高揚性とは?性格検査の高揚性が高い/低い人の特徴や接し方について

採用活動プロセスにおける性格検査の重要性とは?

適性検査とは、人材採用の場面においてほぼすべての企業が行っている重要なプロセスです。リクルートの『就職白書2017』によると、採用活動プロセスにおいて「適性検査・筆記試験」を実施している企業は94.9%という結果が出ています。

採用活動プロセス毎の実施率
出典元『リクルート』就職白書2017-採用活動・就職活動編-

適性検査・筆記試験は採用時に行うのが一般的で、主に筆記やWebテストを用いて受験者の能力や性格を判定し、採用の判断材料にするツールとして活用されています。判断基準は企業によって異なり、大企業で受験者が多い場合に一定の採用基準として用いる場合や、社会人としての教養や知識力を測るために用いる場合などさまざまです。また、業種・職種によっては、特定の専門知識を問う試験として活用するケースもあります。

適性検査は大きく分けて「能力検査」と「性格検査」の2種類があります。能力検査は受検者の基礎学力や一般常識について習熟度や効率的に回答できるかなどをチェックする方法として、性格検査は受検者が持つ性質や気質など、後々の教育や育成などが難しい部分をチェックする方法として用いられています。

最近の採用活動では、少子化や売り手市場による人手不足に伴い、個人が持つ生来の傾向を分析できる性格検査の重要性が高まっています。

性格検査はもともとは心理学研究から生まれ、性格に良い・悪いはなく、あくまで個性として判断するために作られたものです。検査結果をどのように判断・活用するかについては、企業や人事担当者に委ねられている場合がほとんどです。

今回の記事では、性格検査における「高揚性」の意味や定義、高揚性の高い人・低い人の特徴や接し方などについてご紹介します。

高揚性とは?意味や定義、高揚性の高い人・低い人の特徴や接し方について

高揚性の意味や定義とは?

性格検査における高揚性とは、個人の明るさや落ち着き、楽観性や堅実性などに影響を与える要因を意味する言葉です。

高揚性は性格の一側面ですので、高いから良い・低いから悪いというものではありません。「皆に優しい人」と「八方美人」が表裏一体であるのと同じように、高揚性の高さも状況や活かし方次第で長所にも短所にもなり得ます。

高揚性が高い人の特徴や得意・不得意とは?

高揚性が高い人は、活発で行動的な性格を持っている人が多く、常に周囲からの刺激を求める傾向があります。ノリと勢いで行動するため、良く言うと「明るく行動力がある」悪く言うと「浅慮で落ち着きがない」タイプであると言えます。

行動的で周囲から与えられる刺激を好むため、仕事や業務の内外を問わず、大勢でワイワイ騒ぐのが大好きなタイプです。常に何かに対してモチベーションを傾けていることが多く、陽気で賑やかなので、チームに1人いるとムードメーカーとして重宝します。

高揚性が高い人のマイナス要素としては、興奮しやすく、調子にのりやすい性格という点が挙げられます。1人で盛り上がり過ぎて周りが見えなくなりやすい傾向があるため、時には落ち着いて物事を考えるよう、暴走しない程度に手綱を握れる人が周囲に1人はいるようにすると良いでしょう。

高揚性が高い人は活動的で興味が外側に向いているため、パワフルな性格が好まれる営業職のような、対人的な能力が求められる仕事に向いています。

高揚性が低い人の特徴や得意・不得意とは?

高揚性が低い人は、自分の考えに固執したり周りの状況に影響を受けたりせず、冷静沈着に物事を考える傾向があります。冷静に落ち着いて行動するため、良く言うと「堅実で安定感がある」悪く言うと「地味で面白みに欠ける」タイプであると言えます。

基本的に堅実で慎重な性格であるため、浮ついたところがなく、非常に信頼のおけるタイプです。議論が白熱していても冷静さを保ち、落ち着いて考える空気を与えることができるため、チームに1人いると会議の進行役や脱線防止役として重宝します。

高揚性が低い人のマイナス要素としては、言動や発想が地味で、面白みに欠けるところがある点が挙げられます。過去の事例や実績にもとづいた堅実な判断をする傾向があるため、大きな変化をあまり好まず、革新的なアイデアの発想はあまり得意ではありません。

高揚性が低い人は気分に波がなく、自分の計画に沿って物事を実行できるタイプなので、緻密な業務やプレッシャーのかかる大きなプロジェクトなどの仕事に向いています。

高揚性が高い人への接し方とは?

高揚性が高い人は、明るくノリが良い性格であるため、周りを巻き込んでチームを盛り上げてくれるでしょう。リーダーシップをとってチームの団結力を高めるモチベーターに適任で、新しい発想や楽しい雰囲気を歓迎する職場では重宝されます。

ノリの良さは行動力の高さというメリットがある反面、リスクを軽視しがちというデメリットがあるため、落ち着いた議論や冷静な判断が求められる業種・職種にはあまり向きません。陽気な言動や行動が浮いてしまうような職場では、本人が働きにくいだけでなく、周囲の人にとってストレスの原因になってしまう可能性もあります。

高揚性が高い人と接する際は、少し大げさなリアクションを取るくらいの方が喜ばれ、本人のモチベーションアップにつながります。普段からノリ良く接しておくことで、いざ真面目な議論が必要な際に「この話は真剣に考えなければいけないんだな」と察してもらいやすくなるというメリットもあります。

高揚性が低い人への接し方とは?

高揚性が低い人は、堅実で落ち着いた性格であるため、周りの影響を受けずに常に冷静な対応をしてくれるでしょう。仕事のミスや人間関係のトラブルなど、冷静な判断が必要な場面では、非常に頼りになる存在です。

落ち着いた性格は冷静な判断ができるというメリットがある反面、感情を表に出して周囲と一緒に盛り上がるのは苦手というデメリットがあるため、明るい雰囲気を求められる業種・職種にはあまり向きません。冷静な言動や行動が浮いてしまうような職場では、本人が働きにくいだけでなく、周囲の人にとってストレスの原因になってしまう可能性もあります。

高揚性が低い人と接する際は、感情論や過剰なリアクションは控えて落ち着いて話すことで、無駄の少ない有意義な会話ができます。大勢で集まるイベントはあまり好まないため、重要性の高いものでない限り、無理に飲み会に誘ったりはしない方が良いでしょう。

高揚性とは何かを理解して人材の採用・育成に活かそう!

性格検査における高揚性とは、個人の明るさや落ち着き、楽観性や堅実性などに影響を与える要因を意味する言葉です。

高揚性は性格の一側面ですので、高いから良い・低いから悪いというものではありません。高揚性が高い人は行動力がある反面落ち着きがない、高揚性が低い人は冷静な判断ができる反面面白みに欠けるなど、状況や活かし方次第でどちらも一長一短です。

企業で採用活動の参考にする際には、高揚性が高く明るい人材が欲しいのか、高揚性が低く冷静な人材が欲しいのかなど、高揚性という指標の特徴を理解した上で求める人物像を明確にすることが大切です。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ