記事カテゴリー

「 動機付け 」一覧

ニコルソンのトランジション理論とは?良いサイクルを回し続けるために

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。ナイジェル・ニコルソンは、キャリア・トランジション・サイクルのモデルを整備した学者で、トランジションを循環モデルとして捉えました。良い循環ができれば良い影響を生み続けるのに対して、悪循環が起きてしまうと悪い影響が出続けてしまいます。今回はニコルソンのトランジション理論について説明します。

シュロスバーグのトランジション理論とは?従業員のキャリアを考えるために

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。シュロスバーグはアメリカのキャリアカウンセリングの理論家・実践家であり、他の理論家とは異なったトランジションの捉え方をして、4つの支援によってトランジションを乗り切る理論を提唱しています。今回はシュロスバーグのトランジション理論について説明します。

ブリッジスのトランジション理論とは?3段階に分けて乗り越える

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。アメリカの心理学者であるウィリアム・ブリッジスはトランジションを3つのプロセスに分けて考えることで、各段階を乗り切る方法について提唱しています。今回は変化の激しい時代に適したキャリア理論であるブリッジスのトランジション理論について説明します。

トランジションとは?人材定着のために考えたい従業員のキャリア

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。キャリアにおいてもトランジションは存在し、発達心理学をベースとしたキャリアカウンセリング理論ではトランジションに対する様々な理論が提唱されています。今回は従業員のキャリアを考える上で重要なトランジションについて説明します。

スローキャリアの理論とは?自分らしく生きる基本ポリシーについて

スローキャリアとは自分の納得のいく働き方を大切にしてキャリア形成していくことです。スローキャリアの大切なことは「自分らしく生きる」ことです。スローキャリアを表したのが「スローキャリアの基本ポリシー7条」です。今回はスローキャリアの理論について紹介します。

スローキャリアとは?出世や昇進ではなく自分らしく働くキャリア

スローキャリアとは自分の納得のいく働き方を重視しながらキャリアを形成していくことです。スローキャリア人材は、出世や昇進に魅力を感じない傾向が強いですが、仕事やキャリアに無関心な人ではありません。今回はスローキャリア人材の特徴や人事での活用の仕方についてご紹介します。

プランド・ハップンスタンスセオリーの5つの行動指針とは?

プランド・ハップンスタンスセオリーとは人生の様々な偶然から意図的にキャリアを形成していく考え方です。予期しない偶然はただ待っているだけでは何も始まらず、自ら創り出せるように積極的に行動したり、周囲の出来事に神経を研ぎ澄ませたりして、偶然を意図的・計画的にステップアップの機会へと変えていくべきだと考えられています。今回はプランド・ハップンスタンスセオリーの5つの行動指針について説明します。

プランド・ハップンスタンスとは?偶然がキャリアを作る新しい理論

プランド・ハップンスタンスとは、キャリアゴールを決めず自分の人生に起こる偶然の出来事からキャリアを形成していく理論のことです。プランド・ハップンスタンスは活用するメリットも多く、現在のキャリア形成でも活用できます。今回はプランド・ハップンスタンスについてご紹介します。

エンプロイメンタビリティを向上させる方法とは?影響する要因を理解しよう

エンプロイメンタビリティとは、求職者から魅力的と感じ、社員から働き続けたい企業に感じるかという価値を意味しています。入社したいと思ってもらう会社にするために何が必要なのでしょうか。今回はエンプロイメンタビリティを向上させるために、影響を与えている要素について説明します。