記事カテゴリー

「 母集団形成 」一覧

ブラック企業とみなされない求人票とは?書き方や表現方法に注意しよう

自社がブラック企業として認定されると、既存社員の離職や新規人材の獲得などに大きな問題を生じます。会社の顔である求人票の書き方によって、実態と異なっていてもブラック企業として認定されてしまうこともあります。求職者にブラック企業とみなされないためには、自社の求人票の書き方や表現方法に注意が必要です。今回はブラック企業とみなされない求人票の書き方や表現方法について説明します。

厚生労働省が設定するブラック企業とは?実例から自社を見つめ直す

ブラック企業とは、長時間労働やハラスメント行為などが常態化し、残業代の未払いといった違法行為が行われている企業を指します。厚生労働省は毎月ブラック企業についての企業名や内容などの事例を公表しており、リストに掲載されると世の中からブラック企業として認定されてしまいます。今回は厚生労働省が設定するブラック企業の認定基準や条件について説明します。

就活カフェとは?就職活動生が集まるカフェの費用対効果とは

就活カフェは、就職活動の学生にとってお金と時間を節約でき、企業にとっては新たな母集団形成の手段として注目を集めており、件数も増加傾向にあります。就活カフェを活用することで企業にとっても様々なメリットがありますが、費用は安くないため、慎重に検討する必要があります。今回は就活カフェについて説明します。

ブラック企業の特徴とは?共通する5つの特徴について

近年社会問題となっている「ブラック企業」。長時間労働やハラスメント行為などが常態化し、残業代の未払いといった違法行為が行われている企業を指します。こういった企業での過酷な環境での労働者の使い捨ては社会問題となっています。 今回は、この「ブラック企業」の特徴などについて掘り下げます。

採用ルートとは?多様化する母集団形成手法の特徴を知り、活用しよう

労働力人口が減少し、有効求人倍率が増床していく中で、様々な採用手法が活用されています。求職者が企業にプレエントリーして面接に至る従来の手法は減少傾向にあり、企業としても新しい採用ルートの特徴を知り、積極的に活用していくことが求められます。今回は多様化する採用ルートの概要について説明します。

ブラック企業とは?意味や定義、組織の特徴やデメリットについて

ブラック企業とは、長時間労働やハラスメント行為などが常態化し、残業代の未払いといった違法行為が行われている企業を指します。実際には長時間労働やハラスメントがなくとも、離職率が高いだけで世間からブラック企業として認定されてしまうこともあり、違法性だけでなく自社がどのように認識されているのか客観的に判断する必要があります。今回はブラック企業とはなにか、ブラック企業に共通する特徴やブラック企業として認識されるデメリットについて説明します。

リベンジ転職とは?自社に応募してくれた求職者を再度検討する

リベンジ転職とは、新卒入社時に希望していても入社が叶わなかった企業や業界に、ある程度の社会人経験を経てからもう一度挑戦し転職活動を行うことです。新卒時点での採用基準を満たしていない人材であっても、他社で社会人経験を身につけることで、再度希望する企業や業界に転職として応募してくれる可能性があるものです。今回はリベンジ転職を活用する企業としてのメリットやデメリットについて説明します。

コラボインターンシップとは?新しい母集団形成の形を活用する

コラボインターンシップとは、複数の企業が合同で行うインターンシップのことです。採用における強いや課題が異なる企業同士が組むことで、インターンシップを実施する企業だけでなく、インターンシップに参加する学生にとってもメリットのあるインターンシップとして、徐々に広がり始めています。今回はコラボインターンシップについて説明します。

1dayインターンシップの企業事例とは?目的を明確にしよう

インターンシップとは、職業体験制度のことで、多くの企業が実施し多くの学生が参加している制度です。1dayインターンシップは気軽に実施できる一方で、参加者からの不満足度も高く、実施には注意が必要です。今回は1dayインターンシップを成功させた企業事例について説明します。

1dayインターンシップの設計方法とは?企画や準備を大切に

インターンシップとは、職業体験制度のことで、多くの企業が実施し、多くの学生が参加している制度です。1日のみで開催される1dayインターンシップは、企業側の準備や運営の負担が少ないものの、きちんと準備しなければ参加者の不満を生む原因となってしまいます。今回は1dayインターンシップの設計方法について説明します。