記事カテゴリー

「 性格診断 」一覧

組織適応性とは?言葉の意味や目的、人事業務における活用方法について

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを示す指標です。組織適応性の高い人材が集まっている会社では、定着率の向上や早期離職の防止だけでなく、生産性の向上や社員同士のコミュニケーションの活発化が期待できます。今回は組織適応性の意味や目的、人事業務に活用するメリットや活用しない場合のデメリットをご紹介します。

職務適応検査とは?職務適応性で異なる仕事の向き・不向きについて

職務適応検査とは、人材が職務をスムーズに遂行するために必要な知識や技術を、どれだけ速く身に付けられるかを測る検査です。職務適応検査の結果から、人材の職務適応性に合った役職や業務を的確に与えることができれば、人材の定着率や仕事の生産性の大きな向上が期待できます。今回は、職務適応性の種類と、種類ごとの仕事の適性についてご紹介します。

ビッグファイブの神経症傾向とは?ストレス耐性に影響を与える!

ビッグファイブの神経症傾向とは、ネガティブなことへの感情の反応を示すもので、ストレス耐性にも大きな影響を与えています。神経症傾向が低い人材=ストレス耐性が強い人材=優秀な人材と考えられがちですが、得手不得手があることを理解することが大切です。今回は神経症傾向の特徴や、神経症傾向が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの協調性とは?他の社員とのポジションを明確にする!

ビッグファイブの協調性とは、自分のことではなく相手のことを思いやる力のことです。他人の心にどれだけ関心があるかを意味しています。日本企業では、協調性が高い人材=良い人材と考えられがちですが、得意・不得意があるだけで、必ずしも良い人材であるとは限りません。今回は協調性の特徴や、協調性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの外向性とは?性格や特徴を活かして採用しよう!

ビッグファイブの外向性とは、社交性や明るさなどの特徴を含んだ性格です。一般的に外向性の高い人は、面接などで良い印象を与えやすいですが、外向性が低い人はスペシャリストなどの専門職に向いているため、ハロー効果に陥らずに客観的に理解することが大切です。今回は外向性の特徴や外向性が高い・低い人に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの誠実性とは?仕事の成果との関係が最も強い要素

ビッグファイブの誠実性とは、勤勉性や真面目さとも呼ばれ、自己コントロール力の高さを示すものです。誠実性は、ビッグファイブの5要因のうち、仕事の成果との関係が最も強いものとされています。今回は誠実性の特徴や、誠実性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの開放性とは?高い人の特徴や適した業務を知ろう!

ビッグファイブ理論の開放性とは、チャレンジ力や好奇心などとも呼ばれる要素です。開放性が高い人は独創的な発想を持つ人材であり、開放性が低い人は手堅い選択を好む傾向にあります。今回はビッグファイブ理論の開放性や特徴、適した仕事や業務内容について説明します。

ビッグ・ファイブ理論の5要素とは?人の性格を理解しよう!

「ビッグ・ファイブ理論」とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は人の性格を5つの要素に分け、各要素の程度によって人の性格を分類する理論です。今回はビッグファイブ理論の5つの要素とは何か、各要素の特徴について説明します。

ビッグ・ファイブ理論とは?人の性格は5つの要因のみで説明できる!

ビッグ・ファイブ理論とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は、タイプ分けで識別する類型論ではなく、各要素の得点から傾向を認識する特性論です。今回はビッグファイブ理論とは何か、どのように理解すべきか、ビッグファイブ理論を用いた心理学研究の一例について説明します。

性格検査の種類とは?3種類の特徴を理解して活用しよう!

採用選考などで用いられる性格検査には、主に3種類の手法に分類ができます。3種類それぞれの手法には、検査時間や結果の信頼性、検査者の熟練度などに違いがあり、メリット・デメリットを理解した上で自社で活用する方法を考えることが重要です。今回は性格検査の種類と、それぞれの手法の特徴について説明します。