記事カテゴリー

「 動機付け 」一覧

ナラティブアプローチとは?従業員の自主性を生み出すために

ナラティブアプローチとは物語や語りによるアプローチのことで、相手の語る物語を通してその人らしい解決方法を見つけるカウンセリングなどに用いられている方法です。ナラティブアプローチは、キャリアビジョン形成やマネジメントによる部下への教育にも活用することができます。今回はナラティブアプローチについて説明します。

パフォーマンスマネジメントのやり方や注意点とは?人事部のサポートが大切

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。パフォーマンスマネジメントを実施するためには、評価制度の抜本的な見直しが必要になります。今回はパフォーマンスマネジメントのやり方や注意点について説明します。

ストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点とは?フォローが大切

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。達成困難な目標を設定したことによって、従業員も予想以上に成長する可能性もありますが、適切な運用を行うにはフォローが必要不可欠であり、フォローがないとパワハラとみなされる可能性もあります。今回はストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点について説明します。

パフォーマンスマネジメントとは?自発的な行動を促す手法

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。目標管理については従来のマネジメント手法とほとんど変わりませんが、中長期的な目標をベースとした従来の評価方法に見られたタイムラグを防ぐことができます。今回はパフォーマンスマネジメントについて説明します。

ストレッチ目標とは?達成困難な目標設定はどんな効果があるのか

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。ストレッチ目標は目標を達成する結果に意味があるのではなく、目標を達成するプロセスに意味を見出します。しかし現実的でない目標設定は、従業員の不満を生む原因につながる可能性もあります。今回はストレッチ目標について説明します。

行動科学マネジメントのやり方や実施方法とは?ABCモデルを理解する

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。行動科学マネジメントはABCモデルを理解すれば、誰でも簡単に行うことができます。今回は行動科学マネジメントのやり方や実施方法について説明します。

行動科学マネジメントとは?再現性を持った成果の最大化を目指す

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。同じ行動を起こせば同じ成果が得られるマネジメントなので、人事制度や育成計画の設計で大きな効果が期待できます。今回は行動科学マネジメントについて説明します。

ウェルビーイングの取り組み方法とは?従業員を幸せにするために

ウェルビーイングとは、個人やチームが、身体も心も社会的にも健康な状態であることを意味する概念です。ウェルビーイングを実現するためには、ウェルビーイングを構成する要素や取り組み方法を知っておくことが大切です。今回はウェルビーイングの取り組み方について説明します。

ウェルビーイングとは?従業員の健康ややる気における現状と目標について

ウェルビーイングとは、個人やチームが、身体も心も社会的にも健康な状態であることを意味する概念です。「病気ではないから幸せ」という考えではなく、「人間関係も、経済的な面も、それなりに満足できている」という多岐に渡る幸福を目指すものです。今回はウェルビーイングについて説明します。

モラールサーベイの質問項目とは?マズローの5段階欲求を参考にしよう

モラールサーベイとは、従業員意識調査とも呼ばれる、従業員が抱える問題意識ややる気に関する現場の声を調査し、統計的に分析する方法です。モラールサーベイを実施するためには質問項目の設定が大切ですが、マズローの5段階欲求をベースに考えると、効果的に課題を把握できます。今回はモラールサーベイの質問項目について説明します。