優秀な人材を確保する方法とは?一般的な人材を優秀な人材に育てよう

優秀な人材の確保は多くの企業で課題になっている

多くの企業が人材獲得に苦戦している現代日本において、人材の量を質で補うために、ほぼ全ての企業が「優秀な人材が欲しい」と考えています。

帝国データバンクによる2019年4月の調査では、正社員が不足していると考える企業は50.3%で過去最悪となっており、不足の割合は年々増加傾向にあります。

従業員が「不足」している企業の割合
出典元『帝国データバンク』人手不足に対する企業の動向調査(2019年4月)

労働力人口の減少による人手不足に悩む多くの企業にとって、組織を牽引しながら課題を解決できる優秀な人材の採用・育成は、非常に重要な課題です。

自社で優秀な人材を採用・育成する際には、どんなスキルがどの程度あれば自社にとって優秀な人材といえるのか、抽象的なイメージから具体的な項目に落とし込んでいくことが大切です。また、優秀な人材は競合他社も欲しがる可能性が高いため、競争の激しい人材採用で優秀な人材を安定して確保することは非常に困難です。

今回の記事では、優秀な人材を確保する方法について、採用や離職防止に加えて、一般的な人材を優秀な人材に育成する方法をご紹介します。

優秀な人材を確保する方法とは?

一概に「優秀な人材の確保」と言っても、優秀な人材の定義や分析、優秀な人材を惹きつける仕組みづくり、採用の手法や離職の防止など、様々な要素が含まれます。

優秀な人材の特徴や離職防止策、優秀な人材の採用に必要なことについては以前の記事でまとめてありますので、詳しくは過去記事をご参照ください。今回の記事では、採用方法や離職防止にも触れながら、一般の社員を優秀な人材へと変化させる育成方法を中心にご紹介します。

優秀な人材を採用する方法とは?

優秀な人材を採用するためには、優秀な人材の特徴を把握して「優秀な人材が求める会社作り」と「優秀な人材に対する採用戦略」を行っていくことが重要です。

優秀な人材は、自己成長の機会や裁量の広さ、適切な評価体制などを重視する傾向があります。優秀な人材に自社を選んでもらうためには、優秀な人材が能力に応じて昇級・昇進する評価システムの構築、新たなアイデアへの挑戦を奨励する組織風土づくりなど、優秀な人材にとって魅力的な企業になることが大切です。

優秀な人材の離職を防止する方法とは?

優秀な人材の離職理由は「自分の成長につながらない」「適切な評価がされない」「裁量が狭い」「タスクが集中しワークライフバランスが崩れている」「会社の将来が見えない」などが主な原因として挙げられています。

優秀な人材であればあるほど自分の能力に自信を持っており、会社に見切りをつけたりより良い環境を求めて移動するのが早いため、マンネリ化を防ぐために裁量を拡大し、主体的に新たな事業や業務の改善にチャレンジし続けられるような環境づくりを進めることが重要です。

優秀な人材を優秀な人材のもとにはどうしてもタスクが集中し、優秀でない人材は任される仕事が少なく暇になりやすいという問題があります。少し効率を落としてでもタスクの一極集中を避けて人材を育てることで、優秀な人材の離職を防止するだけでなく、一人の能力に依存するような脆い組織になることを防げるというメリットがあります。

優秀な人材を育成する方法とは?

一般的な人材を優秀な人材へと育てることは、優秀な人材の採用とともに進められるべき重要な課題です。育成戦略が成功していれば、優秀な人材が孤立せずに済み、自己成長の機会を求めて優秀な人材が自然と集まってくるようになります。

今回の記事では、優秀な人材を育成するための4つのポイントをご紹介します。

1.優秀な人材の要件を明確化する

優秀な人材を育成するための1つ目のポイントは、優秀な人材の要件を明確化することです。採用や離職防止の記事でもご紹介したように、目指すビジョンを明確にしなければ、どんな行動も遠回りになってしまいます。

会社の状況と目指す方向性を元に「こういう会社に成長するためにこういう人材が必要だ」という育成の理由と目標を明確にしましょう。

2.獲得すべきスキルの要件と程度を明確化する

優秀な人材を育成するための2つ目のポイントは、獲得すべきスキルの要件と程度を明確化することです。

どのような人材が必要かを定義出来たら、どのようなスキルがどの程度求められるのかを明確にしましょう。必要なスキルの種類とレベルが具体的になるほど、育成計画を綿密に立てやすくなります。

3.教育研修プログラムの内容やスケジュールを明確化する

優秀な人材を育成するための3つ目のポイントは、教育研修プログラムの内容やスケジュールを明確化することです。

教育研修の内容やスケジュール、目的や目標などを明確にすることで、社員の成長を早めることができます。

4.本人の希望とのすり合わせを行う

優秀な人材を育成するための4つ目のポイントは、本人の希望とのすり合わせを行うことです。

教育研修や普段の業務へのモチベーションが高いかどうかは、社員の成長に大きく関わる重要な要素です。会社が求める成長と本人がなりたい姿が一致しない場合には、社員のモチベーションが上がらず、成長スピードが鈍化してしまいます。

優秀な人材を確保するための採用・育成・定着に取り組もう!

優秀な人材を確保するためには「採用・育成・定着」の3つの視点が必要になります。

採用だけでは労働人口の減少や他社との競合があるため難しく、育成しても育てた先から離職されてはコストばかりがかかり、定着してもらう準備だけしてもそもそも優秀な人材がいなければ意味がありません。

人手不足が深刻な現代日本において、優秀な人材を確保して自社の成長を維持するために、優秀な人材の採用・育成・定着に取り組むことは、各企業の人事部の最重要課題といえるでしょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ