記事カテゴリー

「 適性検査 」一覧

適性検査の信頼性とは?精度と受検負担を考慮しよう!

適性検査の信頼性とは、受検結果の精度を意味する指標であり、どの程度正確な分析結果であるかを意味しています。質問項目などを増やせば信頼性が高まる一方で、受検負担が増加するため、信頼性と受検負担を天秤にして考える必要があります。今回は適性検査の信頼性とはなにか、どのように考えて適性検査を選ぶべきかについて説明します。

ビッグファイブの外向性とは?性格や特徴を活かして採用しよう!

ビッグファイブの外向性とは、社交性や明るさなどの特徴を含んだ性格です。一般的に外向性の高い人は、面接などで良い印象を与えやすいですが、外向性が低い人はスペシャリストなどの専門職に向いているため、ハロー効果に陥らずに客観的に理解することが大切です。今回は外向性の特徴や外向性が高い・低い人に適した業務内容などについて説明します。

適性検査の妥当性とは?適性検査を使う目的を明確にしよう!

採用や人事考課などで用いられることの多い適性検査ですが、適性検査と言っても様々な種類があり、自社に適した適性検査を選んで活用することが大切です。適性検査を選ぶ基準の一つに「妥当性」があり、妥当性とは利用目的や場面にどの程度相応しいかを示す指標です。今回は適性検査の妥当性について、定義や考え方、計測方法について説明します。

ビッグファイブの誠実性とは?仕事の成果との関係が最も強い要素

ビッグファイブの誠実性とは、勤勉性や真面目さとも呼ばれ、自己コントロール力の高さを示すものです。誠実性は、ビッグファイブの5要因のうち、仕事の成果との関係が最も強いものとされています。今回は誠実性の特徴や、誠実性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

ビッグファイブの開放性とは?高い人の特徴や適した業務を知ろう!

ビッグファイブ理論の開放性とは、チャレンジ力や好奇心などとも呼ばれる要素です。開放性が高い人は独創的な発想を持つ人材であり、開放性が低い人は手堅い選択を好む傾向にあります。今回はビッグファイブ理論の開放性や特徴、適した仕事や業務内容について説明します。

人材アセスメントが活用できる人事業務とは?有効な手法を考えよう!

人材アセスメントとは、人の性格や価値観などを可視化し、幅広い人事業務に活用できる評価技法です。人材アセスメントを正しく活用すれば、管理職候補の適性検査や人材と職務のミスマッチ防止だけでなく、人材の成長や組織の効率的な運用など、様々な人事業務に役立てられます。今回は人材アセスメントを実際の業務で人事活用する手法についてご説明します。

ビッグ・ファイブ理論の5要素とは?人の性格を理解しよう!

「ビッグ・ファイブ理論」とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は人の性格を5つの要素に分け、各要素の程度によって人の性格を分類する理論です。今回はビッグファイブ理論の5つの要素とは何か、各要素の特徴について説明します。

人材アセスメントツールとは?目的に最適な評価測定ツールを考えよう

人材アセスメントとは、複数のシミュレーションや心理テストを通して、受講者の能力や適性を測る評価技法です。人材アセスメントで評価できる項目は多数ありますが、事業や組織の目的によって、評価する項目と使用するツールを正しく選ばなければなりません。今回は人材アセスメントを組織で活用するために有効な評価ツールについてご紹介します。

ビッグ・ファイブ理論とは?人の性格は5つの要因のみで説明できる!

ビッグ・ファイブ理論とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は、タイプ分けで識別する類型論ではなく、各要素の得点から傾向を認識する特性論です。今回はビッグファイブ理論とは何か、どのように理解すべきか、ビッグファイブ理論を用いた心理学研究の一例について説明します。

人材アセスメントの活用方法とは?評価する項目を考えよう!

人材アセスメントとは、人事評価だけでなく採用や教育研修にも活用できる、客観的かつ公平に能力や適性を見極める評価手法です。人材アセスメントを活用するためには、評価する項目を具体的に設定しなければなりません。今回は人材アセスメントがどのような能力や適性を評価できるのかについてご説明します。