「 採用戦略 」一覧

母集団形成の課題と対策方法とは?優れた人材を採用するために

人材獲得競争が激化しています。過半数の企業で自社の従業員不足を認識しているのに対し、少子化に伴う労働人口の減少により、優秀な人材をどのように獲得するかは多くの人事担当者の悩みです。労働人口の減少や、リファラル採用などの新しい採用手法が出てきたことにより、母集団形成に苦戦する企業も少なくありません。優秀な人材を採用し、自社の人材不足を解消するためには、母集団形成は欠かせないものです。今回は母集団形成における代表的な課題や問題、対策方法について説明します。

母集団形成とは?目的や注意点、課題について再認識しよう!

企業における労働力不足が深刻な問題となってきています。自社の従業員が不足していると考える企業は過半数を超えている一方で、少子化に伴う労働人口の減少により、人材獲得競争はより激化する傾向にあると考えられます。自社の従業員を確保するためには、自社の採用候補者となってもらう人材を集める母集団形成の重要性が増しています。母集団形成は、単に候補者の数を集めればよいわけではなく、候補者の質も考慮して母集団形成を行う必要があります。母集団形成の目的や課題、注意点や方法の概要について説明します。

トライアル雇用実施計画書とは?申請手続きも含めて説明します

トライアル雇用の手続きのうち、気になる書類として「トライアル雇用実施計画書」があります。トライアル雇用を開始した日から2週間以内に提出する必要がある書類です。トライアル雇用の手続きは3回あり、その都度提出する書類が異なります。今回はトライアル雇用の手続き方法や、各手続きで必要な書類について説明します。手続きや書類は、一度理解すれば難しいものではありませんので、一度理解して今後の採用活動に活かしましょう。

トライアル雇用奨励金の支給金額とは?計算式を確認しよう

トライアル雇用は未経験者や就業経験が少ない人に対して、雇用を増やしていくために生まれた制度です。就業する企業側にもメリットがあるように、トライアル雇用奨励金の支給も行われています。トライアル雇用奨励金の支給金額の計算式は難しくないため、一度理解しておけば、実際に支給される金額の計算も簡単です。計算式やその意味、最大支給金額などにトライアル雇用奨励金の概要について説明します。

トライアル雇用併用求人とは何?一般求人との違いとは?

未経験などの若手人材の採用に有効なトライアル雇用。働きぶりや適性を見てから正社員として雇用できる制度ですが、トライアル雇用併用求人という採用方法があります。トライアル雇用併用求人では、一度の求人で「トライアル雇用」と「一般雇用」の2種類で採用できる求人となります。スキルがあることに越したことはないが、スキルがなくても教育できる場合には非常に効果的な求人となります。スキルを持ち合わせた人材の採用難易度が上がっていく中、若手人材の育成と併用して採用できるトライアル雇用併用求人について説明します。

トライアル雇用とは?働きぶりを見て入社を見極めできる制度

トライアル雇用制度とは、未経験人材が自社へ応募するハードルを下げ、成長の見込みがあるか見極めてから雇用できる、求職者と企業の双方にメリットがある制度です。売り手市場で、企業が求めるスキルを全て持ち合わせている人材の採用が難しくなっている中、未経験人材を育てるという視点も非常に重要です。しかし本来の目的とは異なる、助成金の不正受給が目立ち、助成金の受給要件や受給金額などの見直しが頻繁に行われている制度でもあります。本来の目的であるトライアル雇用制度の目的やメリット・デメリットなどについて説明します。

労働移動支援助成金の再就職支援コースとはいつ使える助成金なのか

事業規模の縮小などで、従業員をやむを得ず離職させてしまう場合に、再就職の支援を行うことで得られる助成金が労働移動支援助成金の再就職支援コースです。助成金を受け取るためには、事業主だけでなく、離職する従業員にも条件があります。また、再就職支援コースには3種類の支援内容があり、それぞれで支給金額が違います。再就職支援コースの受給する条件や受給金額の条件、受給する際の注意点などについて説明します。

「面接の仕方」改善や見直しに役立つ6つのチェックポイント

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。

労働移動支援助成金とは?採用に関わる助成金を活用しよう!

売り手市場が加速し、人材確保が難しくなっていくのに比例して1人あたりの採用コストも増加傾向にあります。採用に関わる助成金として「労働移動支援助成金」があります。これは離職を余儀なくされる労働者に関する助成金で、企業が申請する助成金になります。労働者移動支援助成金の各コースの目的や助成金額などの概要について説明します。

ハイパフォーマーの特性の分析方法とは?特徴を抽出して人材活用に活かす

ハイパフォーマーの特徴が分かれば、採用要件だけでなく、人材育成などの人事戦略に組み込むことができます。組み込むためには自社のハイパフォーマーの特徴を分析する方法を知る必要があります。ハイパフォーマーを構成する要素には①思考や価値観②スキル③行動特性の3つの視点があります。それぞれの視点での分析方法について説明します。