記事カテゴリー
  • mitsucari適性検査の使い方 (20)
  • 人材 (51)
  • 企画・設計 (18)
  • 働き方改革 (33)
  • 助成金 (29)
  • 採用 (65)
  • 教育・研修 (19)
  • 母集団形成 (35)
  • 組織マネジメント (88)
  • 離職・定着 (26)
  • 「 性格診断 」一覧

    性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

    採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。

    性格検査を採用の現場で活かす方法とは?適性検査の種類を知る

    適性検査の一つである性格検査とは、曖昧で抽象的な概念である性格や価値観を、客観的かつ具体的に明示化してくれる検査です。しかし性格検査は分析を行うのみで、人事業務へ具体的にどのようにして応用していけばよいのかについては、利用者に委ねられ、有効活用できていないことも多々あります。今回は性格検査とは何か、自社ならではの形で活用するための方法やメリットについて説明します。

    性格とは一体なに?心理学分野における定義や知見を説明します

    人間を表す言葉として使われる「性格」や「価値観」という言葉。目に見えない抽象的な概念のため、混合して認識されている方も多いのではないでしょうか。今回は性格とは一体何なのか、価値観とはどのように違うのかについて説明します。性格は世界70カ国以上の人々のデータがちくされ、心理学の学術研究として、多くの研究が行われ、様々な知見が得られています。人事担当者として、どのような知見があるのか知っておきたい内容についても併せて説明します。

    性格と価値観の違いとは?適性検査を最大限活用するための知識について

    性格や価値観といった言葉は、普段の生活だけでなく、ビジネスの場でもよく用いられています。性格と価値観は、抽象的な概念なため、同じ意味で使われることも多々ありますが、学術的な観点では、性格と価値観は違う概念であると定義されています。適性検査を最大限活用するためには、性格と価値観の違いや定義を知ることが重要です。心理学や社会学の観点から、会社の組織力強化に役立つ知識を、噛み砕いて説明します。

    応募者の志向性とは?採用面接で見極める意味について

    挑戦志向や安定志向など「応募者の志向性」という採用選考時によく使われる言葉があります。応募者の志向性は、定義や活用方法について不明瞭な方も多いのではないでしょうか。キャリア理論から選考・配属に活かす方法など、人事の武器になる「志向性」について説明致します。

    マインドセットの意味や定義、成功者の傾向とは?採用や教育に活かす方法

    マインドセットは「ものの見方や考え方を指す」行動原理や価値観のことです。成功する秘訣はマインドセットにあると言っても過言ではありません。しかし成功するマインドセットは、会社ごとに違うだけでなく、部署やチームごとによっても異なります。自社の成長につなげるために、採用選考や教育研修、配属に活かせるマインドセットの特徴や見抜き方について、説明します。

    適性検査(性格検査)を実施する目的とは?パーソナリティを理解しよう!

    採用選考でもよく使われているパーソナリティーを測る適性検査(性格検査)は、抽象的な概念である性格や価値観を可視化できます。適性検査の生まれた歴史を紐解くと、適性検査はあくまで「どんな性格や価値観を持っているのか」の違いを分類するために作られており、スクリーニングなどで「優劣をつける」ことが目的ではありません。そのため適性検査は、スクリーニングよりもカルチャーフィット判定のほうが得意なツールです。適性検査が生まれた背景やビジネスシーンへの応用方法、適性検査を使う上での注意点について説明します。

    自己評価が高い人はリーダーに向いている!中核的自己評価について

    核心的自己評価とは、人材の育成しにくい部分であり「より難しい課題を自ら選ぶ」「自分はやればできる」などの肯定的な態度を無意識に持ち合わせることを意味しています。核心的自己評価は「自尊心」「自己自制感」「神経症傾向」から成り立ち、核心的自己評価が高い人材は、仕事での満足感やパフォーマンスも高いことが近年の研究で分かりました。今回は人材の育成しにくい部分であり、採用選考時に見極めたい概念である「核心的自己評価」について説明します。