記事カテゴリー

「 人事評価 」一覧

MBO OKR 傾向 誤差 企画・設計 人事考課

期末誤差とは?長期間の働きぶりで人事評価を行う場合に注意すべきこと

期末誤差とは、評価決定に近い時期の働きぶりを重視してしまう心理的偏向の一種です。期末誤差は評価期間初期のことを忘れてしまうことで発生し、評価期間が長いほど発生しやすい特徴があります。期末誤差を防ぐためには、定期的に記録をつける方法が有効です。今回は期末誤差について説明します。

厳格化傾向とは?人事評価が厳しいと引き起こるデメリットについて

厳格化傾向とは、意識的・無意識的に低評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。これは評価者が完璧主義者だったり、教育熱心なあまり「厳しくしないと部下が育たない」という考えを持って評価した時に陥りがちという特徴があります。今回は厳格化傾向について説明します。

中心化傾向が起きる原因や対策方法とは?人事評価の項目を見直そう

中心化傾向とは、意識的・無意識的に中央値に寄った評価ばかりしてしまう心理的偏向のことです。中心化傾向は自己主張に抵抗感をもち、いわゆる「事なかれ主義」が浸透した日本で特に起こりやすい評価傾向ともいわれています。今回は中心化傾向が起きる原因や対策方法について説明します。

寛大化傾向・中心化傾向・厳格化傾向の共通点や違いとは?

公正公平の人事評価制度は、フレキシブルな人材起用の実現には欠かせません。現在のビジネスシーンではサービスや働き方の多様化が発生しており、対応していける会社体制を整えることは中長期的な人材戦略としてマストなものとなっています。しかし、せっかくの人事評価制度も上手く運用できなければ意味がありません。この記事では人事評価制度運用の問題点である寛大化傾向や中心化傾向、厳格化傾向について解説します。

寛大化傾向が起きる原因や対策方法とは?主観評価から脱却しよう

寛大化傾向とは、意識的・無意識的に高評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。寛大化傾向によって人事評価制度の崩壊を招き、従業員全員のモチベーション低下をさせてしまう可能性もあり、何故寛大化傾向が起きるのか、対策方法はあるのかを知っておくことが大切です。今回は寛大化傾向が起きる原因や対策方法について説明します。

寛大化傾向とは?人事評価が高すぎることも不公平な評価となる

寛大化傾向とは、意識的・無意識的に高評価ばかりしてしまう心理的偏向の一種です。低い評価をつけてしまうことへの負い目や甘さから、評価者全員に対して高い評価を行ってしまうことですが、人事評価制度の崩壊を招き、従業員全員のモチベーション低下をさせてしまう可能性もあります。今回は寛大化傾向について説明します。

WOOPの法則とは?従業員の目標達成率をアップさせる法則について

WOOPの法則とは、目標の設定から達成までを4つのステップに分解し、目標達成を円滑にするための手法です。その場しのぎの目標ではなく、適切な目標を設定して達成することが個々の従業員の成長に繋がり、最終的に組織の成長へと繋がります。適切な目標を設定し、達成させるためのWOOPの法則について説明します。

OKRの導入企業事例とは?自社の抱える課題ごとに参考にしよう

OKRとは「Objectives and Key Results」の略である目標管理方法のことです。OKRは会社のビジョンの共有や明確な目標設定によって社員のモチベーションアップや生産性向上につながります。OKRにおける目標設定や達成度管理の最適な方法は、企業の現状や抱えている課題によって異なります。今回はOKRを導入し、成功した企業事例について紹介します。

OKRの目標設定方法とは?運用における注意点についてもご紹介します

OKRとは「Objectives and Key Results」の略である目標管理方法のことです。OKRは会社のビジョンの共有や明確な目標設定によって社員のモチベーションアップや生産性向上につながります。OKRでの目標設定は多くても5個程度にし、現状より一段階高い目標にする、達成可能な目標にするなど、適切な目標設定を行うことが大切です。今回はOKRにおける目標設定方法について説明します。