記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

従業員エンゲージメントを高める方法とは?向上につながる3つの要素

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメントを高めるためには重要な要素が3つあり、従業員エンゲージメント向上につながる大きなヒントになります。今回は従業員エンゲージメントを高めるための3つの要素と、エンゲージメント低下につながる要因の対策方法についてご紹介します。

従業員エンゲージメント調査とは?人事調査を行う意味と調査の方法

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメント調査では、調査結果を真摯に受け止めて行動に落とし込まなければ、調査自体が全く無意味なものになってしまいます。今回は従業員エンゲージメント調査の目的や方法についてご説明します。

従業員エンゲージメントとは?意味や目的、活用するメリットや方法

従業員エンゲージメントとは「従業員の一人ひとりが企業の掲げる戦略・目標を適切に理解し、自発的に自分の力を発揮する貢献意欲」を意味する言葉です。従業員エンゲージメントを高めることで、労働生産性の向上や離職率の改善など、様々なメリットが得られます。今回は従業員エンゲージメントという言葉の意味や、従業員エンゲージメントを高めることで得られるメリットなどについてご紹介します。

エンゲージメント・ロイヤルティ・従業員満足度の意味と違いとは?

エンゲージメント、ロイヤルティ、コミットメント、モチベーション、従業員満足度とは、従業員の状態や感情などを表す言葉です。それぞれの言葉は全て意味が異なり、違いが曖昧なまま対策を施しても意味が無く、逆効果になることさえあります。今回は、エンゲージメント、ロイヤルティ、コミットメント、モチベーション、従業員満足度の、言葉の意味とそれぞれの違いについてご説明します。

コンピテンシーモデルの導入事例から学ぶ、成功要因とは?

コンピテンシーモデルとは、自社独自の成功要因となる行動特性を明確にすることで、中長期的な視点で活躍する人材を定義できる方法です。コンピテンシーモデルを活用するためには、自社独自のコンピテンシーモデルを作ることが必要不可欠ですが、いきなり作るのは非常に労力がかかる作業です。今回はコンピテンシーを導入した企業事例から、導入時における課題や導入後の効果について説明します。

社内コミュニケーションツールとは?種類や導入に注意すべきこと

社内のコミュニケーションを円滑にするため、社内SNSなどのツール導入が進んでいます。しかし活用されずに失敗に終わるケースも多く、活用方法と情報共有の難しさを物語っています。社内SNSをはじめとした、コミュニケーションツールをいかに活用していくか、ポイントについて説明します。

社内コミュニケーション活性化の具体的な施策例やアイデアとは?

社内コミュニケーションの活性化は、多くの企業が取り込む課題です。社内コミュニケーションの活性化を行う施策として重要なのは、まずは「組織全体」「縦」「横」のどこのコミュニケーションに課題があるかを明確にし、適した施策を選択することです。「組織全体」「縦」「横」それぞれの社内コミュニケーションを活性化させるための具体的な施策例やアイデアについて説明します。

社内コミュニケーション活性化施策「縦・横・全体のつながり」

働き方改革が話題になっている昨今、「社内のコミュニケーション活性化」にも注目が集まっています。社内(インナー)コミュニケーションは弾力ある組織作りと同時に、業績にも大きく影響する要素の一つ。活性化のための、具体的な施策についての考え方からご紹介します。

社内コミュニケーション方法とは?阻害要因を理解して円滑化しよう!

力強い組織作りに欠かせない「社内コミュニケーション」。働き方改革が話題になっている中で、まずはこのテーマへの取り組みを強化したいと考えている人事担当者の方も多いのではないでしょうか。社内コミュニケーション活性化のための「方法」にはどういったものがあるかを説明します。