ストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点とは?フォローが大切

会社の将来を左右する社員のやる気をUPさせるために

社員のやる気、モチベーションが会社に与える影響は思っている以上に大きく、最悪生産性や会社全体の業績にも影響を与えます。

ダイヤモンド・オンラインが全国で行ったアンケート調査結果によると、働く男女のおよそ37%が「仕事に対してやる気が出る」と回答しており「やる気が出ない」人が半数以上いることが分かります。どうしたら社員のやる気を出し、個々の成長を促すことができるのか?これは多くの会社の現状における課題と言えます。

あなたが今働いている会社は「仕事をやる気が出る」会社ですか。それとも「仕事をやる気が出ない」会社ですか。
出典元『DIAMOND online』なぜ「やる気」が出ないのか?会社が知る由もない社員のホンネ大調査

社員のモチベーションは、仕事に取り組む姿勢や実際に生産性にまで影響が及びます。ベイン・アンド・カンパニーとプレジデント社が行った共同調査の結果によると「やる気が出ない」モチベーションの社員の状態は「やる気に溢れている」社員の状態に比べて、およそ30%も生産性が低くなります。どんなに優秀な社員であっても、モチベーション次第でパフォーマンスの低下というのは起こりうることだということが分かります。

意欲の度合いによる社員の生産性
出典元『PRESIDENT Online』”3人に1人”の不満社員を奮起させるには

時に適切な目標設定は社員のやる気に大きな影響を与え、目標次第では想像以上に成長できる可能性もあります。達成困難な、目標設定ストレッチ目標においても、社員のモチベーション維持や向上に有効活用できると考えられます。

今回は、ストレッチ目標を導入する際の目標の立て方や導入後のフォローの方法について説明します。

社員のモチベーション管理に効果的なストレッチ目標とは

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことを意味します。多くの場合、会社もしくはチーム内における目標として、上司が部下に対して提示するケースとして活用されます。

ストレッチ目標を提示された部下は、目標を達成することを目的とするのではなく、達成するためには自分がどう考えどう動くかが重要視されます。達成困難な課題と向き合い考え行動すること自体が、その部下の成長へと導くことが想定されます。

ストレッチ目標を活用するメリットとしては、一般的な目先の目標設定と比べて、達成困難な目標を達成しようとする時に初めて生まれる、最大限の成長効果が期待できると言えます。達成困難だと思われていた目標に向かい、努力し続けた結果自分でも予想していなかった成長や達成感を味わうことができることもメリットです。その結果人材力が高まり、生産性が向上し業績アップも期待できるでしょう。

ストレッチ目標の設定方法について

具体的に、ストレッチ目標を立てる場合どのように立てたら良いのでしょうか?

ストレッチ目標を立てる上で最も重要なのは「無茶な目標」と思われない「高い目標」を設定することです。手の届かない、達成困難な目標と言っても、現実的に物理的にどう考えても達成できない目標を設置することは、逆に社員のモチベーション低下にも繋がります。経営者の私心が全面に押し出された現実味のない目標設定も、社員のやる気を低下させます。

ストレッチ目標を設定する際には、まずは会社の現状と問題点や課題について洗い出します。目標を設定していく前に、達成する側(部下)が置かれている現状、組織の体制、部下の能力などを把握しておく必要があります。部下とのコミュニケーションは不可欠となります。部下が抱えている願望と将来像や目標をしっかりとヒアリングした上で、会社が考える成果や目標とすり合わせながら、部下がやる気を持って取り組める内容にする必要があるからです。

会社の成長はもちろんですが、ストレッチ目標を通じて部下自身も成長にできる目標の設置が理想と言えます。

ストレッチ目標設定後の継続的なフォローが最も重要!

ストレッチ目標を設置した後、目標を提示したものの、後は放置というのは絶対に避けなくてはなりません。まずはしっかりとその内容や意図を部下につたえ、理解してもらう必要があります。

ストレッチ目標の提示の仕方を間違えてしまうと、部下の受け取り方によっては、到底達成不可能な目標を与えられたと思い、パワハラやいじめと捉えられてしまう可能性もあります。なぜこのような目標を設置したのか、部下に対する期待感や思いを十分に伝え理解してもらうことが最も重要です。

実際にストレッチ目標に向けて部下が動き出した後には、定期的に状況確認のために話を聞いたり、必要に応じて相談にのり、一緒に課題解決へ向け考えてあげることも必要になります。この作業は面倒だと思う人もいるかも知れませんが、達成困難な目標と向き合った時には、目標達成に向け筋道を立てることや精神的フォローも大切になります。ここをおろそかにしてしまうと、社員のモチベーションは下がってしまい、ストレッチ目標自体も逆効果になる可能性があります。

ストレッチ目標成功のポイントは設定する目標の内容とアフターフォローが鍵

ストレッチ目標の設定は、現在の自分の能力よりは高いレベルではあるが努力次第では達成できる、届きそうで届かないことを達成するためのプロセスや経験を積むためには効果的な理由付けとなります。ただし、あまりにも目標内容が現実的でなかったり、達成側の人のことを考えていない内容である場合には、モチベーション低下にもなりかねません。

ストレッチ目標を有効活用するために目標内容を設定する際には、目標達成側の能力や考え方について知ること、しっかりと目標内容を理解してもらうように伝えること、その後のフォローを行うことが大切です。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ