記事カテゴリー

「 中途採用 」一覧

社会人インターンで副業目的の人材を確保する企業側のメリットとは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンを実施する際には、副業や兼業を目的とした優秀な人材を確保するために、有償インターンと無償インターンの違いについてしっておく必要があります。今回は、社会人インターンで副業目的の人材を確保する方法や、企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

社会人インターンとは?企業側の目的やメリット・デメリットについて

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンは、中途採用における優秀な人材の獲得や早期離職の防止など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回は、社会人インターンの意味や目的、企業にとってのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

スキルマッチとは?意味や定義、重要性が低下している理由について

スキルマッチとは、企業の採用活動において、応募者の持つスキルを重視する採用手法を意味する言葉です。スキルマッチは主に中途採用で重視されていましたが、近年ではスキルマッチよりもカルチャーマッチを重視する企業が増加傾向にあります。今回はスキルマッチの意味や定義について説明した上で、スキルマッチが重視されなくなってきた理由についてご紹介します。

中途採用の採用基準とは?即戦力人材を見抜く評価方法について

現在の日本の採用市場では、中途採用の採用基準として「即戦力人材」であることが重視される傾向があります。獲得競争が激しい即戦力人材を中途採用するためには、単純な実務年数や資格の有無だけではなく、スキルの評価基準や評価項目を見直す必要があります。今回は、中途採用の採用基準となるスキルの評価方法について詳しくご紹介します。

採用コストの削減方法とは?無駄なコストカットを行い、効率的に採用する

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。採用コストを削減する際は、上手な方法をとることで他社との採用競争を有利に進められるようになります。今回は、採用コストを削減する際に、他社との採用競争で不利にならないための方法をご紹介します。

採用コストの内訳とは?採用単価を内部コスト・外部コストから見直す

採用コストの内訳とは、大きく分けて内部コストと外部コストの2種類に分類できます。採用コストの内訳を見直すことで、限られた予算を効果的に運用できるようになり、採用競争が有利になります。今回は採用コストの内訳を詳しく説明した上で、上手なコスト配分の方法についてご紹介します。

採用コストとは?一人当たりの採用単価や計算方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。売り手市場が続く日本で人材獲得競争を勝ち抜くためには、限られた予算をいかに運用し、採用コストを削減するかが重要になります。今回は採用コストの概要と計算方法について説明した上で、一人当たりの平均単価や相場の違いについてご紹介します。

トライアル雇用実施計画書とは?申請手続きも含めて説明します

トライアル雇用の手続きのうち、気になる書類として「トライアル雇用実施計画書」があります。トライアル雇用を開始した日から2週間以内に提出する必要がある書類です。トライアル雇用の手続きは3回あり、その都度提出する書類が異なります。今回はトライアル雇用の手続き方法や、各手続きで必要な書類について説明します。手続きや書類は、一度理解すれば難しいものではありませんので、一度理解して今後の採用活動に活かしましょう。

トライアル雇用助成金の奨励金額とは?計算式を確認しよう

トライアル雇用は未経験者や就業経験が少ない人に対して、雇用を増やしていくために生まれた制度です。就業する企業側にもメリットがあるように、トライアル雇用奨励金の支給も行われています。トライアル雇用奨励金の支給金額の計算式は難しくないため、一度理解しておけば、実際に支給される金額の計算も簡単です。計算式やその意味、最大支給金額などにトライアル雇用奨励金の概要について説明します。