記事カテゴリー

「 中途採用 」一覧

採用コストの削減方法とは?採用競争で不利にならない削減方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。採用コストを削減する際は、上手な方法をとることで他社との採用競争を有利に進められるようになります。今回は、採用コストを削減する際に、他社との採用競争で不利にならないための方法をご紹介します。

採用コストの内訳とは?求人広告と人材紹介の効果的な活用方法

採用コストの内訳とは、大きく分けて内部コストと外部コストの2種類に分類できます。採用コストの内訳を見直すことで、限られた予算を効果的に運用できるようになり、採用競争が有利になります。今回は採用コストの内訳を詳しく説明した上で、上手なコスト配分の方法についてご紹介します。

採用コストの推移状況とは?求人広告費と人材紹介費の予算配分の現状

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」を意味します。採用コストの推移を知っておけば、一人当たりの採用にかける単価や採用コストの予算配分を決める際の重要な参考になります。今回は採用コストの推移と予算配分の現状についてご紹介します。

採用コストとは?一人当たりの平均単価や採用コストの計算方法について

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。売り手市場が続く日本で人材獲得競争を勝ち抜くためには、限られた予算をいかに運用し、採用コストを削減するかが重要になります。今回は採用コストの概要と計算方法について説明した上で、一人当たりの平均単価や相場の違いについてご紹介します。

トライアル雇用実施計画書とは?申請手続きも含めて説明します

トライアル雇用の手続きのうち、気になる書類として「トライアル雇用実施計画書」があります。トライアル雇用を開始した日から2週間以内に提出する必要がある書類です。トライアル雇用の手続きは3回あり、その都度提出する書類が異なります。今回はトライアル雇用の手続き方法や、各手続きで必要な書類について説明します。手続きや書類は、一度理解すれば難しいものではありませんので、一度理解して今後の採用活動に活かしましょう。

トライアル雇用奨励金の支給金額とは?計算式を確認しよう

トライアル雇用は未経験者や就業経験が少ない人に対して、雇用を増やしていくために生まれた制度です。就業する企業側にもメリットがあるように、トライアル雇用奨励金の支給も行われています。トライアル雇用奨励金の支給金額の計算式は難しくないため、一度理解しておけば、実際に支給される金額の計算も簡単です。計算式やその意味、最大支給金額などにトライアル雇用奨励金の概要について説明します。

トライアル雇用とは?働きぶりを見て入社を見極めできる制度

トライアル雇用制度とは、未経験人材が自社へ応募するハードルを下げ、成長の見込みがあるか見極めてから雇用できる、求職者と企業の双方にメリットがある制度です。売り手市場で、企業が求めるスキルを全て持ち合わせている人材の採用が難しくなっている中、未経験人材を育てるという視点も非常に重要です。しかし本来の目的とは異なる、助成金の不正受給が目立ち、助成金の受給要件や受給金額などの見直しが頻繁に行われている制度でもあります。本来の目的であるトライアル雇用制度の目的やメリット・デメリットなどについて説明します。

【労働移動支援助成金】中途採用拡大で助成金がもらえる!

労働移動支援助成金の中途採用拡大コースは名前の通り、中途採用で採用する労働者の比率を増やす、45歳以上の労働者を初めて雇い入れる場合に受給できる中途採用に関する助成金です。受給される事業者の条件も厳しくなく、地域密着型の中小企業で高卒者の採用も行っている企業であれば、条件を満たしている場合もあります。労働移動支援助成金の中途採用拡大コースの受給要件や受給金額などについて説明します。

労働移動支援助成金の早期雇入れ支援コースとは?正規社員採用で活用しよう!

労働移動支援助成金の早期雇入れコースとは、離職を余儀なくされた求職者を早期に雇い入れる企業に対して支給される助成金です。早期雇入れコースとは、人材不足による倒産だけでなく、労働生産性の悪化により事業規模が縮小し、意図せず就業できなくなった労働者が増加しており、彼らを支援するために設けられた助成金です。労働移動支援助成金の早期雇入れ支援コースの受給要件や、助成される金額などについて説明します。

「面接の仕方」改善や見直しに役立つ6つのチェックポイント

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。