記事カテゴリー

「 コミュニケーション 」一覧

ヒューマンスキルを構成する7つの能力一覧!具体例も交えて説明します

ビジネススキルの中でも会社内のどのポジションの人でも重要になるのが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルには人間関係を構築する「コミュニケーション力」、実務での応用が容易な「交渉力」、周囲の士気を高める「リーダーシップ」など更に細分化できます。将来マネジメントを任せられるか、人事評価に使うのはもちろんのこと、会社に馴染んでくれるかなどの観点から、採用選考にも活用できます。ヒューマンスキルを構成する7つの能力について、ビジネスシーンにおける具体例・活用例も提示しながら、説明します。

ヒューマンスキル(対人関係能力)とは?項目や種類を知ろう!

ビジネススキルのなかでも、どんな人材にも大切なものが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルは、主にコミュニケーションや教育で発揮される能力で、ヒューマンスキルが高い人材は専門性やキャリアにとらわれず、どんなポジンションでも活躍することが期待できます。具体的にはどのようなスキルなのでしょうか?この記事では「ヒューマンスキル」を構成する7種類の能力の項目を紹介し、人事業務に活用することでどのような効果が期待できるかを説明します。

採用したい人材の口説き方とは?テクニックやコツを理解しよう

自社に応募してくれた人材の中に「どうしても採用したい人材」がいる場合があります。優秀な人材は、多くの会社から内定を獲得できるため、入社してもらうためには、人材を口説くことが必要です。しかし「採用したい人材」は多くの内定先からも口説かれている可能性が高いです。人材の口説き方として、一般的にどのような口説き方が良いのか、他社との差別化を行うための口説き方などについて、3つのポイントに絞って説明します。

面接官の心得や心構えとは?態度や印象が、志望意欲に影響する

求職者は、面接官が若手や新人であろうと、会社の顔として入社後のイメージをわかせます。実際に、面接官の人柄や印象が悪くて入社したくないと思う求職者は非常に多く、面接官の対応が入社意欲に強い影響を与えています。しかし新人や若手面接官であれば、求職者を見極めることに注力しすぎて、面接官のあるべき姿を忘れてしまいがちです。新人や若手面接官が見落としがち、忘れがちな面接官の心得を5つ紹介します。

人事の適材適所を実現するメリットやデメリット、注意点とは?

「適材適所」とは、社員の適性や能力を評価し、その社員にふさわしい地位や職務に配置していくことです。適材適所の人事が実現できれば、モチベーションや従業員エンゲージメントだけでなく、定着率や労働生産性も向上し、会社としても従業員としても幸せですが、簡単にはできないのが問題点です。適材適所の人事配置を行うメリットやデメリット、実現するための注意点について説明します。

エンジニアの評価はどうやるの?各社の人事評価制度の導入事例について

売り手市場が加速するにつれて、エンジニアの人手不足も大きな課題となります。まずは自社のエンジニアに長く就業してもらうことが重要ですが、エンジニアが転職を考えるきっかけとして「正しく評価されていない」ことが理由として挙げられています。特に非エンジニアの人事担当者がエンジニアを正しく評価できるようになるために、エンジニア採用に注力されている企業の事例を紹介いたします。

性格と価値観の違いとは?適性検査を最大限活用するための知識について

性格や価値観といった言葉は、普段の生活だけでなく、ビジネスの場でもよく用いられています。性格と価値観は、抽象的な概念なため、同じ意味で使われることも多々ありますが、学術的な観点では、性格と価値観は違う概念であると定義されています。適性検査を最大限活用するためには、性格と価値観の違いや定義を知ることが重要です。心理学や社会学の観点から、会社の組織力強化に役立つ知識を、噛み砕いて説明します。

社内(インナー)コミュニケーション活性化とは?意味やメリットについて

働き方改革が話題になっている昨今、「社内のコミュニケーション活性化」に注目している企業は多くあります。社内(インナー)コミュニケーションは弾力ある組織作りと同時に、業績にも大きく影響します。ここでは、活性化するための基本のポイントについてご紹介します。