記事カテゴリー

「 教育研修 」一覧

カークパトリックモデルとは?教育研修の評価測定を明確化しよう!

カークパトリックモデルとは、教育研修の評価方法として開発されたモデルです。人材育成における教育研修においては、多くの企業が実施しているものの、知識が身についているか、実践できているかなどを正しく評価できている企業は多くありません。今回はカークパトリックモデルの概要について説明します。

トレーニンググループとエンカウンターグループの違いとは?

トレーニンググループとエンカウンターグループは、ともに人間関係を通じた能力の発展を目的として行われる体験型学習です。実施事例も多く実証研究も盛んに行われており、コミュニケーションやリーダーシップの教育研修として多くの企業に採用されつつあります。今回はトレーニンググループとエンカウンターグループの違いについて説明します。

Tグループとは?体験型学習でコミュニケーションや人間関係を学ぶ

Tグループとはトレーニンググループのことを指し、コミュニケーションやリーダーシップなどの人間関係を総括して深く学べる体験学習方法です。福祉職や管理職に向けた教育研修として用いられていましたが、近年は新人教育やチームビルディングなどにも活用されています。今回は企業の人材育成にも活用できる体験型学習Tグループについて説明します。

アダプティブラーニングの導入企業事例とは?自社独自の運用が大切

アダプティブラーニングとは、個人の習熟度や理解力に基づいて、学習内容を提供する仕組みのことです。アダプティブラーニングを導入するためには自社の課題や学習してほしい内容を明確にして運用することが大切です。今回はアダプティブラーニングを導入して成功させた企業事例について説明します。

アダプティブラーニングとは?能力に合わせた教育研修を実施しよう

アダプティブラーニングとは、個人の習熟度や理解力に基づいて、学習内容を提供する仕組みのことです。元々は教育現場で用いられた概念ですが、近年は企業での教育研修にも用いられています。今回はアダプティブラーニングの概要について説明します。

プレゼンテーションスキルの向上方法とは?心掛けたい3つのポイント

ビジネスではプレゼンテーションをしなければならないシーンが度々訪れます。相手に意図を伝えるスキルでもあるプレゼン力ですが、実に7割以上のビジネスパーソンがそのスキルに不安を抱えているという調査結果も報告されています。ではどうすれば上手くなるのでしょうか?この記事では、プレゼンテーションスキルを向上させる3つのポイントを紹介します。

仕事を辞めない人づくりとは?職場環境・教育制度の改善を行おう!

多くの企業で「人手不足」が叫ばれている昨今、新たな人材獲得だけでなく、今いる従業員の離職を防ぐことも大切な人事課題となっています。主な離職理由として挙げられるのは「待遇・人間関係・やりがい」の3つです。人事業務として、これらに何らかの対策を講じることは可能でしょうか?この記事では、職場環境や教育制度の改善により、どのように「仕事を辞めない人づくり」を行えるかを説明します。

経験学習モデルを意識した人材育成方法の事例とは?自社でも活用しよう

1つの経験から多くを学び深く理解する経験学習モデルは、人材育成の現場ではぜひ取り入れたい学習事例のひとつです。業務で得た知識や経験を最大限に活かすためには、経験学習サイクルを回すことが大切で、自社制度に経験学習サイクルを取り組れることで、自然に経験学習を行うことができます。今回は経験学習サイクルを意識した人材育成の取り組み事例について説明します。

プレゼンテーションスキルを活用するメリットとは?細分化して考えよう

プレゼンテーションスキルは相手にお願いしたことをやってもらうために大切なスキルです。こちらの意見を伝え、理解してもらうことができて、はじめて人は動きます。一方的ではなく、双方的なコミュニケーションスキルと考えることもできるでしょう。この記事では、ビジネスシーンで不可欠なプレゼンテーションスキルとはなにかを解説し、実際にどのように活用していくかを紹介します。

経験学習におけるサイクルとは?経験からの学びを効果的にするために

経験学習とは、日々の業務や人間関係など全ての経験を通して学ぶ事です。経験からの学びを最大限に活用するためには、体系化された経験学習サイクルを理解し、うまく循環させることが大切です。今回は経験学習サイクルにおけるそれぞれのサイクルについて説明します。