記事カテゴリー

「 社内コミュニケーション 」一覧

集団凝集性による集団浅慮とは?意味やデメリット、対策方法について

集団凝集性は、従業員の帰属意識を高めて離職率を低下させることができる一方で、集団浅慮を引き起こす要因にもなります。集団浅慮は、組織の視野狭窄や会議の形骸化など、企業に対して様々な悪影響を及ぼします。今回は集団凝集性によって起こり得る集団浅慮について、言葉の意味や発生する要因、対策方法などをご紹介します。

集団凝集性とは?意味や定義、企業へのメリット・デメリットについて

集団凝集性とは、集団のメンバーを集団に留まらせる「求心力」や「動機付け」などの内的な力を意味する言葉です。集団凝集性を高めることで、社員の企業への帰属意識が高まり、労働生産性の向上や離職率の改善につながります。今回は集団凝集性の意味や定義、集団凝集性を高める要因とメリット・デメリットについてご紹介します。

心理的安全性の論文の内容とは?重要なポイントを分かりやすく解説!

心理的安全性はGoogleの発表で注目を集めた言葉ですが、心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学のエイミー・エドモンソン教授です。エドモンソン教授の論文には、心理的安全性のメリットや高める方法が詳しく書かれています。今回は、心理的安全性の論文の内容について、重要な部分をピックアップしてご紹介します。

心理的安全性を解明したGoogleのプロジェクト・アリストテレスとは?

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。Googleのプロジェクト・アリストテレスによる研究の結果、心理的安全性を高めることで、チームの労働生産性が大きく向上することが判明しました。今回は心理的安全性と労働生産性との関係について発表した、Googleのプロジェクト・アリストテレスの研究についてご紹介します。

心理的安全性とは?意味や定義、企業へのメリットや注意点について

心理的安全性とは、チームの生産性を高める重要な要素として、Googleが2015年に発表したことで注目を集めた言葉です。心理的安全性が高い職場では、従業員が失敗を恐れずに発言・行動できるため、チームの生産性が大きく向上します。今回は、心理的安全性という言葉の意味や定義について説明した上で、心理的安全性を高めるメリットや注意点についてご紹介します。

ソーシャルスタイルの相性とは?タイプごとの相性や接し方について

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイルの相性を知っていれば、コミュニケーションの円滑化やトラブル防止に役立ちます。今回はソーシャルスタイル理論で分類される4タイプの相性と、それぞれのタイプとのコミュニケーション方法についてご紹介します。

適材適所な人材配置のやり方とは?スキル・価値観・職場を見極めよう

適材適所の人材配置を実現することができれば、従業員エンゲージメントやモチベーション、労働生産性が向上し、離職率も低下する、非常に魅力的な施策です。しかし、具体的に何から手を付けたらよいのか、イメージがわきづらいのも事実。適材適所の人材配置を実現するために、必要なことを3つに絞って説明します。

社内コミュニケーションゲームとは?新人研修や内定者研修にも使える

社内コミュニケーションの活性化を目的とした、グループワークやグループワークディスカッションなどの気軽に参加できるゲームが、内定者研修・社員研修において注目されています。チームとして共通の目的を持ちながら楽しく取り組めるゲームは、業務と離れた立場・関係のない話題の中で気軽にコミュニケーションができ、結果社内コミュニケーションの活性化に繋がります。社内コミュニケーション活性化施策として社員研修や内定者研修にゲームを取り入れることのメリット・デメリット、よく使われるゲームの具体的な例について説明します。

社内コミュニケーション活性化「社内イベント」の事例や効果とは?

社内コミュニケーション活性化の手段として、社内イベントが注目されています。一言でイベントと言っても、全社会議や表彰式だけでなく、運動会やキャンプなど様々な形式があります。社内コミュニケーション活性化の目的である、社員に好まれるイベントや、逆に参加したくないイベントなどの調査結果から成功要因・失敗要因について説明します。

社内コミュニケーションツールとは?種類や導入に注意すべきこと

社内のコミュニケーションを円滑にするため、社内SNSなどのツール導入が進んでいます。しかし活用されずに失敗に終わるケースも多く、活用方法と情報共有の難しさを物語っています。社内SNSをはじめとした、コミュニケーションツールをいかに活用していくか、ポイントについて説明します。