優秀な人材ほど早く辞めていく理由とは?離職につながる原因について

優秀な人材の流出は企業にとって大きな痛手となる

優秀な人材とは、業績に貢献する能力を持ち、自社に利益をもたらすことができる人材です。

何をもって優秀とするか、細かい定義は企業や業種によって異なりますが、優秀な人材が持つ能力にはいくつかの共通点があります。「自分の役割の本質を理解している」「職場の人間関係を円滑にできる」などの能力を持った人材は、どのような企業にとっても優秀な人材であると言えます。

自社にとっての優秀な人材を定義して、採用・育成に成功したとしても、自社に定着してもらわなければ意味がありません。優秀な人材の流出は、企業にとって大きな痛手となるため、離職防止の対策が非常に重要です。

優秀な人材が離職する理由は様々ですが、優秀であるがゆえに離職につながってしまう「優秀な人材ほど早く辞めていく理由」というものが存在します。

今回の記事では、優秀な人材ほど早く辞めていく理由について、5つの原因をご紹介します。

優秀な人材ほど早く辞めていく理由とは?

優秀な人材の離職理由は、細かく分けると様々な理由が挙げられますが、優秀であるからこその共通点が存在します。優秀な人材ほど早く辞めてしまう理由を5つご紹介します。

  1. タスクが集中する
  2. ワークライフバランスが悪い
  3. 裁量が狭い
  4. 成長できない
  5. 会社の将来が暗い・見えない

1.タスクが集中する

優秀な人材は、仕事ぶりを社内外から認められているため、必然的に多くの仕事を振られることになります。「あの人なら何とかしてくれるだろう」と仕事を丸投げされたり、本人に「デキる」という自負があるため誰かに頼ることに抵抗があったりと、ストレスや不満を抱えながら多くの仕事をこなすことになりがちです。

一時的に仕事が増えるだけなら我慢できるでしょうが、集中したタスクをなんとか終わらせたとしても「やっぱりあの人に任せるのが一番だ」となり、更に多くの仕事を与えられるという負の連鎖に陥ってしまいます。一方で、あまり仕事のできない人材はタスクが減って暇になっていくため「自分ばかりが頑張っている」という不満から離職につながるケースが多くあります。

2.ワークライフバランスが悪い

「タスクが集中する」の延長線上にある話ですが、優秀な人材は多くの仕事を抱えやすいため、余暇時間やプライベートに回す時間と気力がなくなり、ワークライフバランスが悪くなってしまうことがあります。

「自分は何のために働いているのだろう」と悩み、もっとプライベートに時間を割くことのできる職場を求めた結果、離職に至るケースは少なくありません。

3.裁量が狭い

優秀な人材は、知識や経験の豊富さからアイデアの発想力に優れている人が多く、職場の改善や業務を効率化するための提案を積極的に行います。しかし、組織が協力的でなければ、個人でできることはほとんどありません。

せっかく良いアイデアを出しても、試そうともせずに却下されるような環境では、自分のアイディアを実践できるようなより広い裁量を求めて離職してしまうでしょう。

4.成長できない

優秀な人材は向上心が高いため、人に頼られたり尊敬されたりすることに満足していても、自分が尊敬できる人物や自分に足りないものを教えてくれる存在を求めるようになります。

優秀な人材は自分の成長に対する意識が高く「今の会社ではこれ以上成長できない」と感じると、離職という決断を下しやすいです。

5.会社の将来が暗い・見えない

優秀な人材は、当事者意識が強く仕事への理解が深いため、会社の状態や将来に対して敏感です。

企業としてのビジョンが不明瞭であったり、競合他社に勝てる見込みが無い会社では、優秀な人材ほど早い段階で見切りをつけて離職してしまいます。

優秀な人材の流出を防いで自社の成長につなげよう!

優秀な人材の流出は、企業にとって「社員が一人辞めた」という以上の痛手となります。優秀な人材は、他の人材より仕事ができたり、他の誰にもできない仕事ができたりするため、辞めた穴を埋めるのに1人では足りなかったり、そもそも埋められなかったりという事態が起こり得ます。

人が離職を選ぶ理由は様々ですが、優秀な人材ほど早く辞めていく理由には、いくつかの共通点があります。離職理由の共通点を知っておくことで、優秀な人材の流出を防止できます。

多くの場合、飛び抜けて優秀な人材と一般社員の間には温度差があり、意見や価値観に違いがあります。優秀な人材の意見は、大多数の一般社員の意見にかき消されてしまい、不満やストレスを抱えていても気づきづらい状況があります。

大多数の従業員の視点や意見を考慮することはもちろん大切ですが、少数の優秀な人材の視点を大事にして、不満があれば適切に原因解消に務めることで、自社の中長期的な成長につながります。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ