記事カテゴリー

「 動機付け 」一覧

ワークエンゲージメントとは?従業員の心の健康度を把握していますか?

ワークエンゲージメントとは従業員の心の健康度を示す概念です。ワークエンゲージメントは一時的な状態ではなく、持続的かつ全般的な感情であるため、ワークエンゲージメントを向上させることが組織マネジメントにおいて重要だとも考えられています。今回はワークエンゲージメントについて説明します。

看護業界ではなぜリフレクションが当たり前なのか?応用方法を学ぶ

看護業界において、リフレクションは学術的な視点でも広く実証研究が行われています。得られた知見は看護業界だけでなく他の業界でも活用できます。リフレクションを定着させ、その効果を高めるためには組織全体のサポートが必要不可欠となります。今回は看護業界でなぜリフレクションが活用されているのかについて説明します。

リフレクション(内省)を効果的に進めるための手順とは?

人材育成の分野における「リフレクション(内省)」とは、自分の考えや言動、行動について深く顧みることを言います。自分自身の業務フローや、業務に対する姿勢などを客観的に振り返り、失敗したこと・成功したことも含めて見つめ直し、新たな行動へと前向きに行動を変えていくことができるようになります。今回はリフレクションの取り組み方について説明します。

リフレクションとは?人材育成には経験だけでは不十分である

人材育成の分野における「リフレクション(内省)」とは、自分の考えや言動、行動について深く顧みることを言います。自分自身の業務フローや、業務に対する姿勢などを客観的に振り返り、失敗したこと・成功したことも含めて見つめ直し、新たな行動へと前向きに行動を変えていくことができるようになります。今回はリフレクションについて説明します。

社内失業が起きる原因や対策方法とは?まずは労働状況について把握しよう

社内失業とは、会社に在籍して勤務しているが仕事がない状態や、仕事のない労働者のことです。日本企業は正社員を解雇しにくい法律があり、終身雇用が前提であった職能評価の存在によって、海外企業に比べて社内失業が起きやすい現状があります。社内失業を防ぐ方法や起きてしまった後の対応方法などはあるのでしょうか?今回は社内失業が起きる原因や対策方法について説明します。

社内失業とは?日本企業の労働生産性低下を招く、解決すべき課題

社内失業とは、会社に在籍して勤務しているが仕事がない状態や、仕事のない労働者のことです。日本企業は正社員を解雇しにくい法律があり、終身雇用が前提であった職能評価の存在によって、海外企業に比べて社内失業が起きやすい現状があります。仕事がない状態で給与を払い続けるのは組織にとっても悪影響ですが、社内失業者が周囲に与える影響についても考慮しなければなりません。今回は社内失業について説明します。

ラポール形成で最も重要な初対面・初期段階とは?影響について知っておこう

ラポールとはフランス語で「橋をかける」意味であり、心理学では「相互の信頼関係」を意味する言葉です。ラポールを形成する上で最も重要なのが、初対面である初期段階になります。初頭効果で代表される、第一印象での影響が大きいためです。今回はラポール形成における最も重要な初期段階について説明します。

ラポールを形成する具体的な方法とは?3つの方法を使いこなそう!

ラポールとはフランス語で「橋をかける」意味であり、心理学では「相互の信頼関係」を意味する言葉です。健全な人間関係構築は生産性を高め、期待以上の結果につながります。ラポールを形成するためには、前提となる意識が重要であるだけでなく、具体的な方法として行動に落とし込んでいくことも大切です。今回は、ラポール形成の具体的な方法について説明します。

ラポールとは?職場の人間関係・信頼関係を構築する重要性について

ラポールとはフランス語で「橋をかける」意味であり、心理学では「相互の信頼関係」を意味する言葉です。ビジネスシーンにおいては、社内の人間関係で信頼を作ることはもちろんのこと、社外の人間関係でも信頼を作ることが非常に重要です。今回はラポールとはなにか、重要性や活用方法について説明します。

ニコルソンのトランジション理論とは?良いサイクルを回し続けるために

トランジションとは、移行期や過渡期を意味する言葉です。ナイジェル・ニコルソンは、キャリア・トランジション・サイクルのモデルを整備した学者で、トランジションを循環モデルとして捉えました。良い循環ができれば良い影響を生み続けるのに対して、悪循環が起きてしまうと悪い影響が出続けてしまいます。今回はニコルソンのトランジション理論について説明します。