記事カテゴリー

「 カルチャーフィット 」一覧

人材マッチングに役立つAIを活用したHR Techサービスとは?

人材マッチングの難易度が上がり続ける中で、AIを活用したHR Techサービスが注目を集めています。人材マッチングでAIを活用すると、企業と応募者の私的情報を客観的かつ明確にし、相性のマッチ度を計測・予測することができます。今回は人材マッチングに役立つAIを活用したHR Techサービスを、利用目的や活用方法ごとに分類してご紹介します。

人材マッチングとは?マッチングの精度が向上する2種類の情報とは?

人材マッチングとは、企業や組織と人材をつなぎ合わせることを意味する言葉です。人材マッチングの精度を上げるためには、判断基準となる2種類の情報を、正確かつスピーディーに得ることが重要です。今回は人材マッチングの判断基準となる2種類の情報と、マッチングの精度を上げる方法についてご紹介します。

人材マッチングサービスの種類とマッチングに重要な4つの要素とは?

人材マッチングとは、企業や組織と人材をつなぎ合わせることを意味する言葉です。人材マッチングの需要と難易度は年々高まり、様々な種類のマッチングサービスが利用されていますが、マッチングに重要な要素は4種類に絞ることができます。今回は人材マッチングサービスの種類と、人材マッチングにおいて重要な4つの要素をご紹介します。

ミスマッチ・アンマッチの意味や違いとは?新卒採用のミスマッチは防げる!

新卒社員が入社した会社を早期離職する主な理由は、条件やカルチャーのミスマッチが原因であることが調査で判明しています。人材のミスマッチを防止するためには、同じような意味で使われてしまっているミスマッチとアンマッチの違いを知っておく必要があります。今回はミスマッチとアンマッチの意味の違いと、新卒採用でのミスマッチを防ぐ方法をご説明します。

自社にマッチした人材とは?新入社員の早期離職を防ぐ3つの観点とは

自社にマッチした人材とは、自社の現状や要望に合った人材のことです。自社にマッチした人材を採用するためには、具体的に何をマッチさせるのかを定めた上で、マッチする人材を見極めなければなりません。今回はマッチする人材の要件として「条件マッチ」「カルチャーマッチ」「スキルマッチ」という3つの観点をご紹介します。

組織適性検査を採用精度向上に活かす方法とは?現状を把握し、相性を見極めよう!

組織適性検査は、組織の現状を理解することができる適性検査です。組織の現状を把握するだけでなく、人事業務に有効活用することが大切です。組織適性検査を採用活動で活用するためには、現状と相性の良い人材を見極めて、採用評価項目や評価基準に落とし込むことが大切です。今回は組織適性検査を採用活動で活用する方法や注意点について説明します。

組織適性検査を使ってチームビルディングを実現する方法とは?

組織適性検査は、組織の現状を把握するための適性検査であり、効果的なチームワークを実現するためのチームビルディングにも有効活用することができます。有効活用するためには、チームビルディングの目的や方法を明確にしながら、現状の組織の課題を明確にすることが大切です。今回は組織適性検査をチームビルディングに活用する方法について説明します。

組織適性検査とは?実施する目的や活用方法について

多くの適性検査が個人を対象とするのに対して、組織適性検査とは組織を対象とした適性検査のことです。長く働いてくれるか、活躍してくれるかを知るためには、組織相性を見極めることが重要であり、まずは自社組織の現状を把握することが求められます。今回は組織適性検査とは何か、組織適性検査の活用方法、活用する際の注意点について説明します。

配属先の決め方にカルチャーフィットを使ってみよう!人材の適材適所を実現するために

採用だけでなく、配属先を決める業務も人事担当者には重要かつ難しい業務の一つです。人手不足である部署を新入社員が希望していない、希望している部署が適切だとは思えない場合にはどのように判断すべきでしょうか?配属の負担を減らし、客観的な判断材料ができる配属の決め方としてカルチャーフィット配属があります。近年のカルチャーフィット研究の知見から、カルチャーフィット配属について説明します。

私仕混同・私仕分離とは?ミツカリを人事業務に活かす方法

ミツカリには、私仕混同・私仕分離という項目があります。私仕混同は、仕事仲間とプライベートを共有しても構わない人です。私仕分離は、仕事仲間とプライベートを共有したくない人です。私仕混同の人は社員とのコミュニケーションを大切にし、私仕分離の人は業務に関係のあることだけに集中することを大切にします。私仕混同・私仕分離が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに私仕混同・私仕分離を活用する方法について説明します。