記事カテゴリー

「 性格診断 」一覧

ビッグファイブの協調性とは?他の社員とのポジションを明確にする!

ビッグファイブの協調性とは、自分のことではなく相手のことを思いやる力のことです。他人の心にどれだけ関心があるかを意味しています。日本企業では、協調性が高い人材=良い人材と考えられがちですが、得意・不得意があるだけで、必ずしも良い人材であるとは限りません。今回は協調性の特徴や、協調性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの外向性とは?性格や特徴を活かして採用しよう!

ビッグファイブの外向性とは、社交性や明るさなどの特徴を含んだ性格です。一般的に外向性の高い人は、面接などで良い印象を与えやすいですが、外向性が低い人はスペシャリストなどの専門職に向いているため、ハロー効果に陥らずに客観的に理解することが大切です。今回は外向性の特徴や外向性が高い・低い人に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの誠実性とは?仕事の成果との関係が最も強い要素

ビッグファイブの誠実性とは、勤勉性や真面目さとも呼ばれ、自己コントロール力の高さを示すものです。誠実性は、ビッグファイブの5要因のうち、仕事の成果との関係が最も強いものとされています。今回は誠実性の特徴や、誠実性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの開放性とは?高い人の特徴や適した業務を知ろう!

ビッグファイブ理論の開放性とは、チャレンジ力や好奇心などとも呼ばれる要素です。開放性が高い人は独創的な発想を持つ人材であり、開放性が低い人は手堅い選択を好む傾向にあります。今回はビッグファイブ理論の開放性や特徴、適した仕事や業務内容について説明します。

ビッグ・ファイブ理論の5要素とは?人の性格を理解しよう!

「ビッグ・ファイブ理論」とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は人の性格を5つの要素に分け、各要素の程度によって人の性格を分類する理論です。今回はビッグファイブ理論の5つの要素とは何か、各要素の特徴について説明します。

ビッグ・ファイブ理論とは?人の性格は5つの要因のみで説明できる!

ビッグ・ファイブ理論とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は、タイプ分けで識別する類型論ではなく、各要素の得点から傾向を認識する特性論です。今回はビッグファイブ理論とは何か、どのように理解すべきか、ビッグファイブ理論を用いた心理学研究の一例について説明します。

性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。

性格検査を採用の現場で活かす方法とは?適性検査の種類を知る

適性検査の一つである性格検査とは、曖昧で抽象的な概念である性格や価値観を、客観的かつ具体的に明示化してくれる検査です。しかし性格検査は分析を行うのみで、人事業務へ具体的にどのようにして応用していけばよいのかについては、利用者に委ねられ、有効活用できていないことも多々あります。今回は性格検査とは何か、自社ならではの形で活用するための方法やメリットについて説明します。

性格とは?心理学分野での性格の定義や要素、種類には何があるのか?

人間を表す言葉として使われる「性格」や「価値観」という言葉。目に見えない抽象的な概念のため、混合して認識されている方も多いのではないでしょうか。今回は性格とは一体何なのか、価値観とはどのように違うのかについて説明します。性格は世界70カ国以上の人々のデータがちくされ、心理学の学術研究として、多くの研究が行われ、様々な知見が得られています。人事担当者として、どのような知見があるのか知っておきたい内容についても併せて説明します。

性格と価値観の違いとは?適性検査を最大限活用するための知識について

性格や価値観といった言葉は、普段の生活だけでなく、ビジネスの場でもよく用いられています。性格と価値観は、抽象的な概念なため、同じ意味で使われることも多々ありますが、学術的な観点では、性格と価値観は違う概念であると定義されています。適性検査を最大限活用するためには、性格と価値観の違いや定義を知ることが重要です。心理学や社会学の観点から、会社の組織力強化に役立つ知識を、噛み砕いて説明します。