「 エンゲージメント 」一覧

従業員エンゲージメント向上させる研修とはどのような内容?

エンゲージメントの向上を願うなら「従業員エンゲージメントを高める」というハッキリした目的を持って研修を行いましょう。エンゲージメントを高める要因を絞った内容にすることが大切です。また、自社で行うエンゲージメント向上のための研修と、外部に依頼するエンゲージメント向上目的の研修では性質が異なります。自社で行う「相互理解」が進むというメリットと、社外で行う「広く新しい視野」を得られるメリット。従業員が必要としている要素を見極めて研修を行うことが、従業員エンゲージメントを高める近道です。

参考にしたい!従業員エンゲージメントが高い企業の成功事例とは

従業員エンゲージメントが高まれば様々なメリットが得られるのに対し、日本の多くの企業ではとても低いのが現状です。しかし、その中でもエンゲージメントが高い企業も存在します。日本では建設機械の国内シェア1位を誇る小松製作所や、海外ではインターネット検索エンジンの大手googleなどが有名です。これらの企業などを参考に、実際に従業員エンゲージメントを上げるための施策に落とし込む場合は、業績を上げるなどの目的ではなく従業員との共通理解を得るなど、エンゲージメントを高めることが目的です。その上で、自社に何が足りないのか、足りない部分でエンゲージメントが高い企業の施策から得るものがあるのではないでしょうか。

従業員エンゲージメントを高める具体的な施策例とは?

複数の報告から、日本企業は従業員エンゲージメントが最低水準であると報告されています。従業員エンゲージメントを高めることによって、業績や定着率の向上など、様々なメリットが得られます。従業員エンゲージメントを高めるためには、評価体制などの仕組みづくりや社内イベントなどが有効です。従業員エンゲージメントの向上施策について、どのような観点で行うべきか、説明します。

コンピテンシー評価の問題点やデメリットとは?失敗しないためのポイントとは

コンピテンシー評価を導入したものの、会社の業績が上がらない、社員から評価制度に不満が出るなどが起こる可能性はあります。コンピテンシー評価も人事評価制度として万能ではありません。コンピテンシー評価を導入する前、導入して成果が上がっていない時に確認しておきたい、コンピテンシー評価の問題点やデメリットについて説明します。

「適材適所」な人材配置のやり方とは?具体的に何をやればいいの?

適材適所の人材配置を実現することができれば、従業員エンゲージメントやモチベーション、労働生産性が向上し、離職率も低下する、非常に魅力的な施策です。しかし、具体的に何から手を付けたらよいのか、イメージがわきづらいのも事実。適材適所の人材配置を実現するために、必要なことを3つに絞って説明します。

従業員エンゲージメントを向上させるために大事な3つのこと

従業員エンゲージメントを向上させれば、業績も上がり離職率も下がるなど多くのメリットが得られます。従業員エンゲージメントを向上させるためには、向上する要因となるエンゲージメントドライバーと向上を阻害する要因について知ることが重要です。エンゲージメントドライバーを3つに分け、それぞれの要因について説明しながら、従業員エンゲージメントが向上しない、よくある理由についてもご紹介します。

コンピテンシー評価の評価項目と評価基準を人事評価に応用しよう!

コンピテンシー評価は、目に見える行動から評価ができるため、客観的で透明性もあり、中長期の人材育成にも活用できる人事評価制度です。実際にコンピテンシー評価を導入する際には「評価項目」「評価基準」「評価尺度」を明確にする必要があります。コンピテンシー評価の評価項目・評価基準・評価尺度を決める方法について、例をあげながら説明します。

従業員エンゲージメント調査とは?調査方法、ポイントについて

従業員エンゲージメントを高めると多くのメリットが得られますが、日本のエンゲージメントレベルは世界最低水準と言われています。従業員エンゲージメント向上の第一歩は、自社の現状を正しく知り、向き合うことからはじまります。今回は従業員エンゲージメント調査についてお伝えします。調査方法は、「自社で行なう」「外部専門機関に依頼する」の2種類の方法がありますが、どちらの場合も結果を真摯に受け止め、施策に落とし込むことが非常に重要になってきます。課題を一つ一つ解決し、従業員エンゲージメントを高めながら、業績アップへとつなげましょう。

コンピテンシーを人事評価制度に導入する意味やメリットとは?

あしたのチームの調査によると、自社の人事制度評価に「満足していない」従業員は全体の7割以上にもなります。全従業員一律で給与を挙げても、実績をあげている優秀な社員から不満が出るなど、自社の人事評価制度の整備は重要な課題です。コンピテンシーを用いた人事評価制度は、従来の職務能力評価に比べると、評価基準や評価項目が客観的であり、公平な人事考課に活かせるだけでなく、中長期的な企業の発展に貢献できる可能性を秘めています。今回はコンピテンシーを人事評価制度に導入する目的や意義、メリットやデメリットについて説明します。

業績アップのカギとなる、従業員エンゲージメントとは一体なに?

事業を成功させ、成長させていくために非常に重要とされる「従業員エンゲージメント」。企業と従業員の愛着を指す言葉で、従業員が自発的に自分の力を発揮する貢献意欲のことです。これを高めることで、従業員の意欲を向上させ、企業収益を増加させたり、離職率を下げるなど多くのメリットがあります。世界ではすでに研究が進み業績向上につながることが証明されていますが、調査により日本はエンゲージメントが低いことがわかりました。「従業員エンゲージメント」を理解し、高めていくことが、これからの業績を伸ばしていくためのカギになるかもしれません。