「 中途採用 」一覧

トライアル雇用実施計画書とは?申請手続きも含めて説明します

トライアル雇用の手続きのうち、気になる書類として「トライアル雇用実施計画書」があります。トライアル雇用を開始した日から2週間以内に提出する必要がある書類です。トライアル雇用の手続きは3回あり、その都度提出する書類が異なります。今回はトライアル雇用の手続き方法や、各手続きで必要な書類について説明します。手続きや書類は、一度理解すれば難しいものではありませんので、一度理解して今後の採用活動に活かしましょう。

トライアル雇用奨励金の支給金額とは?計算式を確認しよう

トライアル雇用は未経験者や就業経験が少ない人に対して、雇用を増やしていくために生まれた制度です。就業する企業側にもメリットがあるように、トライアル雇用奨励金の支給も行われています。トライアル雇用奨励金の支給金額の計算式は難しくないため、一度理解しておけば、実際に支給される金額の計算も簡単です。計算式やその意味、最大支給金額などにトライアル雇用奨励金の概要について説明します。

トライアル雇用とは?働きぶりを見て入社を見極めできる制度

トライアル雇用制度とは、未経験人材が自社へ応募するハードルを下げ、成長の見込みがあるか見極めてから雇用できる、求職者と企業の双方にメリットがある制度です。売り手市場で、企業が求めるスキルを全て持ち合わせている人材の採用が難しくなっている中、未経験人材を育てるという視点も非常に重要です。しかし本来の目的とは異なる、助成金の不正受給が目立ち、助成金の受給要件や受給金額などの見直しが頻繁に行われている制度でもあります。本来の目的であるトライアル雇用制度の目的やメリット・デメリットなどについて説明します。

【労働移動支援助成金】中途採用拡大で助成金がもらえる!

労働移動支援助成金の中途採用拡大コースは名前の通り、中途採用で採用する労働者の比率を増やす、45歳以上の労働者を初めて雇い入れる場合に受給できる中途採用に関する助成金です。受給される事業者の条件も厳しくなく、地域密着型の中小企業で高卒者の採用も行っている企業であれば、条件を満たしている場合もあります。労働移動支援助成金の中途採用拡大コースの受給要件や受給金額などについて説明します。

労働移動支援助成金の早期雇入れコースとは?正規社員採用で活用しよう!

離職を余儀なくされた求職者を早期に雇い入れる企業に対して支給される、労働移動支援助成金の早期雇入れコースがあります。人材不足によって事業規模が縮小、倒産する企業が増加しており、意図せず就業できなくなった人材を早期に雇用することは、求職者と企業双方にとってメリットがあります。労働移動支援助成金の早期雇入れコースの受給要件や、助成される金額などについて説明します。

「面接の仕方」改善や見直しに役立つ6つのチェックポイント

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。

中途採用でも「ポテンシャル採用」を実施する際のポイントは?

売り手市場の影響で、企業の人材確保はより深刻な問題となっています。少子化の影響により、少なくとも20年は労働人口が減少することが懸念されています。中途採用では「即戦力人材」が求められていますが、採用の難易度もより高くなっています。中途採用であっても「即戦力人材」ではなく「長期的な視点で活躍してくれる人材」を採用する「ポテンシャル採用」を実施することが人材確保に大きなメリットをもたらしてくれます。今回は中途採用におけるポテンシャル採用の解釈の仕方やポテンシャルの見極め方などのポイントについて説明します。

若年層の雇用を促進する制度「ユースエール認定」とは?

働き方改革により、多様な人材の活躍が求められています。若年層の就業や働き方全般に関する分野も、解決すべき課題が数多くあります。厚生労働省が推進する、若年層の雇用を促進する制度として「ユースエール認定」があります。しかし子育て支援である「くるみん認定」や女性の活躍推進を行う「えるぼし認定」と比べると、まだ知名度は高くありません。今回は「ユースエール認定」に関して、その概要などを分かりやすくご紹介します。

テクニカルスキル(業務遂行能力)の種類や一覧、具体例とは?

現場で業務を行う人材が活躍するために必須なのが「テクニカルスキル」です。これは業務遂行能力や専門性の高さを示すものですが、一般に「狭く深い」スキルであるがゆえに汎用性がないと考えられることもあります。テクニカルスキルを人事評価の基準として設定するなら「業種・職種問わず活かせるテクニカルスキル」があることを知っておくべきです。汎用性の高いテクニカルスキルの種類や一覧、具体例を紹介しながら「テクニカルスキルを持つ人材をどう活用できるか」について説明します。

テクニカルスキル(業務遂行能力)とは?自社での業務遂行スキルを見極める

ビジネススキルの基本的な分類は「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」の3つがあり、特に現場で活躍する人材は「テクニカルスキル」を重視して起用するのが適しています。テクニカルスキルは業務遂行能力とも呼ばれ、専門性の高さを示すスキルです。専門性の高さだけを重視してしまうと、以前のやり方にこだわって自社で成果がでないなどの弊害が発生する可能性があります。どんなテクニカルスキルがあるかよりも、どのようにしてテクニカルスキルを身につけたかに着目することが重要です。「テクニカルスキル」を重視するメリットやデメリット、注意点について説明します。