記事カテゴリー

「 組織マネジメント 」一覧

パフォーマンスマネジメントとは?自発的な行動を促す手法

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。目標管理については従来のマネジメント手法とほとんど変わりませんが、中長期的な目標をベースとした従来の評価方法に見られたタイムラグを防ぐことができます。今回はパフォーマンスマネジメントについて説明します。

ストレッチ目標とは?達成困難な目標設定はどんな効果があるのか

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。ストレッチ目標は目標を達成する結果に意味があるのではなく、目標を達成するプロセスに意味を見出します。しかし現実的でない目標設定は、従業員の不満を生む原因につながる可能性もあります。今回はストレッチ目標について説明します。

行動科学マネジメントのやり方や実施方法とは?ABCモデルを理解する

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。行動科学マネジメントはABCモデルを理解すれば、誰でも簡単に行うことができます。今回は行動科学マネジメントのやり方や実施方法について説明します。

行動科学マネジメントとは?再現性を持った成果の最大化を目指す

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。同じ行動を起こせば同じ成果が得られるマネジメントなので、人事制度や育成計画の設計で大きな効果が期待できます。今回は行動科学マネジメントについて説明します。

ジョブ・クラフティングを実施する方法とは?企業からのサポートも大切

ジョブ・クラフティングとは、従業員一人ひとりが仕事の捉え方や業務上の行動を主体的なものへと修正することで、退屈な作業や「やらされ感」のある業務を、自らやりがいのあるものへ変容させる手法のことをいいます。モチベーションと生産性は密接に関係しているおり、モチベーションの向上が自社の労働生産性・業績の向上につながります。今回はジョブ・クラフティングを実施する方法について説明します。

バウンダリレス組織とは?社内コミュニケーション活性化を行うために

バウンダリレス組織とは、立地や部署・役職などを越えて、従業員同士が協力し合うことを目指した組織です。従業員同士が交流することで、新たなイノベーションのヒントになったり、社内コミュニケーションの活性化、業績の向上など様々なメリットがあります。今回はバウンダリレス組織について説明します。

ジョブ・クラフティングとは?従業員が主体的に働くために必要なこと

ジョブ・クラフティングとは、従業員一人ひとりが仕事の捉え方や業務上の行動を主体的なものへと修正することで、退屈な作業や「やらされ感」のある業務を、自らやりがいのあるものへ変容させる手法のことをいいます。モチベーションと生産性は密接に関係しているおり、モチベーションの向上が自社の労働生産性・業績の向上につながります。今回はジョブ・クラフティングについて説明します。

バウンダリレスキャリアとは?会社にとらわれない価値観について

バウンダリレスキャリアとは、自社組織にとらわれないキャリアの考え方です。人材の流出を防ぎたい企業としては容認したくない概念ではありますが、時勢として副業解禁などの流れもあり、バウンダリレスキャリアを考えた上で自社で働きたいと思ってくれる魅力的な組織づくりが重要でしょう。今回はバウンダリレスキャリアについて説明します。

バウンダリレスとは?組織や従業員の課題を解決するために

バウンダリレスとは「境界のなさ」を示す用語であり、組織においては「部門や役職などの立場だけでなく、所在地も含めた組織内外の境界を越えて自社に貢献しようとする姿や価値観」を意味しており、キャリアにおいては「異なる企業や業種の境界を横断しながら、新たなスキルや経験やノウハウを獲得して成長する」ことを意味しています。今回はバウンダリレスについて説明します。

モラールサーベイの質問項目とは?マズローの5段階欲求を参考にしよう

モラールサーベイとは、従業員意識調査とも呼ばれる、従業員が抱える問題意識ややる気に関する現場の声を調査し、統計的に分析する方法です。モラールサーベイを実施するためには質問項目の設定が大切ですが、マズローの5段階欲求をベースに考えると、効果的に課題を把握できます。今回はモラールサーベイの質問項目について説明します。