記事カテゴリー

「 mitsucari 」一覧

ヘッドハンティングとは?優秀な人材を獲得するために必要なこと

ヘッドハンティングとは、自社が求める優秀な人材を他社からスカウトし、採用する事です。優秀な人材を獲得できる可能性のある手法ですが、人材要件定義を明確にしていなければ、効果的な採用を実現できないことは本来の採用活動と一緒です。今回はヘッドハンティングについて説明します。

ロジカルシンキングのやり方や実践方法とは?日常業務に取り入れてみよう

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せます。今回はロジカルシンキングのやり方や実践方法について説明します。

アシミレーションの具体的なやり方とは?ファシリテーターが重要!

アシミレーションとは「融和」や「同化」という意味であり、チームリーダーとメンバー間の相互理解を深めて関係構築する組織開発の手法です。アシミレーションでは労働生産性の向上や離職率の改善など、多くのマネジメント課題を解決できます。今回はチームリーダーとメンバーの信頼関係を築く組織開発手法であるアシミレーションの具体的なやり方について説明します。

モラールサーベイの質問項目とは?マズローの5段階欲求を参考にしよう

モラールサーベイとは、従業員意識調査とも呼ばれる、従業員が抱える問題意識ややる気に関する現場の声を調査し、統計的に分析する方法です。モラールサーベイを実施するためには質問項目の設定が大切ですが、マズローの5段階欲求をベースに考えると、効果的に課題を把握できます。今回はモラールサーベイの質問項目について説明します。

時短ハラスメントの原因や対策方法とは?業務量や業務効率の改善が必須

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。働き方改革によってプライベートの時間を確保するために残業時間の削減が求められましたが、業務量や業務改善を行わなければ時短ハラスメントにつながる可能性があります。今回は時短ハラスメントが起きる原因や対策方法について説明します。

自己奉仕バイアスが生じる原因や対策方法とは?客観的な判断をするために

自己奉仕バイアスとは、何かに成功したときは自分自身の能力によるものと考え、逆に失敗したときは「自分ではどうしようもない外的な要因によるもの」と思いこむ考え方のことです。自己奉仕バイアスが生じる原因や対策方法を知り、適切な対応を取ることが必要です。今回は自己奉仕バイアスが生じる原因や対策方法について説明します。

人事考課の面談の目的や実施すべき内容とは?適切な運用を実現するために

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課を運用する上で欠かせないのが評価者(部下)に対する面談です。目標の設定や進捗を共有し、目標を達成するための行動改善にもつながる面談ですが、適切な運用が求められます。今回は人事考課における面談について説明します。

逆求人のやり方や実施時の注意点とは?採用要件定義を具体化しよう

逆求人とは従来の就活スタイルとは異なる、企業側から優秀な人材へのアプローチができるダイレクトリクルーティングスタイルです。攻めの採用とも言える逆求人を活用する学生・企業が増加していますが、実施の際には採用要件定義を具体化・明確にし、どのような学生にアプローチすべきかを事前に決めておくことが大切です。今回は逆求人のやり方や実施時の注意点について説明します。

ロジカル・シンキングとは?最適解を導く思考方法を活用しよう

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せますが、イノベーションなど新しい発想が求められる場合には活用が難しい点もあります。今回はロジカルシンキングについて説明します。

アシミレーションとは?従業員同士の相互理解や信頼関係構築のために

アシミレーションとは「融和」や「同化」という意味であり、チームリーダーとメンバー間の相互理解を深めて関係構築する組織開発の手法です。アシミレーションでは労働生産性の向上や離職率の改善など、多くのマネジメント課題を解決できます。今回はチームリーダーとメンバーの信頼関係を築く組織開発手法であるアシミレーションについて説明します。