記事カテゴリー

「 コミュニケーション 」一覧

コンティンジェンシー理論とは?苦手な人への対応方法でリーダーシップがわかる

優秀なリーダーになるためには、取り巻く環境に応じて行動を変えることが必要です。条件適合理論のコンティンジェンシー理論では、苦手な同僚への対応の仕方によって、取るべきリーダーシップが変わることが説明されています。コンティンジェンシー理論が生まれた背景やその内容について説明します。

条件適合理論とは?状況に適応したリーダーシップを発揮する

条件適合理論は、現代でも通用するリーダーシップ論です。今までの研究はリーダーだけに着目していたのに対して、取り巻くビジネス環境や部下の能力なども考慮し、適したリーダーシップとは何かを研究した理論となります。それまでの研究である行動理論で追求できなかった「どんな仕事」を「どんな条件」で行うのかまでを考慮した理論です。条件適合理論が生まれた背景や条件適合理論の中でも代表的な理論の概要を説明します。

PM理論とは?リーダーシップの行動理論を具体例から考える

リーダーシップ研究の行動理論の一つに、日本発のPM理論があります。優れたリーダーの行動から優秀なリーダーの要因を追求する行動理論において、PM理論は「目標達成行動」と「集団維持行動」の2種類の行動に着目してリーダーを分類した理論です。PM理論が生まれた背景やその内容、企業組織における活用事例について説明します。

マネジリアル・グリッド理論とは?リーダーシップを行動例から探る

リーダーシップ研究の行動理論の一つにマネジリアル・グリッド理論があります。行動理論はリーダーの行動パターンから優秀なリーダーを分析する方法であり、リーダーのタイプが4つのみでしたが、マネジリアル・グリッド理論では81タイプに分類し、大きく5分類にまとめられています。マネジリアル・グリッド理論が生まれた背景や内容、マネジリアル・グリッド理論におけるリーダーシップについて説明します。

リーダーシップの行動理論とは?具体的な行動から優れたリーダーを探る

リーダーシップ研究は100年以上の歴史があり、行動理論は1940年代頃から研究された代表的な理論の一つです。リーダーシップはスキルであり、身につけられる能力であるが、その能力を追求するために、優秀なリーダーの行動に着目して要因を探ろうとしたものが行動理論です。何故行動理論が生まれたのか、行動理論のうち代表的な理論であるマネジリアル・グリッド論やPM理論の概要、行動理論の問題点について説明します。

リーダーシップ論とは?リーダーシップ理論の歴史や研究動向について

多くの企業が「リーダーシップのある人材」を求めていますが、リーダーシップとは何かについて具体的に説明できる人は多くありません。現代のリーダーシップ理論は1900年代から研究が始まり、様々な仮説検証が行われながら、社会背景に合ったリーダーシップ論が研究されています。今回は現代のリーダーシップ理論の歴史や研究内容、各理論で何が課題であったのかについて説明します。

社内ルールを守らない人に対して会社が取るべき対応や施策とは

社内ルールを作ったとしても、従業員に守ってもらえなければ意味がありません。社内ルールが守られない理由として「そもそも従業員に認知されていない」「現場の業務が反映されていない」など様々な理由が考えられます。今回は社内ルールが守られない理由と社内ルールを守らない従業員がいる場合に会社が取るべき施策について説明します。

リーダーシップとは?意味や良い・悪いリーダーを決める要因と具体例

企業にとって魅力的なのが「リーダーシップがある人材」です。会社で働いてもらうならば長期的に会社利益を出してくれる人材が望ましく、部署や会社全体に良い影響を与えるには「リーダーシップ」を発揮できる人材が不可欠となります。しかし、「リーダーシップ」という言葉は広く、頻繁に使用されているにもかかわらずいくつかの誤解を持ったまま認識している人も多くいます。今回はリーダーシップとはそもそも何か、どんな誤解があるのかなどについて説明しますので、リーダーシップの重要性を再認識してみましょう。

社内ルールの例とは?無駄なルールをなくし、良いルール作りを目指そう

社内ルールは多ければ多いほど良いものではなく、良い社内ルールや悪い社内ルールなど様々あります。良い社内ルールは労働生産性の向上や従業員エンゲージメントの向上に繋がりますが、悪い社内ルールは逆の効果が生まれます。今回は社内ルールの様々な事例から、何故良かったのか、何故悪かったのかの共通点について説明します。

社内ルールの作り方や決め方とは?ガイドラインや社内規定を明文化しよう

社内ルールは業務の効率化などにも貢献しますが、多ければ多いほどいいものではなく、明確な目的を持って社内ルールを設けることが大切です。社内ルールの作り方とは、何に注意してルールを設けるかを明確にすることです。新しく社内ルールを設ける場合、既存の社内ルールを見直す場合にともに重要です。今回は自社の社内ルールを見直すために、社内ルールの作り方や注意点について説明します。