記事カテゴリー

ミツカリでの人事データ分析①〜ハイパフォーマー分析〜

採用活動を成功させるためには、自社で活躍する可能性の高い応募者を見極めることが大切です。一般的に優秀とされている人物が自社で活躍する保証はないため、自社で活躍している社員から特徴を抽出するためにハイパフォーマー分析を行うことが、採用要件定義や教育研修などに落とし込む上で大切です。採用選考では、育成しやすいスキルよりも変化しにくい性格や価値観に焦点を絞る方法が有効です。今回はミツカリを使いながら、ハイパフォーマー分析をする方法をステップごとに説明します。

パラレルキャリアとは?意味や企業のメリット・デメリット、事例について

パラレルキャリアとは「本業を持ちながら、第二の活動をする」ことです。ビジネスパーソンの間でパラレルキャリアへの関心が高まっている一方で、副業・兼業を容認している企業はまだ多くありません。パラレルキャリアを導入することは、従業員・企業にとって様々なメリットやデメリットがあります。今回はパラレルキャリアの意味や導入するメリット・デメリット、パラレルキャリアを導入した企業事例を説明します。

グループワークや面接で使える行動評価尺度5選!客観的な評価基準を設けよう

グループワークや面接では、面接官ごとによって評価にばらつきが生まれてしまうことがよくあります。この原因として、意識しなくとも人間の心理として「慣れ親しんでいる価値観」のみで評価する主観的評価が混じってしまうことが挙げられます。評価者によって評価がばらつかない、客観的な評価を行うためには、評価基準を決める「評価尺度」が必要です。今回は代表的な行動評価基準である「グラフィック・レーティング尺度」「行動頻度尺度」「行動基準評定尺度」「行動観察尺度」「行動要約尺度」の5つの尺度について説明します。

グループワークのメリットとデメリットとは?ミスマッチも防げます

グループワークとは、書類選考や面接だけでは評価できない行動について評価できる方法です。グループワークを採用選考に活用する場合には、なりすましや印象操作に惑わされにくくなる、コミュニケーション能力の見極めができるなどのメリットがありますが、団体としての意思決定となることで、個人の良さや見極めが難しくなるなどのデメリットもあります。今回はグループワークのメリットとデメリット、デメリットへの対策について説明します。

面接の評価方法とは?主観評価から脱却し、客観的な面接評価をしよう

面接官をやっていると、現場担当者の評価や経営者との評価が違ったり、活躍してくれると思った人材が実際には活躍してくれなかった・早期離職してしまったなどの問題に直面することがあります。多くの場合は、人材の評価が「個々の面接官の主観」が入ることで、意見が食い違ってしまうことが原因です。人材を正確に評価するためには、主観評価から脱却し、客観的に人材を評価することが大切です。客観的な評価を行うためには、ハロー効果などの第一印象にとらわれないことはもちろんのこと、評価項目や評価基準を明確にしておくことや面接官のトレーニングが必要不可欠です。今回は面接において、応募者を客観的に評価できるようになる方法を4つのステップに分けて説明します。

グループワークの手法とは?採用選考や研修方法で使える5技法

グループワークとは、書類選考や面接だけでは見れない、参加者の主体性や性格を見極めに適した方法です。グループワークには様々な手法がありますが、各手法によって評価項目に得手不得手があります。それぞれの手法を理解し、自社の求める人物像に適した手法を選ぶために、代表的な手法を5つ紹介します。

グループワークとは?意味や目的、やり方や実施方法、効果や意義について

グループワークとは、書類選考や面接だけでは評価できない行動について評価できる方法です。グループワークは採用選考だけでなく、教育研修などにも使われますが、なぜグループワークが重要なのか、目的やメリットなどについて知っておくことが大切です。今回はグループワークの目的や準備の方法、グループディスカッションとの違いについて説明します。

雇用のミスマッチが起きる原因と対策とは?採用・人事担当者ができること

雇用のミスマッチとは、労働力の需要と供給のバランスが崩れることで、人材不足が硬直する状態のことです。人材不足の現状で即戦力が必要となりながらも、採用の早期化によって、即戦力になる新卒生の採用が望めなくなったり、知名度と資金力に劣る中小企業がハンデを追わされることとなっています。雇用のミスマッチが起きる原因として、マクロな視点である「情報不全」とミクロな視点である「特性不全」の2つが考えられます。今回は雇用のミスマッチが起きる原因である情報不全と特性不全とはなにか、どのようにしたら解消できるのかの対策方法について説明します。