記事カテゴリー

「 教育研修 」一覧

社外メンターの効果を最大化させるポイントとは?従業員への周知が大切

社外メンター制度とは、従業員の悩みなどを相談する相手を社外の人に依頼する制度です。社外メンター制度の効果を最大化させるためには相談の内容や目的を前もって共有しておき、アフターケアもしっかり行うことが大切です。今回は社外メンター制度の効果を上げる方法について説明します。

社外メンター制度とは?社内メンターとの違いを理解して有効活用しよう

社外メンター制度とは、従業員の悩みなどを相談する相手を社外の人に依頼する制度です。社内では相談できない人間関係の悩みを解消できる可能性があるだけでなく、自社にとらわれない新しい発想のアイディアにつながる可能性もある制度です。今回は社外メンター制度について説明します。

リバースメンタリングプログラムのメリットや導入時の注意点とは?

リバースメンタリングとは、逆メンター制度とも呼ばれ、若手社員が役員に対して仕事の助言を行う仕組みのことです。リバースメンタリングプログラムは、次世代の後継者やリーダーを育成する方法として非常に有効です。しかし、どうすればリバースメンタリングプログラムを社内に導入できるのでしょうか。今回は、リバースメンタリングプログラムのメリットや導入時の注意点についてまとめます。

リバースメンタリングとは?役員や管理職を育成できる手法について

リバースメンタリングとは、逆メンター制度とも呼ばれ、若手社員が役員に対して仕事の助言を行う仕組みのことです。若手社員の知識を役員などが吸収していくことで、激変する市場などに対応した施策や考え方を学ぶことができるだけでなく、若手社員にも役員との距離が近くなり、役員ならではの思考なども理解できる場となります。今回はリバースメンタリングについて説明します。

ジュニアボード制度の導入に役立つ企業事例とは?

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を導入したからと行って必ず成功するわけではなく、失敗してしまった起業も多くあります。今回はジュニアボード制度の企業事例について説明します。

ジュニアボード制度のやり方とは?研修実施前の事前準備や注意点について

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を実施するためには、メンバーや議題の選定など、様々な準備が必要です。今回はジュニアボード制度のやり方について説明します。

ジュニアボード制度とは?意味や目的、導入時の注意点について

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。次世代の役員や管理職の育成にも効果的な手法ではありますが、導入すれば必ず成功するわけではないため、メリットだけでなくデメリットや注意点についても理解しておくことが大切です。今回はジュニアボード制度の概要について説明します。

隠れ倒産が起きる原因や対策方法とは?人材育成が求められている

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産が起きる原因や対策方法について説明します。

隠れ倒産とは?減少傾向にある倒産件数の裏で問題となる後継者

隠れ倒産とは、会社の資産が債務を上回っている状態でありながら、倒産以外で事業継続を断念する休廃業・解散を意味する言葉です。負債を抱える倒産件数は毎年8000件程度で推移していますが、隠れ倒産の件数は年々増加傾向にあり、原因として後継者問題が考えられています。今回は隠れ倒産について説明します。

グローバルリーダーを育成する方法とは?中長期的な教育研修が必須となる

グローバルリーダーとは、言語のみならず、国境、地域、文化など様々な分断線を越境して幅広く活躍できるビジネスリーダーのことです。市場のグローバル化や外国人人材の活用などでグローバルリーダーの需要は高まっており、採用する難易度も比例して高まるため、中長期的に育成することが大切です。今回はグローバルリーダーを育成する方法について説明します。