記事カテゴリー

「 採用戦略 」一覧

行動力のある人材のシンプルな特徴とは?育成可能な部分を見極めよう

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。行動力のある人は「目的意識を持っている」というシンプルな特徴があります。行動力を見極めたり育成するためには、主体性や挑戦志向などの価値観に依存する部分は採用時に見極め、知識量や優先順位付けなどは教育研修で育成する方法が効果的です。今回は行動力のある人材の特徴について説明します。

採用ルートとは?多様化する母集団形成手法の特徴を知り、活用しよう

労働力人口が減少し、有効求人倍率が増床していく中で、様々な採用手法が活用されています。求職者が企業にプレエントリーして面接に至る従来の手法は減少傾向にあり、企業としても新しい採用ルートの特徴を知り、積極的に活用していくことが求められます。今回は多様化する採用ルートの概要について説明します。

行動力を構成するスキルとは?どのように行動力を育成できるのか

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。行動力は主体性やチャレンジ精神など、多くの企業が採用要件として掲げる要素と密接に影響しており、行動力の構成要素を理解することで人材の見極めや育成に活用できます。今回は行動力を構成する要素について説明します。

行動力とは?従業員の行動力ががもたらす企業へのメリットやデメリット

行動力とは「目的のために積極的に行動する力」です。ビジネスシーンでは慎重に検討することだけでなく、実際にやってみてから改善していくことも大切です。今回は行動力とはどのような能力なのか、従業員の行動力の有無によって企業にもたらされるメリットやデメリットについて説明します。

折衝力と交渉力の共通点や違いとは?違いを理解して見極めに活用する

交渉力と折衝力は、ともにコミュニケーションを行う上で重要なスキルです。ともに相手との意思決定を合意する能力ですが、交渉力と折衝力では前提が異なるため、コミュニケーションスキルの高い人材を採用したい場合には、どちらの能力が備わっているのかの見極めを行うことが大切です。今回は交渉力と折衝力の共通点や違いについて説明します。

インフルエンサー採用とは?自社マーケティングの活性化にもつながる!

SNSにおけるインフルエンサーは企業の活動にも大きく影響を与えています。インフルエンサーを採用基準として定めたインフルエンサー採用が、一部の企業で導入され始めています。今回は自社マーケティングを強化する上での一手となるインフルエンサー採用について説明します。

折衝力を高めるのに必要な研修とは?日々の生活での意識を身につける

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。折衝力は、基本的なコミュニケーションスキルから成り立っており、すぐに身につけることはできませんが、日々の生活を意識するように教育研修を実施することで中長期的に育成することができます。今回は折衝力を高める教育研修において重要なポイントについて説明します。

内定取り消しでの損害賠償事例とは?過去の裁判例から判断基準を学ぼう

採用活動をしていると内定を取り消さなければならない事態が発生することもあります。採用や人事担当としては一度出した内定を取り消すことができるのか、できるとしたらどういった場合かなどを押さえておく必要があります。今回は「内定取り消し」によって実際に損害賠償が起こった事例をご紹介します。

ワークサンプルテストを採用で活用する方法とは?準備や設計が重要

ワークサンプルとは、体験入社やインターンシップなどで自社の業務を疑似体験してもらうことで、求職者のスキルを見極めることです。ワークサンプルを採用に活用するためには、事前の準備や設計をしっかり行うことが大切です。今回はワークサンプルテストを採用で活用する方法や注意点について説明します。

折衝能力を構成するスキルとは?折衝力を高めるために必要なプロセス

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。折衝力は、ペーシングや傾聴、クロージングなど様々なコミュニケーションスキルによって構成されています。今回は折衝におけるプロセスを分解し、各プロセスにおいてどのようなスキルが求められるのかについて説明します。