プロジェクト管理スキルとは?具体的にどんな能力が求められるのか

事業成功のカギとなるプロジェクト管理スキル

インターネットが普及して以降、市場に飛び交う情報の量は増大し、その速度も飛躍的に高まりました。これによってビジネスシーンが受けた影響は大きく、サービスは多様化し、そして新陳代謝も早くなりました。

近年のビジネスは、こうした背景を受けて柔軟性と多様化がキーワードとして挙げられます。複雑化する顧客ニーズに素早く対応するためには、新規事業の立ち上げ・定着を迅速に実現する必要があります。そこで重要になるのがプロジェクト管理スキルです。

プロジェクトとは、新規製品・サービスの開発などの顧客ニーズに応えるための事業計画です。発案から具体的な製品・サービスへと具体化し、それによって利益を生み出す仕組みづくりまでがその射程となります。

プロジェクトを成功させるために求められる要素はたくさんあります。市場における課題の発見・解決能力はもちろんのこと、目標達成までの行程の設計、チームをまとめあげ牽引するリーダーシップ、それらを実行するスキルなど、ビジネスにおける総合力がプロジェクト管理スキルと言えるでしょう。

この記事では、事業成功に絶対不可欠なプロジェクト管理スキルについて紹介します。

プロジェクト管理の目的とは?どんなスキルが必要なのか

プロジェクトは、企業が利益を出すための事業戦略です。立案から計画、実行までの全行程を具体的な行動に落とし込んで検討する必要があり、自社の製品やサービスを顧客に届け、利益を得ることを目的としています。

プロジェクト管理スキルは、事業の成功をうらなうものです。プロジェクト全体を俯瞰してみたとき、どこでどんな困難があり、何を解決せねばならないかを的確に抽出することが大切です。これができなければ柔軟かつスピーディーな顧客対応ができないだけでなく、新製品・サービスを世に出せたとしても赤字経営となるリスクさえあります。

プロジェクト管理は、事業の浸透だけでなく、企業の信頼性にも関わる重要性をもっています。

プロジェクト管理スキルを構成する4つの要素について

プロジェクト管理はビジネスにおける総合力です。

まず、プロジェクトの行程を確認してみましょう。

  1. 市場での課題発見
  2. 業務行程の設計
  3. プロジェクトチームの統率
  4. 製品・サービスのクオリティの検証

プロジェクトリーダーとなる人物はこれらを常に俯瞰し、客観的な視点で監督しなければなりません。

いま、「プロジェクト管理」に何が求められているか
出典元『中堅企業・中小企業における価値あるパッケージ導入の手引き』いま、「プロジェクト管理」に何が求められているか

プロジェクト管理は具体的なスキルとして理解し、それぞれに対してトレーニングすることで高めることが可能です。

問題(課題)発見能力

ハーバード大学のロバート・カッツは、マネジメントスキルは3つに分解され、そのなかでもマネジメント上層部になるほど「コンセプチュアルスキル」の重要度が増すと述べました。

カッツモデル
出典元『日本の人事部』2. マネジメント・管理職に求められるスキル

ビジネスにおいて事業を起こすには、対象としている市場で現在どんなニーズが拾いきれていないかを調べる調査能力が必要ですが、それだけではプロジェクトになりません。そのニーズの奥にある「なぜ求められているか」という抽象思考ができてはじめて具体的な製品・サービスの発案ができます。

分析力

問題(課題)発見能力と似た能力ですが、分析力は特にプロジェクトのメンテナンスで特に大切なスキルになります。プロジェクト発案のための問題(課題)発見能力が0を1にする思考力とすれば、ここで述べる分析力は1を10にする思考力と考えるのがわかりやすいかもしれません。

進行中の業務で不具合が生じたとき、想定とは違うリアクションが顧客から出たときなど、そこには必ず原因があります。原因を抽象レベルで捉え直すことで、柔軟に解決策を検討できるようになります。

業務行程の設計

全体を俯瞰し、抽象的なイメージを具体的な行動へ落とし込むスキルがポイントになります。

課題として抽出されたことに対する解決策は必ずしも1つではありません。たくさんある可能性のなかから効率の良いものを選び出し、何から順に手をつけるかを順序立てなければプロジェクトを動かすことはできません。

特に重要になるのが優先順位の決定です。タスクを緊急度と重要度の2軸で分類し、チーム全体が迷いなく行動に移せるための下地ができていれば、チームの生産性が飛躍的に向上します。

指導力

プロジェクトを行動に移すにおいて最も重要なのはチームの連携です。チームがうまく機能するためには、目的を共有し、チームメンバーがそれぞれに担当した業務を滞りなく進めていかなくてはいけません。業務上の困難だけでなく、意思疎通の不具合や、個人的な向き不向き、そしてチーム内の人間関係の影響も重要な要素として考えられます。

プロジェクト管理には、業務上の技術的な問題だけではなく、メンバーの感情やモチベーションのマネジメントも大切です。誰にどの業務を任せるか、どのような接し方をすればモチベーションを高められるか、メンバーそれぞれに柔軟に立ち回りって信頼を得る「人間力」とも言える力が、プロジェクトの成功には欠かせません。

プロジェクト管理スキルは「ビジネスの総合力」

プロジェクトは、企業が利益を出すための事業戦略です。立案から計画、実行までの全行程を具体的な行動に落とし込んで検討する必要があり、自社の製品やサービスを顧客に届け、利益を得ることを目的としています。これを成功させるためには、全体を俯瞰し、チームを牽引するプロジェクト管理スキルが不可欠です。

プロジェクト管理スキルは「ビジネスの総合力」です。課題発見や課題解決、分析力などの地頭の良さとも言えるスキルだけでなく、円滑に業務を進めてもらうためのコミュニケーションスキルなども重要になってきます。

プロジェクト管理スキルを見極めるためには、具体的なスキルに細分化し、どのようなスキルを兼ね備えているのか、一つ一つ確認していくことで、正確な見極めができるようになります。

資料ダウンロードフォーム

    「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

    企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
    それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ