詳細データ機能

詳細データでは、相性の根拠となる28種類の性格や価値観を7段階で確認できます。ミスマッチしている具体的な価値観が分かるだけでなく、自社で重要な価値観についても詳しく分析できます。

カスタムモデルの作成

重視したい価値観、重視しない価値観を指定することで、独自︎の比較対象モデルを作成できます。採用要件を具体的に落とし込めるため、応募者の結果と照らし合わせることで求める人物像かを即座に比較できます。

ミツカリは初期費用・固定費が無料。応募者の数に応じて費用が加算される仕組みです。1ヶ月間のトライアルでは応募者5名まで無料で利用できますので、まずはお気軽にお問合せください。

資料請求はこちら

自社の魅力を把握し、優秀な人材を確保しよう

優秀な人材を確保するには、まずは自社が魅力的になる必要があります。ただし、いくら優秀な人材でも自社とマッチしていなければ入社後に活躍してもらうのは難しいでしょう。

優秀な人材と自社がどれくらいマッチしているか、採用にあたって事前にお互いすりあわせておいたほうがいい部分はどこかなど、細かく把握しておくことが大切です。優秀な人材が魅力を感じる企業の特徴を知り、内定が出た企業の中から選んでもらえる企業になる取り組みを進めてみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロードフォーム

    「ミツカリ - 導入事例集」が無料でダウンロードできます

    ミツカリは採用活動における利用だけでなく、入社後のマネジメントにも利用できる適性検査として3,800社以上の企業に導入されています。サービスも5年以上の運用実績があり、効果検証に時間のかかる離職率改善等においても、多くの企業で成果を出しています。

    今回はミツカリを導入した企業における活用方法や導入後の効果について、代表的な7つの事例をまとめました。是非ダウンロードしてご参照ください。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ