記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

ダイバーシティーによる労働条件の多様化や採用活動での活用法とは?

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。ダイバーシティーを推進する際には、人材が抱える様々な事情に応じて労働条件を選べるようにすることで、会社全体の生産性の向上につながります。今回は企業におけるダイバーシティーの取り組みについて、採用シーンでの活用方法や採用後の多様な労働条件の決め方をご紹介します。

心理的安全性の論文の内容とは?エドモンソンの研究結果を読み解く

心理的安全性はGoogleの発表で注目を集めた言葉ですが、心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学のエイミー・エドモンソン教授です。エドモンソン教授の論文には、心理的安全性のメリットや高める方法が詳しく書かれています。今回は、心理的安全性の論文の内容について、重要な部分をピックアップしてご紹介します。

スキルマップの作り方とは?評価項目や評価基準の決め方について

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する際には、評価項目や評価基準を正しく設定しなければ、業務の質や社員のモチベーションを低下させてしまう恐れがあります。今回はスキルマップの作り方について、評価項目や評価基準、評価方法の決め方をご紹介します。

ダイバーシティーとは?意味や定義、企業にとってのメリットについて

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。企業でダイバーシティーを推進する際は、ダイバーシティーの意味や目的をよく理解した上で取り組むことで、企業にとってのメリットを最大化できます。今回はダイバーシティーの意味や目的について説明した上で、ダイバーシティーが企業に与えるメリットについてご紹介します。

職務適応性とは?仕事の向き・不向きが何故適性検査で分かるのか

職務適応検査とは、人材が職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、どれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応検査の結果から、人材の職務適応性に合った役職や業務を的確に与えることができれば、人材の定着率や仕事の生産性の大きな向上が期待できます。今回は、職務適応性の種類と、種類ごとの仕事の適性についてご紹介します。

心理的安全性を解明したGoogleのプロジェクト・アリストテレスとは?

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。Googleのプロジェクト・アリストテレスによる研究の結果、心理的安全性を高めることで、チームの労働生産性が大きく向上することが判明しました。今回は心理的安全性と労働生産性との関係について発表した、Googleのプロジェクト・アリストテレスの研究についてご紹介します。

スキルマップとは?スキルを可視化する目的とメリット・デメリット

スキルマップとは、在籍中の社員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップは、教育研修だけでなく人事評価やマネジメント、人材採用などの様々な人事業務に活用できます。今回はスキルマップの意味や目的、メリット・デメリットについてご紹介します。

ダイバーシティー&インクルージョンとは?多様な人材を活用しよう!

ダイバーシティー&インクルージョンとは「多様性を受け入れて活かし合おう」という意味の言葉です。ダイバーシティーとインクルージョンの違いを知り、並行して取り組むことで、自社の成長や人材不足の解決につながります。今回はダイバーシティー&インクルージョンの意味や企業のメリットについて、ダイバーシティーとインクルージョンの違いからご説明します。

アファーマティブアクションの現状とは?日本が遅れている理由

日本のアファーマティブアクションは、世界から見て非常に遅れています。日本のジェンダー・ギャップ(男女格差)指数は、世界全体で見ると非常に低いランクで推移しており、先進7ヵ国の中では最下位です。今回は日本のアファーマティブアクションが遅れている原因を、世界の指標と比べながらご説明します。