記事カテゴリー

「 ハラスメント 」一覧

セクハラ セカハラ パワハラ モラハラ ジェンハラ リスハラ テクハラ ブラハラ エイハラ マタハラ パタハラ ケアハラスメント パーハラ エアハラ ジタハラ ソーハラ マリハラ

テクスチュアルハラスメントとは?文章による決めつけによって発生する

テクスチュアルハラスメントとは、文学作品などのテキストに対して性差別を行うことです。「女性にはこんな論理的な文章は書けない」などと決めつけることがテクハラに該当します。あまり馴染みのないハラスメントではありますが、女性の活躍推進を行う上で大きな障害となります。今回はテクスチュアルハラスメントについて説明します。

時短ハラスメントとみなされる具体例とは?業務指示の内容を見直そう

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。働き方改革によってプライベートの時間を確保するために残業時間の削減が求められましたが、業務量や業務改善を行わなければ時短ハラスメントにつながる可能性があります。今回は時短ハラスメントとみなされる具体例について説明します。

時短ハラスメントの原因や対策方法とは?業務量や業務効率の改善が必須

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。働き方改革によってプライベートの時間を確保するために残業時間の削減が求められましたが、業務量や業務改善を行わなければ時短ハラスメントにつながる可能性があります。今回は時短ハラスメントが起きる原因や対策方法について説明します。

時短ハラスメントとは?働き方改革の弊害として生まれたハラスメント

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。本来は従業員のワークライフバランスを整えるための働き方改革として「ノー残業」や「時短」が登場しました。しかし、経営者側の理解不足などが原因で「残業時間を減らす」という事実だけが先行し、ハラスメントへと変化しています。今回は時短ハラスメントについて説明します。

エアーハラスメントの具体例とは?エアコン温度調整に配慮しよう

エアーハラスメントとは、「エアハラ」という略称で使われることもある「空気」に関する嫌がらせのことです。主に「エアコンの温度設定」と「場の空気」の2つの意味で使われ、相手への配慮が足りていないことで発生するハラスメントです。今回はエアコンの温度設定で起こるエアハラの具体例について説明します。

エアーハラスメントが起きる原因や対策方法とは?相手への配慮が大切

エアーハラスメントとは、「エアハラ」という略称で使われることもある「空気」に関する嫌がらせのことです。主に「エアコンの温度設定」と「場の空気」の2つの意味で使われ、相手への配慮が足りていないことで発生するハラスメントです。今回はエアハラが発生する原因や対策方法について説明します。

エアーハラスメントとは?場の空気と温度の2種類の意味がある

エアーハラスメントとは、「エアハラ」という略称で使われることもある「空気」に関する嫌がらせのことです。主に「エアコンの温度設定」と「場の空気」の2つの意味で使われます。エアコンの温度設定については、同じ温度であっても感じ方は人それぞれであるため、どのような温度に設定するか配慮することが大切です。今回はエアーハラスメントについて説明します。

パーソナルハラスメントが起きる原因や対策方法、具体例とは?

パーソナルハラスメントとは、その人の外見やクセ、生活スタイルなど、個人の特性に対して行われる「嫌がらせ」のことです。「パーハラ」という略称で呼ばれることもあります。「相手が嫌がるかもしれない」という想像力の欠如、相手が嫌がったときに共感できない共感力の欠如、「相手を揶揄してでも、話の中心にいたい」という優越感が、パーハラが起きる原因です。今回はパーハラが起きる原因や対策方法、具体例について説明します。

パーソナルハラスメントとは?日常会話がハラスメントになる可能性も

パーソナルハラスメントとは、その人の外見やクセ、生活スタイルなど、個人の特性に対して行われる「嫌がらせ」のことです。「パーハラ」という略称で呼ばれることもあります。パーハラはセクハラやパワハラの一種として捉えることができ、日常会話においてもハラスメントとしてみなされる可能性があります。今回はパーソナルハラスメントについて説明します。

厚生労働省の企業向けケアハラスメント対策のパンフレットとは

ケアハラスメントとは、働きながら家族の介護を行う方への嫌がらせや制度利用を阻害することです。以前にも増して介護は身近な問題となりましたが、介護をしたことがない人などによって介護は女性がするものなどと偏見が生まれており、ケアハラスメントにつながっています。今回は厚生労働省が推奨するケアハラスメントの対策方法について説明します。