「 新卒採用 」一覧

「面接の仕方」改善や見直しに役立つ6つのチェックポイント

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。

新卒採用で内定辞退を防ぐクロージングの3つの重要ポイントとは

採用業務における大きな悩みの一つである「内定辞退」。内定辞退を防ぐためには、クロージングが非常に有効です。特に新卒採用は、内定から入社までの期間が長く、学生も社会人経験がないために多くの悩みを抱え込みがちです。新卒採用のクロージングにおいては、学生一人一人と親身に向き合い、時期によって変化する悩みを解決することが、内定辞退を防ぐコツになります。クロージングを行う際の重要ポイントを3つに絞り、一つ一つ紹介します。

内定クロージングの方法とは?内定辞退の理由から悩みを読み解く

売り手市場が加速し、新卒採用・中途採用のどちらであっても、内定辞退は大きな課題となっています。内定辞退に至る場合は、クロージングを行っていない、クロージングの内容に問題があるなどの原因があります。新卒採用・中途採用に共通する、内定辞退に至る理由と原因を読み解き、その解決策からクロージングの質を上げる方法を3つに絞って説明します。

採用通知メールのポイントとは? 内定者フォローは始まっている

採用通知メール(内定通知メール)は、応募者に採用の可否を伝えるメールであり、人事担当者からにとっては事務的な手続きかもしれません。社会人経験のない学生にとっては、採用通知メールは一喜一憂するだけでなく、社会に出るライフイベントを考え直すきっかけともなる重要な連絡です。採用通知メールは、内定者として最初の接点となり、内定者フォローとしての第一歩となります。採用通知メールをも効果的な内定者フォローにするためには求職者目線で考えることが必須です。採用通知メールの構成や例文、伝え方のポイントについて説明します。

内定承諾書の提出依頼がオワハラに!?内定者フォローここに注意

内定承諾書の提出を求める際に、言い方に気をつけなければ意図せずに「オワハラ(就職活動終われハラスメント)」になってしまう可能性があります。売り手市場で優秀な人材に入社してもらいたい、採用予定人数を充足したい思いが行き過ぎてしまうとオワハラになってしまう可能性があります。内定承諾書の提出は、将来一緒に働いてもらう仲間になるという認識のもとでお願いをする必要があります。今回は内定承諾書の提出や内定者フォローがオワハラにならないための、適切な内定者フォローの内容について説明します。

社内イベントへの参加を効果的な内定者フォローにするために

内定者フォローの中で特にイベント的要素が大きい「社内イベント(社内行事)への内定者の参加」。実施はしているけれど、効果的な「内定者フォロー」にできていないと感じている人事担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。「社内イベント」の導入のポイントについて説明します。

採用選考中の人事の悩みと解決策とは?面接後の辞退を防ぐ方法について

売り手市場かつ人手不足の現在、人事担当者の業務は増えるばかりで、悩みも尽きることはありません。母集団形成に難航するだけでなく働き方改革による自社制度の整備などで、1人あたりの採用選考に割ける時間も限られる一方で多種多様化する価値観や性格の見極めを正確に行わなければなりません。今回は採用選考中における人事の悩みとして、人材の見極めや面接後の選考辞退を発生させてしまう原因と解決方法について説明します。