世界で熱いHRテック系スタートアップ125社!エグジット部門【2016年版】

※この記事は2016年3月29日時点の情報から作成しています。

世界で今熱いHRテック系スタートアップとは?

CB Insights のブログ記事で、125社のHRテック系スタートアップを網羅したマップが
発表されていました。

”From unicorns like Gusto and Zenefits, to early-stage startups improving employee productivity and recruiting, HR tech is a hot category.”

和訳:「GustoやZenefitsのようなユニコーン社から早期段階にあるスタートアップまで、
社員の生産性やリクルーティングを改善しているHR テックは今アツい

9ブロックに分けて紹介されている、今アツい全125社のHRテック系スタートアップを
概要を添えて簡単に紹介していきたいと思います。
(任意による多少のズレはありますが、なるべくカテゴリー別に分けました)

類似したカテゴリーごとに、複数の記事でご紹介します。

  1. 「リクルーティングマーケットプレイス&検索プラットフォーム」部門&
    「リクルーティング・採用ツール」部門
  2. 「保険、福利厚生、人事管理」部門&
    「カルチャー・生産性」部門&
    「オペレーション・マネジメント」部門
  3. 「アルバイト・フリーランサー」部門
  4. 「エグジット」部門(この記事です)

『エグジット』部門

『エグジット』部門
  1. workday(設立:2005、NYSE:WDAY)
    SaaSベースの給与・経理・人事管理ツール。
  2. indeed(設立:2004、調達額:500万ドル)
    50カ国28言語で使われている世界最大のジョブ検索エンジン。
    リクルートに買収される。
  3. paylocity(設立:1997、調達額:1000万ドル, NASDAQ)
    給与システム、福利厚生、人事管理、スケジュール管理、タレントマネジメント全てが
    一つのプラットフォームで可能。
  4. Cornerstone OnDemand(設立:1999, NASDAQ)
    SaaSベースのリクルート及びタレントマネジメントツール。
  5. bswift(設立:1996、調達額:5100万ドル)
    健康保険、福利厚生、給与、従業員管理のツール。
    Aetnaに買収される。
  6. PayChoice(設立:2010、調達額:非公表)
    オンラインでの給与管理プラットフォーム。
  7. Bright.com(設立:2011、調達額:2000万ドル)
    AIを使ったジョブ検索エンジン。
    2014年にLinkedInに買収される。
  8. PayScale(設立:2002、調達額:3339万ドル)
    様々な経験、スキル、業種別に妥当な給与明細を表示してくれるデータベース。
    2014年にWarburg Pincusに買収される。
  9. upwork(設立:2005、調達額:7400万ドル)
    ウェブ関連のフリーランサーのためのタレントマーケットプレイス。
    Elanceを買収。
  10. Rypple(設立:2008、調達額:1300万)
    社員のパフォーマンスや評価を管理するサービス。
    2011年にSalesforceに買収される。
資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ