記事カテゴリー

「 多様性 」一覧

外国人採用における注意点や問題点とは?雇用のミスマッチを防ごう

日本で働く外国人労働者は増え続けており、今後も増加傾向が続く見込みです。外国人採用を行う企業も増加傾向にありますが、入社後には様々なミスマッチが生じています。今回は外国人採用における雇用のミスマッチの観点から、注意点や問題点について説明します。

外国人採用における課題や懸念点とは?対策方法を事前に理解しよう

外国人移住者は年々増加しており、外国人採用を導入している企業も増えています。しかしまだ外国人採用を「受け入れ体制の未整備」や「海外展開していない」等の理由で懸念する企業も存在します。今回は外国人採用の課題や懸念点、対策方法について説明します。

外国人採用とは?実施する目的やメリット・デメリット、実態について

少子高齢社会になり、労働生産人口が減少し続ける一方で、労働力人口は増加しています。背景として、女性の活躍推進やシニア採用、外国人採用などが挙げられます。外国人労働者は増加し続けている一方で、約3%の事業所でしか外国人人材が働いていない実態があります。今回は外国人採用を行う目的やメリット・デメリット、社会的な背景や実態について説明します。

障害者採用の給与水準とは?現状や給与設定の考え方について

民間企業の障害者法定雇用率は2.2%で社員を45.5人以上雇用してる企業は障害者を雇用する義務が発生します。障害者採用や雇用をすすめる上で、障害者の賃金を決めなくてはいけません、実際の障害者労働者の給与水準や決め方はどのようになっているのでしょうか。今回は障害者雇用における給与水準や賃金の決め方、考え方などについて説明します。

障害者採用の評価項目・評価基準とは?職業準備性を理解しよう

民間企業の障害者法定雇用率は2.2%で社員を45.5人以上雇用してる企業は障害者を雇用する義務が発生します。しかし過半数以上の民間企業では障害者法定雇用率は未達成であり、受け入れ体制がないのが課題となっています。今回は障害者雇用における評価項目や評価基準の設定方法、職業準備性について説明します。

障害者採用の現状やメリット、デメリットとは?受け入れ体制を整備しよう

民間企業の障害者法定雇用率は2.2%で社員を45.5人以上雇用してる企業は障害者を雇用する義務が発生します。しかし過半数以上の民間企業では障害者法定雇用率は未達成であり、受け入れ体制がないのが課題となっています。今回は障害者雇用の背景やメリット・デメリットについて説明します。

ブラインド採用とは?意味や目的、メリット・デメリットについて

ブラインド採用とは、採用選考時の名前や性別・年齢や学歴といった個人情報を取り除き、能力のみで応募者を評価する採用手法です。ブラインド採用は、応募者を能力のみで評価して採用の可否を決定するため、ダイバーシティの推進や優秀な人材の見逃し防止につながります。今回はブラインド採用の意味や目的、企業のメリット・デメリットについてご紹介します。

ウーマノミクスの企業事例から見る会社側のメリットや効果とは?

ウーマノミクスとは、女性が活躍できる社会づくりを進め、 経済の活性化につながるように取り組んでいく社会を意味する言葉です。ウーマノミクスの効果や取り組み方を知るためには、実際に取り組んだ企業の事例からヒントを得る方法が効果的です。今回は、実際にウーマノミクスに取り組んだ企業の事例をご紹介します。

ウーマノミクスとは?意味や定義、メリット・デメリットについて

ウーマノミクスとは、女性が活躍できる社会づくりを進め、 経済の活性化につながるように取り組んでいく社会を意味する言葉です。ウーマノミクスを推進することは、社会問題への取り組みとしてだけでなく、企業にとって多くのメリットがあります。今回はウーマノミクスの意味や企業のメリット、推進のために解決すべき課題と活用できる助成金についてご紹介します。