記事カテゴリー

「 HRテクノロジー 」一覧

ピープルアナリティクスとは?意味や歴史、採用活動での活用事例

人にまつわる問題を解決する手法として「ピープルアナリティクス」が注目されています。ピープルアナリティクスは比較的新しい概念かつ急速に発展している分野であるため、今後より人にまつわる問題の多くが解決できる可能性を示唆しています。自社の業務にて人にまつわる問題を解決するためには、ピープルアナリティクスが非常に有用であることがあります。今回はピープルアナリティクスの概要や歴史、必要な知識や実践方法などについて紹介いたします。

今注目の海外HRテックサービス10選【2018年版】

日本のHRテック市場は毎年140%規模で成長しています。2018年度の日本の市場規模は225.4億円の予測ですが、海外の市場規模は42.5兆円と、日本の市場規模はまだまだ小さいものです。2018年以降のHRテックは「労働生産性の向上」を目的としたサービスが増えるだろうとの予測もあります。今回は2018年8月時に、CBInsightsが発表している最新のトレンドカンパニーランキングから、上位10社のサービスを紹介します。

HRテクノロジーの意味や定義とは?〜HR technology入門編〜

HRとはHuman Resourceの頭文字の略称で、日本語では人事領域のことを意味しています。HRテクノロジーとは、人事領域の課題を統計学や社会学などの基礎知識を活かしたテクノロジーを使って解決することを意味しています。HRテクノロジーは、専門技術に明るくない人事担当者の方にも簡単に使ってもらえるように、人事の広範囲にわたる業務を助けてくれるサービスが多数あります。今回はHRテクノロジーが生まれた背景や2016年の市場規模、人事担当者としての付き合い方について説明します。

注目されるアメリカのHRテック(HR Tech)サービス10選【2017年版】

HRとは「Human Resource」の頭文字で、日本語では人事を意味しています。HRテックとは、人事における課題をテクノロジーを駆使して解決することを指しています。HRテックサービスは近年急激に成長しており、2016年時点でのアメリカでのHRテック市場は1兆3000億円と日本の100倍以上の盛り上がりを見せています。今回は未上場かつM&Aされていないスタートアップ・ベンチャー企業に絞って、会社が伸びる可能性と成長スピードから上位10サービスをランキング形式で紹介します。

世界で熱いHRテック系スタートアップ125社!マネジメント部門【2016年版】

CB Insightsにて公開された2016年3月29日のブログ記事で全125社のHRテック系スタートアップを網羅したマップが紹介されました。 この記事では「保険、福利厚生、人事管理」「カルチャー・生産性」「オペレーション・マネジメント」に絞って、 サービスの概要を紹介します。

世界で熱いHRテック系スタートアップ125社!リクルーティング部門【2016年版】

CB Insightsにて公開された2016年3月29日のブログ記事で全125社のHRテック系スタートアップを網羅したマップが紹介されました。 この記事では「リクルーティングマーケットプレイス&検索プラットフォーム」と「リクルーティング・採用ツール」分野の サービスの概要を紹介します。