適材適所な人材配置のやり方とは?スキル・価値観・職場を見極めよう

適材適所な人材配置がもたらす効果とは?

適材適所の人材配置が実現できれば、様々な効果が得られます。

例えば、労働生産性の向上やモチベーションやエンゲージメントの向上が挙げられます。適性がある人が仕事を行うため、短時間で同等の業務を行うことが可能になるためです。結果、定着率の向上(離職率の低下)にもつながります。

「適材適所」とは、社員の適性や能力を評価し、その社員にふさわしい地位や職務に配置していくことです。適材適所の人事が実現できれば、モチベーションや従業員エンゲージメントだけでなく、定着率や労働生産性も向上し、会社としても従業員としても幸せですが、簡単にはできないのが問題点です。適材適所の人事配置を行うメリットやデメリット...

では、この適材適所を実現するためには、必要なことについて説明していきます。

適材適所の実現のために必要なこととは何?

適材適所を実現するためには、配置する人材である適材のこと、配置する場所である適所のことについて、理解する必要があります。

1.社員のスキルの見極め

社員がどのようなスキルを持っているのかをきちんと把握することが大切です。また、すでに持ち合わせているスキルだけでなく、どのようなことが得意なのか、適性についても見極めることが重要です。

また仕事だけでなく、プライベートの趣味や特技でも適性をみることができます。すべてが仕事に活かせるスキルであるとは限りませんが、自社の仕事をするうえで、業務に応用できるスキルがあるかどうかを見極めることができれば、より仕事をスムーズに遂行できると考えられます。

スキルの見極めをするためには、人事評価制度を整備し、正しく運用することが求められます。人事評価制度が曖昧で、評価者によって判断が違ってしまうようであれば、スキルの見極めも正しく行えないでしょう。

社員のスキルを見極めながら、人事配置にも応用できるような、客観的な人事評価制度を確立させることが大切です。

一言でビジネススキルと説明しても、思い浮かべるスキルは様々あります。PCスキルといった専門的なスキルから、ビジネスマナーなどの社会人全般におけるスキル、管理者に求められるマネジメントスキルなどがあります。人材採用や人事考課でスキルを用いる際には、スキルの種類や分類を明確にして、具体的なスキルを明確にすることが大切です。...

2.社員の価値観の見極め

社員のスキルと同様に、社員がどんな価値観や志向を持っているのかもきちんと把握していくことが求められます。

何を実現したく働いているのか、またどういう働き方を希望しているのか等、1人1人が仕事において持っている価値観は異なります。社員1人1人と向き合って価値観を理解し、その志向と、職場が持っているカルチャーがあうのか、そのすり合わせが大切になってきます。

現在様々な企業がタレントマネジメント管理ツールやシステム等を提供しています。社員1人1人がどんなスキルをもっていて、どうなりたいと思っているのか等の情報を人事部が管理していくことが、人材不足により採用が苦戦する今後において、急速に求められていくと予想されています。

社員の現在持っているスキルだけでなく価値観や今後どうなりたいのか、働き方などを考えたうえでの人事配置を推進していくことが極めて重要です。

仕事に対する価値観を理解しておくことは、採用活動やマネジメントにおいて非常に重要です。仕事の価値観の違いは、同じ発言に対する意味の捉え方が変わってしまい「人間関係がうまくいかない」「上司の仕事の仕方が気に入らない」などのミスマッチを引き起こします。仕事の価値観は「人生におけるステージ」や「譲れない優先順位」などから、人...

3.職場で必要なこと

配属される職場で必要なことは、それぞれの「場」(部署、役割、ポジション)において、必要なスキル、知識、経験などを明確にすることです。

社員の能力や価値観の整理や管理ができたとしても、それを発揮できる場がなければ適材適所は実現できません。その職場であればどんなことができるのか、どんなスキルが習得できるのか。部署だけでなく、役職などの任せたい役割、ポジション1つ1つを明確化する必要があります。

そこまでできたら、人事配置を検討します。例えば、ある社員は仕事の成績も優秀で、時期マネージャー候補として期待されているのですが、本人のスキルにマネジメント能力の素質がなく本人の価値観も人を育てることに対し希望がないのであれば、マネージャーポジションではなくスペシャリストとして現場に配置する必要があります。またはジェネラリスト志向の人物であれば、積極的に他部署に配属して様々なことを挑戦させるといった人事配置も考えられるでしょう。

このように年次やスキルだけの人事配置ではなく、本人のやりたいことや適性、価値観等を総合的に鑑みて人事配置を考えていくことが重要です。

採用だけでなく、配属先を決める業務も人事担当者には重要かつ難しい業務の一つです。人手不足である部署を新入社員が希望していない、希望している部署が適切だとは思えない場合にはどのように判断すべきでしょうか?配属の負担を減らし、客観的な判断材料ができる配属の決め方としてカルチャーフィット配属があります。近年のカルチャーフィッ...

適材適所の実現のためには

適材適所の人材配置は非常に難しい問題です。優秀な人材、成果を出している人材を手放したくないと部署で抱え込もうとすることは少なくありません。

ですが、本記事で取り上げた「社員のスキルの見極め」「社員の価値観の見極め」「職場で必要なこと」一つ一つ解決していけば、必ず適材適所は実現できるはずです。まずは、取り組みやすいものから自社に取り組んでみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ