記事カテゴリー

「 動機付け 」一覧

オーナーシップとは?企業経営で重要視される理由や活用するメリット

オーナーシップとは「担当する業務を自分ごと化できる姿勢」のことで、モチベーションや従業員エンゲージメントに強く影響を与える要素です。オーナーシップは経営者だけでなく、すべての従業員が持ち合わせていることが理想の組織です。今回はオーナーシップの基本的な考え方やメリット、注意点を紹介します。

SNSを利用した採用活動とは?どのようなコンテンツを発信すべきか

近年多くの企業が注目するSNSを活用したソーシャルリクルーティング。実際に導入する場合、数あるSNS媒体の中でどの媒体を利用したらいいのでしょうか?またどのようなコンテンツを発信すべきなのでしょうか?運用の準備や運用開始後の具体的な活動内容について紹介します。

ソーシャルリクルーティングとは?SNSを活用した新しい母集団形成

LINEなどのソーシャルメディアは、我々の生活に深く根付いています。一方で、ソーシャルメディアを就職活動で活用したくない学生も一定数いるのも事実です。今回はソーシャルメディアを活用したソーシャルリクルーティングの概要やメリットについて説明します。

ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論の違いとは?

ポーターとローラーの期待理論とは、社員のモチベーションを高めるためには「仕事に対する報酬」と「企業の目的と社員の目的の一体化」が重要であるとする理論です。期待理論にもとづいたマネジメントを行えば、社員のモチベーションアップにともなう生産性の向上が期待できます。今回は、ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論との違いや、マネジメントでの活用方法をご紹介します。

ブルームの期待理論とは?計算式の具体例や企業での活用方法について

ブルームの期待理論とは、モチベーションがどのように生じるのかについて着目したモチベーション理論です。ブルームの期待理論は、以降のモチベーション理論の基礎となっている、組織のモチベーションマネジメントを行う上で是非知っておきたい理論です。今回は、ブルームの期待理論における計算式の具体例や、企業での活用方法についてご紹介します。

マクレランドの欲求理論とは?理論の概要や企業での活用方法について

マクレランドの欲求理論とは、従業員の行動には「達成動機(欲求)」「親和動機(欲求)」「権力動機(欲求)」「回避動機(欲求)」のうちいずれかの動機が存在するという理論です。マクレランドの欲求理論は、企業におけるモチベーションマネジメントの重要な参考になります。今回は、マクレランドの欲求理論の概要や各欲求が強い人の特徴、企業におけるマネジメントへの活用方法についてご紹介します。

衛生要因とは?衛生要因を高める方法やメリット・デメリットについて

衛生要因とは、不満足要因とも呼ばれる「これが整備されていないと社員は満足感を持てない」という要素です。衛生要因を満たしていない組織では、社員のモチベーションが低下するだけでなく、離職につながる危険もあります。今回はハーズバーグの二要因理論における衛生要因について、詳しくご紹介します。

動機付け要因とは?動機付け要因を高める方法やメリットについて

動機付け要因とは、達成感や承認欲求などといった、仕事への「やりがい」に直接関わる要因です。動機付け要因は、社員のモチベーションを高めて企業全体の生産性を向上させる上で、非常に重要な要素です。今回は、ハーズバーグの二要因理論における動機付け要因について、詳しくご紹介します。

ハーズバーグの二要因理論とは?動機付け要因と衛生要因について

ハーズバーグの二要因理論とは、仕事における「満足」と「不満足」につながる要因が、それぞれ全く別の原因であるとする理論です。社員のモチベーションマネジメントを行う上では、動機付け要因と衛生要因のどちらか一方だけでなく、両方を満たす必要があります。今回は、ハーズバーグの二要因理論についてご紹介します。

Z理論とは?X理論・Y理論との関係や動機付けへの活用方法について

Z理論とは、権利統制と命令統制による上からの押しつけ型であるX理論と、社員の自主性を尊重するY理論の間を取った、X理論とY理論の「いいとこどり」の理論です。Z理論を活用すれば、社員のモチベーションアップにつながる動機付けを行うことができます。今回はZ理論とX理論・Y理論との関係や、Z理論を社員の動機付けにつなげる方法などについてご紹介します。