ステレオタイプの日本的な特徴とは?周囲に影響を受けやすいことを理解する

日本人の多くはステレオタイプに陥っている?

就職白書2018によると、企業が採用基準で重視する項目としては「人柄」や「自社/その企業への熱意」が挙げられています。学生がアピールする項目としては「アルバイト経験」や「所属クラブ・サークル」などが挙げられており、企業と学生が重視する項目にはギャップがあります。企業としては、学生がアピールする項目だけでなく、アピールしていない部分からも「人柄」や「自社/その企業への熱意」を読み取り、採用可否の判断を行う必要があります。

企業が採用基準で重視する項目と学生が面接等でアピールする項目

出典元『リクルートキャリア』就職白書2018

しかし、年々入社予定者への質的満足度は低下しています。「非常に満足」「どちらかというと満足」と答えた企業は53.1%と、半数近くの企業が満足のいく面接を行えていない、という結果になりました。

2018年卒の入社予定者への満足度
出典元『リクルートキャリア』就職白書2018

満足のいく面接が行えていない原因は、企業が重視している「人柄」や「自社/その企業への熱意」の評価が難しいことが考えられます。

人柄や熱意といった定性的な項目を評価する上では、ステレオタイプにはめ込まず、求職者一人ひとりの特性や性質を見極める必要があります。例えば「ハキハキと喋って声の大きい人」であれば「人柄」も「熱意」もあると判断してしまいがちです。ハキハキと喋ることも声の大きいこともあくまで態度であるだけで、「人柄が良い」ことや「自社に対して熱意のある」こととは無関係です。

人柄や熱意といった定性的な項目を評価する上では、ステレオタイプにはめ込まず、求職者一人ひとりの特性や性質を見極める必要があります。

今回は、日本における代表的なステレオタイプをご紹介します。

ステレオタイプの日本的な特徴とは?

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージ、という意味です。元々は社会学や政治学で主に用いられていた言葉でしたが、今ではビジネスシーンやプライベートの場などでの会話で使用されています。「型通りのイメージ」や「紋切り型の考え」のことを、イコール「ステレオタイプ」と表現することもあります。

日本語で使われている「ステレオタイプ」は、もともとは英語の「stereotype」が定着したものと言われています。古くは、印刷術で使用されていた「ステロ版」が語源で、「ステロ版の印刷物同様に、型抜きして作られたように同じ」という意味から生まれた言葉です。

固定観念や型通りのイメージといった意味でつかわれる「ステレオタイプ」は、すでに完成したもので新鮮味がない、という意味合いでも使われることがあります。過去にどこかで既に使われた考え方で新鮮さが感じられない、といった少しネガティブなニュアンスで「ステレオタイプ」ということもあります。

この言葉を最初に生み出したのは、米国のジャーナリスト、政治評論家であるウォルター・リップマン氏と言われています。20世紀、現代社会の基本的な仕組みが成り立ち始めたとき、メディアはなくてはならない存在となりました。新聞が提供するのは客観的なニュースだけではありません。日々生じる無数の事件や事故の中から、限られた紙面・限られた人員で掲載できるのはごく一部で、否応なく内容の取捨選択をする必要が生まれます。特に新聞は読者に読まれ、広告主に媒体としての価値を認めて投資をしてもらわないと事業として成り立たないため、その記事は受け手のイメージに合致したものとなる傾向があります。

リップマン氏は、取捨選択と記事の生産と消費が物事についてパターン化されたイメージ、すなわちステレオタイプが存在することで成り立つことを見抜きました。もともと活字印刷のための鉛の枠組みを意味したステレオタイプという技術用語を、彼は新たなマスコミュニケーション時代のキーワードとして流用したと言われています。

ステレオタイプの具体的な例について

最もわかりやすい身近なステレオタイプの例は「血液型」です。「O型はおおざっぱ」「A型は神経質」というようなイメージは日本では広く浸透していますが、実はこれらは日本人が持つ血液型に対する「ステレオタイプ」です。もちろん、A型であれば誰もがまじめで神経質かというとそうではなく、「ステレオタイプ」として定着している概念にすぎません。

日本のアニメーションは海外でも高い評価を得ていますが、その影響として「日本人はアニメが大好き」という「ステレオタイプ」を持つ外国人は少なくありません。「オタク」というイメージも「ステレオタイプ」のひとつといえるでしょう。

一方で「アメリカ人はジャンクフードが好き、社交的」などのイメージも、日本人に根強いステレオタイプです。日本国内でも、関西の人は明るく社交的だけどおせっかい、というように、地域による「ステレオタイプ」もあります。

職業によるステレオタイプも根強いものです。教師はまじめな人が多い、大学教授は変わり者、営業職は飲み会が多い、といったものが一例です。言うまでもなく、こうした考えはあくまでも固定観念・イメージにすぎず、実際には人によって全く異なるものです。

日本におけるステレオタイプのデメリットについて

日本人の多くは、周りの環境に影響を受けやすいと言われています。血液型を気にするところは、世界中に見ても日本人に特異な特徴と言われています。

日本は世界有数の地震大国です。自然災害から身を守り、被災した人たちを助け合う文化が根付いています。このような環境的な要因もあり、周りの環境に影響を受けやすくなったと考えられます。

仕事に対してもさまざまなステレオタイプがあります。たとえば、就活生が野球部やサッカー部など運動部の出身だと、面接官は「元気がある」「活発だ」というイメージを持ちやすいものです。新卒の採用時には、わずかな情報から個人を判断しがちです。そのため、ステレオタイプを多く持っている面接官が担当になると、合否に大きな影響をあたえてしまうこともあります。こういた面接官は、面接でステレオタイプと異なった印象がある人物に会うと、違和感を覚えてしまうでしょう。アルバイトでリーダーの経験があるからリーダーシップがあるだろう、女性だから営業職より事務職が向いているだろうなども同様のステレオタイプです。

「仕事の場では仕事のことだけ考え行動すればよい」という考え方では、残念ながら、効果的なチームワークを作ることはできません。部下の性格や考え方を知らなければ、相手に合わせた適切な指導をすることは困難でしょう。

介護など家庭の事情が仕事に影響する場合、上司が部下のそういったプライベートを何も知らなければ、部下からも言い出しにくいこともあります。部下が上司に、どの程度プライベートなことを伝えるか、もしくは知られてもいいと思っているかというのは、信頼のバロメーターであるとも言えます。もちろん、上司と部下本人が直接話しをして相手のことを知ることが一番好ましい状態ですが、まず上司は部下に対してステレオタイプの思い込みがないか点検することも必要です。

部下のことを知っていると思い込んでいる上司の多くは「イメージ先行型」です。「B型はマイペースだ」「九州出身の人は男尊女卑」「女性は機械が苦手」といった感じでしょうか。血液型はまったく科学的根拠はないし、他もそうしたイメージの傾向が強いといった程度の話です。しかし、まるで事実のように受けとめている「ステレオタイプ」は多くいます。

特にこれからの職場には、外国人やさまざまな年代の人材が増えてくることが予想されます。国籍や世代間に貼り付いたステレオタイプは、かなり強固なものなので、そういった思い込みに惑わされないよう「自分はステレオタイプに陥っている可能性がある」ことを自覚するところから始めてみましょう。

インドの人全員が数学が得意なわけではありませんし、アメリカ人すべてがフレンドリーなわけではないのです。

ステレオタイプが組織に与える影響を認識しよう

採用面接を効果的に行えない原因の一つとして、求職者を間違ったステレオタイプにはめ込んで評価してしまっている可能性があります。採用活動を効率的に行うためには、ある程度事前に定めた評価基準に沿って人材を評価する必要はあるものの、間違ったステレオタイプにはめ込んだ評価では求める人材を獲得することは難しいものです。

ステレオタイプに陥ってしまった評価は、不公平な評価や差別につながる危険性をはらんでいます。まずは、客観的な事実に基づいた、公平な評価を行うように心がけましょう。

資料ダウンロードフォーム

    「ミツカリ - 導入事例集」が無料でダウンロードできます

    ミツカリは採用活動における利用だけでなく、入社後のマネジメントにも利用できる適性検査として3,800社以上の企業に導入されています。サービスも5年以上の運用実績があり、効果検証に時間のかかる離職率改善等においても、多くの企業で成果を出しています。

    今回はミツカリを導入した企業における活用方法や導入後の効果について、代表的な7つの事例をまとめました。是非ダウンロードしてご参照ください。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ