記事カテゴリー

「 教育研修 」一覧

信頼関係を築く傾聴の姿勢とは?傾聴の心構えを理解し、教育研修に活かす

業務を行う上で、コミュニケーションスキルは欠かすことができません。不要な軋轢や意思疎通の不具合は生産性を低下させてしまう要因になりかねませんので、コミュニケーションスキルが高い人材というのは普遍的な価値を持っていると言えるでしょう。この記事では、従業員のコミュニケーションスキルを向上させたいという経営者や人事担当者が、具体的にどのような施策を打てば良いかのヒントを紹介します。

傾聴力を見極めるポイントとは?3つの要素と段階を理解しよう!

若手採用の際に極めて重要な評価ポイントになるのがコミュニケーション能力。そのなかでも、意思疎通において欠かせない「傾聴力」をどのように評価したら良いかわからない人事担当者や経営者も多いのではないでしょうか?この記事では、傾聴力を支える概念や習熟度をチェックするためのポイントを紹介します。要点さえ的確に押さえることができれば、採用の現場だけでなく従業員のコミュニケーション能力の育成も視野においても役立てることが可能です。

リカレント教育とミドル・シニア人材の活用方法の関係性とは?

リカレント教育とは、義務教育や基礎教育を受けて以降、社会に出て仕事をするようになってからも、個人が教育機関に戻って学ぶことができる教育システムです。リカレント教育は、若年層だけでなくミドル・シニア世代の人材にとっても重要です。今回は、ミドル・シニア世代のリカレント教育がいかに必要かについて掘り下げていきます。

リカレント教育における日本の現状とは?制度の整備が進められている

リカレント教育とは、義務教育や基礎教育を受けて以降、社会に出て仕事をするようになってからも、個人が教育機関に戻って学ぶことができる教育システムです。海外で一般的なリカレント教育は、日本の実施率は非常に低いですが、政府も様々な制度を整備し、普及させる取り組みを実施しています。今回はリカレント教育における日本の現状や展望について説明します。

リカレント教育とは?目的や重要性、制度導入のメリットについて

リカレント教育とは、義務教育や基礎教育を受けて以降、社会に出て仕事をするようになってからも、個人が教育機関に戻って学ぶことができる教育システムです。海外で一般的なリカレント教育は、日本の実施率は非常に低いですが、多くの従業員が再教育を受けたいと希望しています。今回はリカレント教育を実施する目的や重要性、制度導入における企業・従業員にとってのメリットについて説明します。

経営人材の育成に成功した企業の事例とは?具体的な育成方法について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、多くの企業が抱える課題であるため、育成方法には各社様々な工夫がなされています。今回は経営人材の育成に成功した企業の事例について、具体的な課題や育成方法とあわせてご紹介します。

コーチングの実施方法とは?実施フローを7つのステップでご紹介!

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングを実施する際には、実施フローにのっとってステップごとに進めていく方法が効果的です。今回は、コーチングの実施方法を7つのステップに分けてご紹介します。

経営人材育成のガイドラインとは?内容を要約して分かりやすく解説!

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、日本を支える各企業にとっての課題であるため、国にとっても重要な課題となっています。今回は、経済産業省が公開している経営人材育成ガイドラインの内容を分かりやすくご紹介します。

コーチングに必要なスキルの種類とは?スキルアップの方法について

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングを行うコーチには、コミュニケーションを円滑に行うためのさまざまなスキルが求められます。今回はコーチングに必要なスキルの種類や、コーチングスキルを向上させる方法についてご紹介します。