記事カテゴリー

「 働き方改革 」一覧

兼業と副業の違いとは?法的な定義と一般的な定義の違いについて

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業と副業の違いについて法的に明確な定義はありませんが、一般的にはある程度の基準で使い分けられているため、自社で兼業・副業を認める際にはそれぞれの一般的な意味の違いについて知っておく必要があります。今回は、兼業と副業の違いについてご紹介します。

再雇用の意味や定義とは?制度の目的やメリット・デメリットについて

再雇用とは、定年退職者を再び雇用することを意味する言葉です。再雇用制度では、高年齢者雇用安定法により、再雇用を希望する従業員がいる場合には就労の機会を与えることが企業に義務付けられています。今回は再雇用の意味や定義、制度の目的や企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

兼業とは?意味や定義、副業との違いやメリット・デメリットについて

兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。兼業を認めると、優秀な人材の確保や社員の人材育成につながるメリットがある反面デメリットも存在するため、容認すべきかどうかは慎重に検討する必要があります。今回は兼業の意味や定義、副業との違いや企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

ファミリーデーを実施した企業の事例とは?企画の例や効果について

ファミリーデーとは、企業が自社のオフィスに社員の家族などを呼ぶ、社内イベントを意味する言葉です。ファミリーデーは、多くの企業で実施された事例があり、各社さまざまな取り組みがされています。今回は、ファミリーデーを実施した企業の事例から、具体的な企画例をご紹介します。

ファミリーデーの企画に必要な準備とは?事前準備やイベントについて

ファミリーデーとは、企業が自社のオフィスに社員の家族などを呼ぶ、社内イベントを意味する言葉です。ファミリーデーを企画する際には、担当スタッフやイベントの日程など、必要な準備が多くあります。今回は、ファミリーデーを企画する際の流れや、必要な準備についてご紹介します。

ファミリーデーとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

ファミリーデーとは、企業が自社のオフィスに社員の家族などを呼ぶ、社内イベントを意味する言葉です。ファミリーデーは、社員同士のコミュニケーション促進やワークライフバランス推進などのメリットがある一方で、プライベートへの干渉と感じる人もいるため注意が必要です。今回は、ファミリーデーの意味や目的、企業側と社員側それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの実現につながる制度とは?

ワークライフインテグレーションは、ワークライフバランスから派生した概念で、どちらが良い・悪いというものではありません。人事担当者はワークライフインテグレーションとワークライフバランスの違いについて理解して、自社の従業員や組織風土に適している方を選ぶ必要があります。今回は、ワークライフインテグレーションの実現につながる制度についてご紹介します。

ワークライフインテグレーションの意味とは?企業のメリットについて

ワークライフインテグレーションとは「仕事も生活も人生の一部」と統一(インテグレーション)して考え、仕事と生活両方の充実を求める働き方を意味する言葉です。ワークライフインテグレーションを実現すれば、社員のモチベーションアップや生産性向上など、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回はワークライフインテグレーションの意味や定義、ワークライフバランスとの違いや企業のメリットなどについてご紹介します。

ワークライフバランスの取り組み事例とは?実際の事例を5つご紹介!

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスの推進に取り組む際には、実際の企業事例から多くのヒントが得られます。今回はワークライフバランス推進に取り組んだ企業の事例を5つ、取り組みの目的・内容・結果に分けてご紹介します。

ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策とは?

ワークライフバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して2007年に政府が策定した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランスを推進する際には、働き方改革の一環として国が行っている施策や助成金制度が活用できます。今回は、ワークライフバランスの推進に活用できる働き方改革の施策や助成金制度、認定制度などをご紹介します。