記事カテゴリー

「 多様性 」一覧

ホールシステムアプローチの進め方や具体的な方法とは?

ホールシステムアプローチとは、一部のトップ層や主催者側だけでなく、すべてのステークホルダーもしくはその代表者が対話することで、意思決定やアクションプランを生成する方法論の総称です。様々な背景を持った人たちが集まり、お互いに情報をオープンにすることで新たな着眼視点や見つかっていなかった原因などを探求し、具体的な行動や施策へと導くことが可能です。今回はホールシステムアプローチのやり方について説明します。

ホールシステムアプローチとは?情報交換や対話の場から経営課題を解決する

ホールシステムアプローチとは、一部のトップ層や主催者側だけでなく、すべてのステークホルダーもしくはその代表者が対話することで、意思決定やアクションプランを生成する方法論の総称です。様々な背景を持った人たちが集まり、お互いに情報をオープンにすることで新たな着眼視点や見つかっていなかった原因などを探求し、具体的な行動や施策へと導くことが可能です。今回はホールシステムアプローチについて説明します。

トランザクティブメモリーとは?専門職人材が活躍してもらうために

トランザクティブメモリーとは組織学習に関する概念であり、誰が何を知っているのかを共有して把握していることです。専門職人材の需要は高まっている一方で、一人の人間がすべてを把握することが困難であるが故に、質問すべき人材を予め知っておくことは、会社の労働生産性向上にも貢献します。今回はトランザクティブメモリーの目的やメリットについて紹介します。

ジョブローテーション制度を効率的な活用方法と進め方とは?

日本企業の多くでジョブローテーション制度が導入されています。ジョブローテーション制度には、会社の業務形態などによっても向き不向きがあり、導入すれば必ず効果がでるわけではありません。今回はジョブローテーション制度を最大限に活用するために必要な方法や進め方について説明します。

ジョブローテーション制度は無駄なのか?批判内容を検討する

多くの企業で導入されているジョブローテーション制度ですが、導入した企業がすべて成功するわけではありません。ジョブローテーション制度にはデメリットも存在し、制度そのものが無駄であるとの批判を受けることもあります。今回はジョブローテーション制度が無駄だと考えられている理由について考察します。

ジョブローテーションの成功企業事例とは?目的と効果を明確に捉える

日本企業の多くでジョブローテーション制度が導入されています。ジョブローテーション制度は、どんな企業でも導入すれば効果が出るわけではなく、成功した企業もあれば失敗した企業も存在します。今回はジョブローテーション制度を導入し、成功させた企業の事例について紹介します。

ジョブローテーションに向いている企業と向かない企業とは?自社の特性を理解する

日本の企業では一般化しているジョブローテーション制度。しかし、導入したものの効果的に運用できていないと感じる人事担当者は少なくありません。企業規模や業種によっても、ジョブローテーション制度の最適解は異なります。今回はジョブローテーション制度に適した企業や適さない企業の特徴などについてご説明します。

ジョブローテーションとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

多くの日本の企業が導入しているジョブローテーション制度。日本企業で浸透した背景には終身雇用制度や職能給など、海外企業には見られない特徴があったからと推測されます。ジョブローテーション制度はメリットだけでなくデメリットもあり、市場の変動により数年前の知識や経験が陳腐化しやすくなっていることから、見直しや検討を行うことが大切です。今回はジョブローテーション制度の企業や従業員にとってのメリット・デメリットについて説明します。