記事カテゴリー

「 新卒採用 」一覧

ジョブシャドウイングの事前準備や設計方法、運営時の注意点とは?

ジョブシャドウイングとは社会人の1日を観察するインターンシップです。従業員が働いている姿を間近で観察することで、働くことの意義を考えたり、学生にない新しい価値観や考え方を触れる機会を設けることができる方法です。今回はジョブシャドウイングを実施する上での事前準備や設計方法、運営時の注意点について説明します。

ジョブシャドウイングとは?職場体験でなく職場観察が有効な理由

ジョブシャドウイングとは社会人の1日を観察するインターンシップです。従業員が働いている姿を間近で観察することで、働くことの意義を考えたり、学生にない新しい価値観や考え方を触れる機会を設けることができ、インターンシップとしてだけでなく地域社会貢献にも注目されている手法です。今回はジョブシャドウイングについて説明します。

逆求人のやり方や実施時の注意点とは?採用要件定義を具体化しよう

逆求人とは従来の就活スタイルとは異なる、企業側から優秀な人材へのアプローチができるダイレクトリクルーティングスタイルです。攻めの採用とも言える逆求人を活用する学生・企業が増加していますが、実施の際には採用要件定義を具体化・明確にし、どのような学生にアプローチすべきかを事前に決めておくことが大切です。今回は逆求人のやり方や実施時の注意点について説明します。

逆求人とは?攻めの採用で、最適な人材を獲得するために

逆求人とは従来の就活スタイルとは異なる、企業側から優秀な人材へのアプローチができるダイレクトリクルーティングスタイルです。攻めの採用とも言える逆求人を活用する学生・企業が増加しており、自社のことを知らない優秀な学生にアプローチできる手法として注目されています。今回は逆求人を行う目的やメリット・デメリットについて説明します。

ワークプレースメントとは?就業体験を通じて企業としても成長する

ワークプレースメントとは英国発祥の有償型職業体験制度のことであり、アルバイトとインターンシップを兼ね合わせたような形式の制度の総称です。ワークプレースメントの実施は採用や定着にも効果のある施策ですが、実施するにはデメリットもあります。今回はワークプレースメントについて説明します。

就業力を構成するスキルとは?軸となる3つのスキルを理解しよう

就業力とは「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」のことです。就業力は次世代の会社経営を担う人材に育つ可能性を秘めたスキルですが、就業力の高い学生を採用しようとしても、就業力を具体的なスキルにまで落とし込んでから採用要件に組み込むことが大切です。今回は就業力を構成する3つのスキルについて説明します。

就業力とは?就職力とは異なる採用すべき学生が持つスキルについて

就業力とは「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」のことです。多くの大学・専門学校が実施しているエントリーシートの添削・模擬面接による就職力とは異なるスキルで、就業力は次世代の会社経営を担う人材に育つ可能性を秘めたスキルです。今回は就業力とはどのようなスキルなのかについて説明します。

就活カフェとは?就職活動生が集まるカフェの費用対効果とは

就活カフェは、就職活動の学生にとってお金と時間を節約でき、企業にとっては新たな母集団形成の手段として注目を集めており、件数も増加傾向にあります。就活カフェを活用することで企業にとっても様々なメリットがありますが、費用は安くないため、慎重に検討する必要があります。今回は就活カフェについて説明します。

コラボインターンシップとは?新しい母集団形成の形を活用する

コラボインターンシップとは、複数の企業が合同で行うインターンシップのことです。採用における強いや課題が異なる企業同士が組むことで、インターンシップを実施する企業だけでなく、インターンシップに参加する学生にとってもメリットのあるインターンシップとして、徐々に広がり始めています。今回はコラボインターンシップについて説明します。

内定ブルーを解消する企業側の施策とは?丁寧な内定者フォローを心がけよう

内定辞退が起こる原因として内定ブルーが考えられます。内定ブルーとは社会人になる不安や入社する不安から引き起こされる問題です。内定辞退を防ぐためには、企業からも内定ブルーを解消する施策を実施することが大切です。今回は内定ブルーを解消するための企業側の施策について説明します。