記事カテゴリー

「 中途採用 」一覧

ユースエールとは?認定企業になることのメリットについて

ユースエール認定制度とは、若年層の採用活動や育成活動を積極的に展開し、雇用状況が優良な中小企業に対して、厚生労働省が認定を行う制度です。ユースエール認定を受けると、ブランディングや採用活動に大きなメリットがあり、助成金や低利融資を受けることもできます。今回はユースエール認定制度の概要や認定を受けるメリットについてご紹介します。

テクニカルスキル(業務遂行能力)の種類や一覧、具体例とは?

現場で業務を行う人材が活躍するために必須なのが「テクニカルスキル」です。これは業務遂行能力や専門性の高さを示すものですが、一般に「狭く深い」スキルであるがゆえに汎用性がないと考えられることもあります。テクニカルスキルを人事評価の基準として設定するなら「業種・職種問わず活かせるテクニカルスキル」があることを知っておくべきです。汎用性の高いテクニカルスキルの種類や一覧、具体例を紹介しながら「テクニカルスキルを持つ人材をどう活用できるか」について説明します。

テクニカルスキル(業務遂行能力)とは?自社での業務遂行スキルを見極める

ビジネススキルの基本的な分類は「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」の3つがあり、特に現場で活躍する人材は「テクニカルスキル」を重視して起用するのが適しています。テクニカルスキルは業務遂行能力とも呼ばれ、専門性の高さを示すスキルです。専門性の高さだけを重視してしまうと、以前のやり方にこだわって自社で成果がでないなどの弊害が発生する可能性があります。どんなテクニカルスキルがあるかよりも、どのようにしてテクニカルスキルを身につけたかに着目することが重要です。「テクニカルスキル」を重視するメリットやデメリット、注意点について説明します。

中途採用でのクロージングのコツとは?内定承諾率を向上させよう

中途採用においても内定辞退を防ぐためのクロージング面談は非常に有効です。特に優秀な人材であればあるほど、多くの内定が出るため、内定辞退を防ぐ施策は重要性を増します。しかし、実際に中途採用においてクロージング面談を行っている企業は多くありません。中途採用でのクロージングのポイントは「一度は仕事を辞めていること」。このポイントに絞って、クロージングを行っていない企業と差別化を行い、中途採用における内定辞退を防ぎましょう。

内定クロージングの方法とは?内定辞退の理由から悩みを読み解く

売り手市場が加速し、新卒採用・中途採用のどちらであっても、内定辞退は大きな課題となっています。内定辞退に至る場合は、クロージングを行っていない、クロージングの内容に問題があるなどの原因があります。新卒採用・中途採用に共通する、内定辞退に至る理由と原因を読み解き、その解決策からクロージングの質を上げる方法を3つに絞って説明します。

中途採用が即戦力にならない?期待はずれになる理由や原因、対策とは

即戦力が求められがちな中途採用。スキルも十分にあるのに活躍することが出来ず、即戦力にならない、期待はずれであったという声も多く聞きます。中途採用者が即戦力にならなかったのには、必ず理由や原因があります。これらを紐解きながら、人事担当者ができる対策について説明します。

採用選考中の人事の悩みと解決策とは?面接後の辞退を防ぐ方法について

売り手市場かつ人手不足の現在、人事担当者の業務は増えるばかりで、悩みも尽きることはありません。母集団形成に難航するだけでなく働き方改革による自社制度の整備などで、1人あたりの採用選考に割ける時間も限られる一方で多種多様化する価値観や性格の見極めを正確に行わなければなりません。今回は採用選考中における人事の悩みとして、人材の見極めや面接後の選考辞退を発生させてしまう原因と解決方法について説明します。

人材採用募集活動の人事の悩みとは?理由と課題、解決方法について

売り手市場かつ労働者不足の現在、人材採用の募集活動を行ったとしても、求人に人が集まらない、集まっているが求める人物像とは違う人材が多いなど、人事の悩みは尽きることはありません。しかし人材採用の募集活動の悩みは、対策を打つことで一番効果が見えやすい課題でもあります。今回は母集団形成において人事の悩みとなっている、人材採用の募集活動における課題や課題が発生する理由、解決方法について説明します。

離職率と定着率の計算(算出)方法とは?自社の離職率の求め方を知ろう

従業員の離職に関する指標として、離職率(定着率)があります。企業にとって社員の離職は深刻な問題であり、自社の状況を把握するためにも離職率を計算することは大切です。厚生労働省が定める離職率(定着率)の意味や定義と計算方法、産業別の平均数字を紹介しながら、人事担当者・経営者として自社の離職率とどう向き合うべきかを説明します。