記事カテゴリー

「 採用戦略 」一覧

コーポレートアイデンティティを活用できる施策の例とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティの効果を最大限に引き出すためには、コーポレートアイデンティティを活用した施策を実施する必要があります。今回は、コーポレートアイデンティティを有効活用するための施策例についてご紹介します。

コーポレートアイデンティティの作り方や具体的な作成プロセスとは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティを作成する際は、一度決めたものが長期的に使用される企業の顔となるため、慎重に作る必要があります。今回は、コーポレートアイデンティティを構成する要素や、コーポレートアイデンティティの作り方についてご紹介します。

コーポレートアイデンティティとは?意味や目的、活用方法について

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティを活用すれば、自社製品やサービスのイメージ向上による利益の増加、採用活動における母集団形成などが期待できます。今回は、コーポレートアイデンティティの意味や目的、活用するメリットについてご紹介します。

会社説明会後に企業側からお礼メールを送るべき?目的や例文について

会社説明会において、求職者は社員一人ひとりの対応だけでなく、会社の対応の丁寧さにも注目しています。会社説明会後に企業側から送るお礼メールは、求職者の自社への志望度を向上させ、今後の選考への参加率を上げる効果が期待できます。今回は、会社説明会後に企業側から送るお礼メールについて、送付の目的や内容の例文をご紹介します。

スキルマッチとは?意味や定義、重要性が低下している理由について

スキルマッチとは、企業の採用活動において、応募者の持つスキルを重視する採用手法を意味する言葉です。スキルマッチは主に中途採用で重視されていましたが、近年ではスキルマッチよりもカルチャーマッチを重視する企業が増加傾向にあります。今回はスキルマッチの意味や定義について説明した上で、スキルマッチが重視されなくなってきた理由についてご紹介します。

会社説明会でよくある質問とは?具体的な質問例や答え方について

会社説明会の質疑応答の時間は、求職者にとって自分が知りたい情報についての質問を直接投げかけられる貴重な場です。会社説明会で求職者の質問にしっかりと答えられるかどうかは、求職者の自社への志望度を上げる上で非常に重要なポイントです。今回は会社説明会でよくある質問について、具体的な質問例や答え方をご紹介します。

会社説明会の各担当者が知っておくべきコツや注意点とは?

会社説明会に参加している求職者は、会場にいる社員全員の行動や言動に注目して、会社全体として評価しています。会社説明会に参加する各担当者は、求職者への対応や話し方など、知っておくべきコツや注意点が多くあります。今回は、会社説明会のプレゼン担当者やサポート担当者が知っておくべきコツや注意点についてご紹介します。

会社説明会に向けて企業側がすべき準備とは?プレゼンや資料について

会社説明会とは、企業が求職者に対して自社をより詳しく知ってもらうために開催する、採用活動のプロセスのひとつです。会社説明会が失敗してしまうと、会社全体の評価が低下する危険があるため、念入りに準備をする必要があります。今回は、会社説明会開催に向けて企業側がすべき準備についてご紹介します。

選考基準の設定方法とは?評価項目や評価方法の決め方について

採用活動で人材の評価を客観的かつ短時間に行うためには、選考基準の評価項目や評価方法、評価比重を慎重に決める必要があります。選考基準の項目を「どのプロセスで・何を・どのように・どれくらい」評価するのかを面接担当者が共有しておくことで、採用要件に合う人材の獲得につながります。今回は、選考基準の設定方法や評価方法、優先順位や評価比重の決め方について詳しくご紹介します。

コミュニケーションスキルの種類とは?採用で評価すべき能力について

コミュニケーションスキルとは、多くの企業の人材採用において、最も重視されている評価基準です。採用選考の場で応募者のコミュニケーションスキルを見極めるためには、コミュニケーションスキルを細分化し、客観的に評価できるレベルまで落とし込む必要があります。今回は、コミュニケーションスキルの種類や評価基準の設定方法についてご紹介します。