記事カテゴリー

リテンション施策の企業事例とは?他社事例から成功要因を探る

優秀な人材の流出を防止する施策である「リテンション施策」。人材の確保は、世の中の人事担当者・経営者の悩みでありながらも、具体的にどのような施策を実施したら良いのか分かりづらいため、中々実行にうつせない企業が多いのも現状です。今回は他社で成功したリテンション施策を9社分紹介します。リテンション施策で成功させるポイントや、具体的な運用例などを確認して、自社でも活用してみましょう。

社風の種類や例文の一覧とは?会社の雰囲気を一言で表現しよう

社風とは従業員が感じる会社の雰囲気や特徴のことを表します。求職者の会社選びの軸として選ばれたり、離職時の退職理由としても大きな影響を与えています。自社の社風に対して理解を深めるためには、そもそも社風にはどのようなものがあるのか、どんな要素が影響を与えているのかを知っておく必要があります。社風の具体例から、ミライセルフが社風を構成する要素として定義している項目について説明します。

仕事の価値観とは?種類や例を知って面接やマネジメントに活かす!

仕事に対する価値観を理解しておくことは、採用活動やマネジメントにおいて非常に重要です。仕事の価値観の違いは、同じ発言に対する意味の捉え方が変わってしまい「人間関係がうまくいかない」「上司の仕事の仕方が気に入らない」などのミスマッチを引き起こします。仕事の価値観は「人生におけるステージ」や「譲れない優先順位」などから、人によって様々ながら変化していくものです。抽象的ながらも変化していく価値観を把握し、すり合わせを行うことが採用活動やマネジメントにおいて重要です。仕事の価値観とは一体何なのか、具体的にどのような価値観があるのかの例から、どのように業務に活用したらよいのかについて説明します。

えるぼしマークとは?星の数から女性活躍推進をアピールしよう

えるぼしマークとは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられるマークです。「女性が活躍しています!」の文言と最大三つの星が書かれたえるぼしマークは、様々な場面での企業アピールにつながります。今回はえるぼしマークの意味や種類、マークを付与されるメリットについてご紹介します。

リテンション(離職防止)の施策例とは?効果的な施策で効果を向上させよう

人材確保の課題として「新規人材を獲得する」「既存人材の流出を防ぐ」の2視点が必要です。リテンション施策は「既存人材の流出を防ぐ」施策です。リテンションに取り組みたいと考えている企業は67%ですが、実際に取り組んでいる企業は35%と多くなく、どのような施策を行ったら良いかわからない現状があると予想されます。今回はリテンション施策の考え方や着眼点、リテンション施策の具体例について説明します。

社風とは?例を用いて解説!意味や使い方を理解して早期離職を防ごう

社風とは、従業員が感じる会社の雰囲気や特徴を指します。社風は早期離職や定着に関わる大切な要素ですが、抽象的な概念のため正確に把握することが難しいと言われています。社風の定義や組織風土や企業文化との違い、活用するメリットや注意点を説明します。

性格とは?心理学分野での性格の定義や要素、種類には何があるのか?

人間を表す言葉として使われる「性格」や「価値観」という言葉。目に見えない抽象的な概念のため、混合して認識されている方も多いのではないでしょうか。今回は性格とは一体何なのか、価値観とはどのように違うのかについて説明します。性格は世界70カ国以上の人々のデータがちくされ、心理学の学術研究として、多くの研究が行われ、様々な知見が得られています。人事担当者として、どのような知見があるのか知っておきたい内容についても併せて説明します。

えるぼしとは?意味や認定を受ける目的とメリットについて

えるぼし認定制度とは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられる、女性活躍推進法の取り組みの一つです。えるぼし認定を受けることは、認定企業で働く女性だけでなく、認定を受けた企業自身にも様々なメリットがあります。今回は女性活躍推進法の内容を踏まえつつ、えるぼしの意味や由来、認定を受けるメリットについてご紹介します。

人事のリテンションの意味とは?優秀な人材の流出対策を実施しよう!

売り手市場によって人材の新規獲得が難しくなる中、既存人材の流出も大きな問題となっています。スキルがあり業績への貢献度が高い優秀な人材ほど、他社からの評価も高くなるため、流出しやすい恐れがあります。人材の流出を防ぐためにリテンション施策が注目されています。しかしリテンションについて対応している企業は2016年時点で35%とまだ多くないのが現状です。リテンションの定義や目的、活用するメリットや注意点について説明します。