記事カテゴリー

「 人材難 」一覧

日本における労働生産性の違いとは?推移や産業・都道府県別に比較すると

労働人口の減少に伴って労働生産性の向上が叫ばれる中、日本の労働生産性の数字は過去最高の数字となっています。当然のことながら、産業別や都道府県別では大きな差があり、自社の目指すべき労働生産性の数字を把握するためには、日本平均でなく自社の環境に近い数字を参考にする必要があります。日本における労働生産性の推移、産業別・従業員規模別・都道府県別での労働生産性の違いについて説明します。

労働生産性の計算式とは?物的・付加価値と名目・実質の違いを知ろう

労働生産性の向上が叫ばれているなか、自社の改善点を知るためには、労働生産性の計算方法を知ることが大切です。一言で労働生産性と言っても、労働生産性は「物的労働生産性」「付加価値労働性」「名目労働生産性」「実質労働生産性」などと種類が様々あり、同じ種類の労働生産性で比較しなければ誤った結果になってしまうことを注意する必要があります。今回は労働生産性にどのような種類があるのか、それぞれの計算方法について説明します。

労働生産性とは?今の日本の労働生産性は本当に低いのか

本の労働生産性が低いと様々なところで議論されています。少子化や売り手市場に伴う労働力人口の減少、長時間労働の是正施策などによって、労働者1人あたりの生産性を向上させることが求められています。市場のグローバル化やロボット・人工知能の利活用による業務内容の変化により、企業は自社の労働生産性について真剣に考えることが求められています。今回は労働生産性とはどのようなものなのか、日本国内における労働生産性の推移や国際社会との比較結果などについて説明します。

【労働移動支援助成金】中途採用拡大で助成金がもらえる!

労働移動支援助成金の中途採用拡大コースは名前の通り、中途採用で採用する労働者の比率を増やす、45歳以上の労働者を初めて雇い入れる場合に受給できる中途採用に関する助成金です。受給される事業者の条件も厳しくなく、地域密着型の中小企業で高卒者の採用も行っている企業であれば、条件を満たしている場合もあります。労働移動支援助成金の中途採用拡大コースの受給要件や受給金額などについて説明します。

労働移動支援助成金の早期雇入れ支援コースとは?正規社員採用で活用しよう!

労働移動支援助成金の早期雇入れコースとは、離職を余儀なくされた求職者を早期に雇い入れる企業に対して支給される助成金です。早期雇入れコースとは、人材不足による倒産だけでなく、労働生産性の悪化により事業規模が縮小し、意図せず就業できなくなった労働者が増加しており、彼らを支援するために設けられた助成金です。労働移動支援助成金の早期雇入れ支援コースの受給要件や、助成される金額などについて説明します。

労働移動支援助成金の再就職支援コースとは?職業訓練を有効活用しよう!

労働移動支援助成金の再就職支援コースとは、自社の事業規模の縮小などにより、やむをえず従業員を離職させてしまう場合に、再就職しやすいように職業訓練などを実施することで得られる助成金です。再就職支援コースには3つの支援コースがあり、実施する支援内容によって受給できる助成金の金額なども変わります。再就職支援コースを受給する条件や受給金額、受給する際の注意点などについて説明します。

労働移動支援助成金とは?再就職の人材採用を強化できる助成金!

人材採用に関わる助成金として、労働移動支援助成金があります。労働移動支援醸成金とは、主に再就職を行う労働者を支援する企業のための助成金であり、従業員の再就職支援を行う、再就職を目指す求職者を雇い入れるなどで受給できる助成金です。人材獲得競争が激化していく中で、採用コストも増加傾向にあるため、受給できる助成金を積極的に活用し、企業を活性化させながら採用コストを抑えられる助成金制度は非常に有意義です。今回は労働移動支援助成金はどのような目的の助成金なのか、労働移動支援助成金の各コースの内容や受給できる要件や金額について説明します。

採用したい人材の口説き方とは?テクニックやコツを理解しよう

自社に応募してくれた人材の中に「どうしても採用したい人材」がいる場合があります。優秀な人材は、多くの会社から内定を獲得できるため、入社してもらうためには、人材を口説くことが必要です。しかし「採用したい人材」は多くの内定先からも口説かれている可能性が高いです。人材の口説き方として、一般的にどのような口説き方が良いのか、他社との差別化を行うための口説き方などについて、3つのポイントに絞って説明します。

採用内定通知メールのポイントとは? 企業側の内定者フォローについて

採用通知メール(内定通知メール)は、応募者に採用の可否を伝えるメールであり、人事担当者からにとっては事務的な手続きかもしれません。社会人経験のない学生にとっては、採用通知メールは一喜一憂するだけでなく、社会に出るライフイベントを考え直すきっかけともなる重要な連絡です。採用通知メールは、内定者として最初の接点となり、内定者フォローとしての第一歩となります。採用通知メールをも効果的な内定者フォローにするためには求職者目線で考えることが必須です。採用通知メールの構成や例文、伝え方のポイントについて説明します。

エンジニアの評価はどうやるの?各社の人事評価制度の導入事例について

売り手市場が加速するにつれて、エンジニアの人手不足も大きな課題となります。まずは自社のエンジニアに長く就業してもらうことが重要ですが、エンジニアが転職を考えるきっかけとして「正しく評価されていない」ことが理由として挙げられています。特に非エンジニアの人事担当者がエンジニアを正しく評価できるようになるために、エンジニア採用に注力されている企業の事例を紹介いたします。