記事カテゴリー

「 採用戦略 」一覧

ゆとり社員とは?世代の特徴を把握しながら、個人の特性に注意する

ゆとり社員とはゆとり教育を受けた社員のことで、2026年の新卒まではゆとり社員に該当すると言われています。いつの時代も世代間ギャップは生じており、性格や価値観の違いからトラブルに発展することも多くあります。ゆとり世代の特徴を踏まえながら、個人の性格や価値観についてきちんと理解することが大切です。今回はゆとり社員について説明します。

就業力を構成するスキルとは?軸となる3つのスキルを理解しよう

就業力とは「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」のことです。就業力は次世代の会社経営を担う人材に育つ可能性を秘めたスキルですが、就業力の高い学生を採用しようとしても、就業力を具体的なスキルにまで落とし込んでから採用要件に組み込むことが大切です。今回は就業力を構成する3つのスキルについて説明します。

就業力とは?就職力とは異なる採用すべき学生が持つスキルについて

就業力とは「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」のことです。多くの大学・専門学校が実施しているエントリーシートの添削・模擬面接による就職力とは異なるスキルで、就業力は次世代の会社経営を担う人材に育つ可能性を秘めたスキルです。今回は就業力とはどのようなスキルなのかについて説明します。

実行力と行動力の共通点と違いとは?人材要件を詳細に落とし込むために

実行力とは、目標を設定して行動する能力のことです。行動力とは、目的のために積極的に行動する力です。実行力と計画力は似たような概念ですが、計画性の観点では大きな違いがあり、採用要件や教育研修に落とし込む際には、2つの能力の違いを理解して詳細に落とし込んでいくことが大切です。今回は実行力と行動力の共通点や違いについて説明します。

実行力をつけるには?4つのポイントをおさえて人材を育成しよう

実行力とは、目標を設定して行動する能力のことです。似た概念で「行動力」がありますが、目的に対して起こす行動に計画性があるかどうかが、両者の違いとなっています。実行力を採用要件に組み込むことも多くありますが、実行力は入社後に育成できる能力であるため、教育研修制度に組み込む方法も有効です。今回は実行力をつける方法について説明します。

実行力の高い・低い人材の特徴とは?実行力の有無を見極めるために

実行力とは、目標を設定して行動する能力のことです。似た概念で「行動力」がありますが、目的に対して起こす行動に計画性があるかどうかが、両者の違いとなっています。実行力の有無を見極めるためには、人材の特徴から見極めることが可能です。今回は実行力の高い人材や低い人材の特徴について説明します。

バンドワゴン効果が生まれる原因や注意点とは?安易に陥らないために

バンドワゴン効果とは「勝ち馬に乗る」「流行りものに乗る」などの効果で、多くの需要があるところに更に需要が大きくなっていくものです。営業やマーケティングでは有効な心理効果ですが、人事業務でバンドワゴン効果に気づかず陥ってしまうと、組織に悪影響をもたらす危険性もあります。今回はバンドワゴン効果が発生する原因や注意点について説明します。

実行力とは?活用する企業にとってのメリットやデメリットとは

実行力とは、目標を設定して行動する能力のことです。似た概念で「行動力」がありますが、目的に対して起こす行動に計画性があるかどうかが、両者の違いとなっています。実行力は採用要件や人材育成にも活用できるため、どのようなスキルなのか、どのように活用できるのかを理解することが大切です。今回は実行力について説明します。

バンドワゴン効果とは?流行に流されずに目的意識を持とう

バンドワゴン効果とは「勝ち馬に乗る」「流行りものに乗る」などの効果で、多くの需要があるところに更に需要が大きくなることです。人事業務であってもバンドワゴン効果を引き起こす可能性があり、他社が採用しているからテレワーク制度を導入する、多くの会社から内定が出ているから優秀な人材であるなどと思いこむと誤った判断をしてしまう可能性があります。今回はバンドワゴン効果の概要について説明します。