キャリアデザインとは?意味や概念、企業が支援する目的について

キャリアデザインとは?多くの人が自身のキャリアに不安を抱えている

キャリアデザインとは「どんな仕事をしたいか」「どのような働き方や家庭生活を送りたいか」といった人生の理想を描き、理想の実現に向けた計画を設計することを意味します。

少子高齢化による人手不足が続く中で、社員の離職を防止して企業が成長を続けるためには、自社内で働く社員のキャリア形成・能力開発が必要不可欠です。

総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社の調査によると、キャリアビジョンを持っていないと答えた人は、調査対象者全体の72.8%でした。労働者の多くがキャリアビジョンを持っておらず、自身の今後についてビジョンが描けていない状態であることがわかります。

キャリアビジョンをもっているか
出典元『Adecco』「人生100年時代」のキャリアビジョンに関する意識調査

同調査によると、キャリア構築についての不安があると答えた人は、調査対象者全体の76.9%でした。キャリアビジョンを持っていないと答えた人の割合とほぼ同じであることから、今後のビジョンが描けていない状態は本人が望んでいる状態ではなく、労働者の多くがキャリアビジョンの構築を望んでいることが分かります。

キャリア構築についての不安
出典元『Adecco』「人生100年時代」のキャリアビジョンに関する意識調査

社員が自身のキャリアに不安を抱えていると、仕事へのモチベーションが低下し、労働生産性の低下や離職につながる恐れがあります。社員が抱えるキャリアへの不安を解消するためには、企業が率先して社員のキャリアデザインを支援する方法が効果的です。

今回の記事では、キャリアデザインの意味や概念、社員のキャリアデザインを支援する目的やメリット・デメリットなどをご紹介します。

キャリアデザインとは?意味や概念、社員のキャリアデザインを支援する目的について

キャリアとは、本来は人生で積み重ねた経験や実績を意味する言葉ですが、ビジネス業界においては仕事の経験や結果、就職や出世、あるいは仕事そのもののことを意味します。

キャリアデザインの意味や概念、社員のキャリアデザインを支援する目的やメリット・デメリットなどについて、順を追ってご説明します。

キャリアデザインの意味や概念とは?

キャリアデザインとは「どんな仕事をしたいか」「どのような働き方や家庭生活を送りたいか」といった人生の理想を描き、理想の実現に向けた計画を設計することを意味します。

キャリアデザインとは、自分の理想とするキャリアを描いた上で、理想のキャリアを構築するための方法を考えようという概念です。

キャリアデザインの目的とは?

キャリアデザインの目的とは、理想のキャリアを明確にした上で、キャリアを実現するための方法を具体的にすることです。

企業において社員のキャリアデザインを支援する目的は、社員が抱えるキャリアへの不安を解消することです。社員が自身のキャリアに不安を抱えていると、仕事へのモチベーションが低下し、労働生産性の低下や離職につながる恐れがあります。

キャリアパスやキャリア開発との意味の違いとは?

キャリアパスとは、目指す職位に到達するための「経験の積み重ねやスキルを高めていくための方法」のことを意味する言葉です。

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために「企業が社員のキャリア構築を支援する」ことを意味する言葉です。

キャリアデザインの意味は「理想のキャリアを描き実現する方法を考える」ことですので、同じキャリアに関する言葉でも意味や目的はまったく異なります。

社員のキャリアデザインを支援する企業のメリットとは?

社員のキャリアデザインを支援することで、社員が抱えるキャリアへの不安が解消され、企業に様々なメリットがもたらされます。

企業にとっての具体的なメリットとしては、社員一人ひとりが自身のキャリア構築に対して積極的になるため、組織全体が活性化することが挙げられます。また、社員のキャリアデザインを聞き取ることで、今後の人事計画を立てる際の参考が得られるというメリットもあります。

社員のキャリアデザインを支援する企業のデメリットとは?

企業が社員のキャリアデザインを支援する際には、社員が自身のキャリアを考えていく中で社内でのキャリア構築に限界を感じ、退職を検討してしまう可能性があるというデメリットがあります。

社員の退職を防ぐ方法はいくつかありますが、どれも「今の仕事はやりたいことと違った」「今後の人生を考えたらほかの会社にいった方がいい」などと考えてしまう人が現れる可能性をゼロにすることはできません。

社員のキャリアデザインを支援する際には、伝え方に気を付ける、社内でのキャリアビジョンを提示するなど、社員が自社内でキャリアデザインを行えるように支援することが重要です。

キャリアデザインの支援は企業の成長につながる!

キャリアデザインとは「どんな仕事をしたいか」「どのような働き方や家庭生活を送りたいか」といった人生の理想を描き、理想の実現に向けた計画を設計することを意味します。

キャリアデザインは、仕事と人生のプランを主体的に描き実現することであるため、仕事のモチベーションや労働生産性に大きく影響します。社員のキャリアデザインを支援することで、社員が抱えるキャリアへの不安が解消され、労働生産性の向上や組織全体の活性化につながります。

理想のキャリアとはどんなものか、理想のキャリアを実現するためにはどうすればいいかなどを一人で考えられる人は、あまり多くありません。自身のキャリアへの不安を抱え、仕事へのモチベーションが低いまま働いている社員のキャリアデザインを支援することで、組織の活性化や企業の成長につながるのです。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ