記事カテゴリー

「 内定辞退 」一覧

圧迫面接の意味や目的、いますぐ辞めるべき3つの理由とは?

圧迫面接とは、新卒採用・中途採用共に「クレームや要望への対応スキル、ストレス耐性」を見極めるために、わざと意地悪いな質問や威圧的な態度をとる面接手法です。現在は適性検査などで客観的かつ具体的にストレス耐性を見極めることが可能になったため、圧迫面接で発生するリスクである母集団形成や業績への悪影響について考えることが大切です。今回は圧迫面接を実施する目的や現状、想定されるリスクや圧迫面接の代替手段について説明します。

「オヤカク」の効果的な対策とは?親の悩みや求めるポイントを理解しよう!

「オヤカク」とは、内定を出した学生に対して、企業が「当社への入社を親は承諾しているか」を確認する、または企業が内定学生の親に直接連絡を取って説明・確認する行為のことです。オヤカクが必要だと考える企業・親が増加する一方で、オヤカクに対して良い印象を持っていない人や親が希望する施策と企業が必要だと考える施策にギャップがあるなどの課題があるのも現状です。今回は効果的なオヤカク施策を実施するために、親が希望する内容やギャップ、具体的な対策例について説明します。

「オヤカク」とは?内定者フォローとしてオヤカクの対応は必要なのか?

オヤカクとは、企業が内定予定者の親に対して、内定承諾の確認を行うことです。オヤカクが求められるようになった背景として、少子化などで親が進路に慣用する機会が多くなったことや大手企業が安泰ではなくなったこと、ブラック企業問題の表面化などが挙げられます。今回はオヤカクが求められるようになった背景や実態、施策内容やポイントについて説明します。

採用業務の効率化と内定率UPを両立する3つのポイントとは

採用業務の効率化は、人事担当者にとって重大な課題となっています。売り手市場が続くことで「以前と同じやり方では人材確保が厳しい」だけでなく、働き方改革の推進により「就労環境や人事制度の整備」などへの対応も求められています。採用における課題として約7割の人事担当者が「マンパワーが課題である」と挙げています。売り手市場で人事担当者を採用するのも難しくなる中、採用業務を効率化させながら内定辞退率を低下させる3つのポイントについて説明します。

採用通知書に記載すべき内容とは?テンプレートから具体例を紹介!

採用通知書とは、応募者が内定者になることを通知する書面であり、内定者として初めての接点となる手段です。採用通知書は事務的な手続きと考えられがちですが、内定者フォローの第一歩であると考えると、非常に影響力の多い手法です。売り手市場によって、内定獲得数も増加しており、優秀な人材であればあるほど、自社を選んでもらうための取り組みは重要です。今回は採用通知書のテンプレートから、記載すべき内容や具体例について説明します。

なぜ採用通知書が必要なのか?目的や内容、送付時期とは?

採用通知書は、採用選考の合否を通知する事務的な手続きとして考えられがちですが、内定者との1回目の接点となる連絡です。優秀な人材を確保するためには、採用選考で人材を選ぶ視点だけでなく、優秀な人材から自社を選んでもらうという内定者フォローとしての視点が非常に重要です。口頭での採用通知だけでは不安に思う求職者も多いため、書面やメールなどで、確認できる形で採用通知を行うことが重要です。今回は採用通知書の目的や記載すべき内容、送付時期について説明します。

応募者の志望度を上げる”採用選考プロセス”のポイントとは?

説明会や求人に応募した時点で、ある程度の志望度は期待できます。しかし、内定が出る即ち入社するほど志望度が高い応募者は多くおらず、自社に興味がある程度の志望度であることが多いです。人事担当者として重要になるポイントとして「応募者の志望度を選考プロセスでどう高めるか」になります。具体的に応募者の志望度を上げるための工夫やポイントについて、それぞれの選考フェーズなどに沿って説明します。

どうしても採用したい!人材の口説き方3つのポイントとは?

自社に応募してくれた人材の中に「どうしても採用したい人材」がいる場合があります。優秀な人材は、多くの会社から内定を獲得できるため、入社してもらうためには、人材を口説くことが必要です。しかし「採用したい人材」は多くの内定先からも口説かれている可能性が高いです。人材の口説き方として、一般的にどのような口説き方が良いのか、他社との差別化を行うための口説き方などについて、3つのポイントに絞って説明します。

中途採用ならではのクロージングのコツとは?一度は仕事を辞めている

中途採用においても内定辞退を防ぐためのクロージング面談は非常に有効です。特に優秀な人材であればあるほど、多くの内定が出るため、内定辞退を防ぐ施策は重要性を増します。しかし、実際に中途採用においてクロージング面談を行っている企業は多くありません。中途採用でのクロージングのポイントは「一度は仕事を辞めていること」。このポイントに絞って、クロージングを行っていない企業と差別化を行い、中途採用における内定辞退を防ぎましょう。

新卒採用で内定辞退を防ぐクロージングの3つの重要ポイントとは

採用業務における大きな悩みの一つである「内定辞退」。内定辞退を防ぐためには、クロージングが非常に有効です。特に新卒採用は、内定から入社までの期間が長く、学生も社会人経験がないために多くの悩みを抱え込みがちです。新卒採用のクロージングにおいては、学生一人一人と親身に向き合い、時期によって変化する悩みを解決することが、内定辞退を防ぐコツになります。クロージングを行う際の重要ポイントを3つに絞り、一つ一つ紹介します。