中途採用でのクロージングのコツとは?内定承諾率を向上させよう

内定辞退は中途採用における深刻な問題

人材不足があらゆる業界にとって大きな影響が出ていますが、それに伴って「内定辞退」は中途採用においても非常に深刻な問題となっています。この内定辞退を防ぐためには「クロージング」で応募者の心理に沿う必要があります。

この記事では応募者の心理に沿うために、中途採用に特化したクロージングのポイントについて解説を行います。

まずは「クロージング」をしっかりと理解した上で、内定辞退を防げる体制を築いていきましょう。

クロージングとは?

そもそも「クロージング」とはどのようなものなのでしょうか。その言葉の意味から解説します。

クロージングとは、内定を出した後に企業側が面談などを行い入社を決意してもらうようにフォローを行うことを差します。クロージング面談では採用面接などとは異なり、本音で話をしてもらうようにすることが重要です。

本音で話をしてもらうためには、クロージング面談を行う前に正式に内定を出して、条件などを全て予め内定者に伝えてから「クロージング面談」を行います。

先に「内定」を出しておかないと、内定者側としては、内定を貰えるかどうか不安ということもあり、内定をもらうために本音でなく建前で話をすることもあります。人事担当者の話も、自社をよく見せようとしているのではないかと疑い、真剣に入社をするかどうかを検討してくれない場合もあります。

そのため、クロージング面談の前にゆっくりと考える時間を与えておき、面談の場面で本音でしっかりと話をして貰うように状況を整えておくようにします。

中途採用では「即戦力」の奪い合い

中途採用の場合には「クロージング面談」がとても重要であると考えられています。というのも、中途採用ではどの企業でも当然のように「即戦力性のある人」が求められていますが、「即戦力性のある人」は当然、優秀な経験や技術など持っているため、色々な企業から高く評価され、色々な企業から内定を得ることが出来るのです。

その結果「即戦力性のある人」は内定を得た複数の企業を比較して、その中から最も条件が良かったり、自分の気に入った1社を選び、それ以外の会社は「内定辞退」を行うのです。

入社する会社を考える際に、自社を選んで貰うようにしっかりとアピールする機会となるのが「クロージング面談」となります。

中途採用において「クロージング面談」を行っている企業はまだそこまで多くは無いことから、「クロージング面談」などの中途採用を積極的に行う対策が出来ている企業は「即戦力性のある人」を順調に採用出来ています。

「クロージング面談」など中途採用の対策を行えていない企業は「クロージング面談」を行っている企業と比べて、内定辞退を受けやすくなっているため、相対的にもクロージングの重要度が増してきているのです。

では、次に具体的な内定辞退を防ぐためのクロージング面談のポイントを解説します。

「一度は仕事を辞めている」のが中途採用

「クロージング面談」のポイントの前に「新卒採用のクロージング」と「中途採用のクロージング」の違いを押さえておきましょう。

中途採用の場合、当然ながら応募してきた人は一度は仕事を辞めている、若しくは辞めようとしている人です。新卒採用の場合には、まだ仕事をしたことがない人ばかりですので、これが新卒採用のクロージングと中途採用のクロージングとの最大の違いになります。

中途採用のクロージングが上手くいくかどうかの最大のポイントは、「クロージング面談の前に」応募者の「仕事を辞めた本音の理由」を聞き出せているかどうかに関わってきます。

どこの場面で応募者から聞き出すのかというと、面接の場面はもちろん候補者と接点を持った際や何気ない雑談の中などにヒントが隠されている場合もあります。このような場面で応募者の離職理由の本音をしっかりと聞き出すのがポイントです。

どうしても本音の離職理由が引き出せない場合には、その業界や応募者の所属企業などから、一般的な離職理由を推測していきましょう。特に多くの場合には「上司や部下との人間関係」と「労働時間や給料などの条件面」の2つに集約できる場合が多くなっています。理由が引き出せなかったとしても、この2点についてはクロージング面談で伝えるようにしましょう。

「仕事を辞めた理由」を解決できることを伝える

応募者の本音の離職理由が把握すれば、あとはクロージング面談で応募者の「離職理由を解決できる」ことを伝えるのです。

結局のところ、応募者は所属していた会社に何かしらの不満などの離職理由を持っており、それを解決したいために、転職活動をしています。

例えば、具体的には「上司との人間関係があわない」という理由で転職活動をしている人に対しては、クロージングで以下のように伝えます。「所属上司とは、業績だけでなく価値観のマッチングも重視している。万が一、ミスマッチが発見されれば配属先を変えるようにしている」

このように、実際に応募者の離職理由をしっかりと解決していける道筋をクロージング面談では根拠を持って話をします。

悩んでいる点をクロージング面談でしっかりと伝えることで、応募者は安心して入社を決意することができますし、他の内定が出ている企業と悩んでいる場合には、自社に入社を決意するように促すことができるようになるのです。

クロージングの面談は準備が肝心!

中途採用の応募者は当然ながら、一度は働いたことがあり、今の仕事を辞めたいと考えているのが最大の特徴です。そのため、応募者は応募先の会社に対して、常に「所属していた会社」と比較をしていっています。だからこそ、「前に所属していた会社と同じ」では全く意味がありません。

所属していた会社を辞めた理由を考慮して「弊社であれば、その辞めた理由は解決しますよ」と根拠を持って伝えることが重要です。

特に中途採用の場合には「即戦力性のある人」がどこの会社でも求められていますので、優秀な人材は奪い合いとなっている事をしっかりと意識をした上で、クロージング面談に望みましょう。また、面談時の面接官や職場の雰囲気で入社を決意する人も非常に多くなっています。

クロージング面談で伝える内容に説得力を持たせるためには、適性検査や面接で何を大切にしているのか、価値観を見抜くことが重要なのです。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ