記事カテゴリー

「 mitsucari 」一覧

テクスチュアルハラスメントとは?文章による決めつけによって発生する

テクスチュアルハラスメントとは、文学作品などのテキストに対して性差別を行うことです。「女性にはこんな論理的な文章は書けない」などと決めつけることがテクハラに該当します。あまり馴染みのないハラスメントではありますが、女性の活躍推進を行う上で大きな障害となります。今回はテクスチュアルハラスメントについて説明します。

人事考課制度導入で受給できる助成金とは?自社制度の整備に活用しよう

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人材の評価制度は従業員や組織の生産性向上に直結するため、厚生労働省も企業に制度を整備してもらうために助成金を設けて導入を促進しています。今回は人事考課制度の導入で受給できる人事評価改善等助成コースについて説明します。

ヘッドハンティングのやり方や注意点とは?採用要件定義が最も大事!

ヘッドハンティングとは、自社が求める優秀な人材を他社からスカウトし、採用する事です。優秀な人材を獲得できる可能性のある手法ですが、人材要件定義を明確にしていなければ、効果的な採用を実現できないことは本来の採用活動と一緒です。今回はヘッドハンティングのやり方や注意点について説明します。

ロジカル・シンキングの活用方法や活用例とは?論理的に判断するために

NO IMAGE

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せますが、イノベーションなど新しい発想が求められる場合には活用が難しい点もあります。今回はロジカルシンキングの活用方法や活用例について説明します。

バウンダリレスとは?組織や従業員の課題を解決するために

バウンダリレスとは「境界のなさ」を示す用語であり、組織においては「部門や役職などの立場だけでなく、所在地も含めた組織内外の境界を越えて自社に貢献しようとする姿や価値観」を意味しており、キャリアにおいては「異なる企業や業種の境界を横断しながら、新たなスキルや経験やノウハウを獲得して成長する」ことを意味しています。今回はバウンダリレスについて説明します。

ウェルビーイングとは?従業員の健康ややる気における現状と目標について

ウェルビーイングとは、個人やチームが、身体も心も社会的にも健康な状態であることを意味する概念です。「病気ではないから幸せ」という考えではなく、「人間関係も、経済的な面も、それなりに満足できている」という多岐に渡る幸福を目指すものです。今回はウェルビーイングについて説明します。

時短ハラスメントとみなされる具体例とは?業務指示の内容を見直そう

時短ハラスメントとは、職場において業務時間の短縮を強要するハラスメントです。時短ハラスメントは「ジタハラ」という略称で呼ばれることもあります。働き方改革によってプライベートの時間を確保するために残業時間の削減が求められましたが、業務量や業務改善を行わなければ時短ハラスメントにつながる可能性があります。今回は時短ハラスメントとみなされる具体例について説明します。

弱い紐帯の強みとは?情報収集で見落としがちな重要な関係について

弱い紐帯(ちゅうたい)の強みとは、新規性の高い価値ある情報は社会的なつながりが弱い人からもたらされる可能性が高いことを意味する社会的ネットワークに関する仮説です。関係性が弱い人達にこそ重要な情報が眠っている視点を身につけることで、会社の中長期的な成長も実現できます。今回は弱い紐帯の強みについて説明します。

人事考課表とは?シートの導入で従業員の成長を促進する!

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課に評価シートを導入することで、目標設定や進捗が明確になり、評価者自身も行動を変えられるだけでなく、情意といった定性的な評価についても納得感のある評価を行うことができます。今回は人事考課で使用できる評価シートについて説明します。