記事カテゴリー

「 採用戦略 」一覧

組織適応性とは?言葉の意味や目的、人事業務における活用方法について

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを示す指標です。組織適応性の高い人材が集まっている会社では、定着率の向上や早期離職の防止だけでなく、生産性の向上や社員同士のコミュニケーションの活発化が期待できます。今回は組織適応性の意味や目的、人事業務に活用するメリットや活用しない場合のデメリットをご紹介します。

採用コストの削減方法とは?採用競争で不利にならない削減方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。採用コストを削減する際は、上手な方法をとることで他社との採用競争を有利に進められるようになります。今回は、採用コストを削減する際に、他社との採用競争で不利にならないための方法をご紹介します。

採用コストの内訳とは?求人広告と人材紹介の効果的な活用方法

採用コストの内訳とは、大きく分けて内部コストと外部コストの2種類に分類できます。採用コストの内訳を見直すことで、限られた予算を効果的に運用できるようになり、採用競争が有利になります。今回は採用コストの内訳を詳しく説明した上で、上手なコスト配分の方法についてご紹介します。

職務適応性検査とは?採用活動における効果的な活用方法について

職務適応性検査とは、職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、人材がどれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応性検査は、応募者が現時点で持っているスキルだけでなく、将来的なポテンシャルを含めた適性を測ることができます。今回は職務適応性という言葉の意味や定義、職務適応性検査のメリットとデメリットについてご紹介します。

採用コストの推移状況とは?求人広告費と人材紹介費の予算配分の現状

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」を意味します。採用コストの推移を知っておけば、一人当たりの採用にかける単価や採用コストの予算配分を決める際の重要な参考になります。今回は採用コストの推移と予算配分の現状についてご紹介します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクション求人の条件とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションとしての女性向け求人は、条件をしっかり確認しておく必要がありますが、女性の労働力を集めることができる効果的な方法です。今回はアファーマティブアクションとして認められる求人の条件や、条件を満たした上での注意点についてご紹介します。

採用コストとは?一人当たりの平均単価や採用コストの計算方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。売り手市場が続く日本で人材獲得競争を勝ち抜くためには、限られた予算をいかに運用し、採用コストを削減するかが重要になります。今回は採用コストの概要と計算方法について説明した上で、一人当たりの平均単価や相場の違いについてご紹介します。

人材ポートフォリオの分析方法とは?分析結果を人事業務に活用しよう

人材ポートフォリオの分析結果は、人材の配属や異動、採用戦略や雇用形態などの人事業務に役立ちます。人材ポートフォリオは便利なマネジメント手法ですが、分析結果だけを頼りに人事業務を行うと、社員のモチベーション低下や離職につながる危険があります。今回は人材ポートフォリオを使った分析の方法や、分析結果の活用方法と注意点についてご説明します。

人材マッチングとは?マッチングの精度が向上する2種類の情報とは?

人材マッチングとは、企業や組織と人材をつなぎ合わせることを意味する言葉です。人材マッチングの精度を上げるためには、判断基準となる2種類の情報を、正確かつスピーディーに得ることが重要です。今回は人材マッチングの判断基準となる2種類の情報と、マッチングの精度を上げる方法についてご紹介します。

人材ポートフォリオの軸の設計方法とは?実際の事例を4社ご紹介!

人材ポートフォリオとは、組織の状況や事業の戦略に合わせて適切な人材配置を行うための、人材マネジメントの手法です。人材ポートフォリオを作成する際に最も重要になる軸の決め方には様々あり、自社の課題に適した軸を決めることが大切です。今回は実際に企業で設定されている軸の事例をもとに、人材ポートフォリオの軸の作り方をご紹介します。