戦略人事とは?意味や定義、導入する目的やメリットについて

戦略人事の重要性とは?多くの企業で導入が進んでいない理由について

戦略人事とは、戦略的人的資源管理の略語で「企業の経営戦略の目的達成を目指して、人的マネジメントを行うこと」を意味する言葉です。

戦略人事は、日本のビジネス界において近年大きな注目を集めています。日本の人事部の人事白書2018によると、約9割の企業が戦略人事の重要性を認識しているという調査結果が出ています。

戦略人事は重要である(全体)
出典元『日本の人事部』9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割

同調査の結果を業種別にみると、戦略人事が重要であると考えている企業の割合は、市況よりも業績の良い企業ほど高く、悪い企業ほど低いという結果が出ています。

戦略人事は重要である(業種別)
出典元『日本の人事部』9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割

ほとんどの企業が戦略人事の重要性を認識しており、重要性の認識度が高い企業ほど業績が良いという結果が出ている一方で、戦略人事を実践できていると答えた企業は約3割という結果が出ています。

戦略人事を実践できている
出典元『日本の人事部』9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割

日本の人事部の調査結果からは、多くの企業が戦略人事の重要性を認識していながらも、上手く実践できている企業は全体の3割程度にすぎないという現状が見て取れます。

今回の記事では、戦略人事の意味や定義、導入する目的やメリットなどについてご紹介します。

戦略人事とは?意味や定義、導入する目的やメリットについて

戦略人事とは、1990年代にアメリカの経済学者デイブ・ウルリッチ氏が提唱した概念です。戦略人事では、人事は従来の管理業務を中心とする仕事ではなく、経営戦略に深く関わって事業戦略の実現をサポートする仕事であると定義されています。

戦略人事の概念が生まれた背景としては、各企業を取り巻く環境の変化が激しくなり、従来の組織のあり方では変化についていけなくなった市場スピードの変化が挙げられます。

「戦略」という言葉は「経営戦略」といった言葉でも表されるように、従来は経営者の役割であると考えられていました。経営戦略は、企業が将来達成すべき目標やビジョンを描いたり、社会貢献の仕方や業績を伸ばすための方針を決めるなど、企業の重要な要素となっています。

戦略人事は、人事が企業の経営戦略に積極的に関わり、事業計画を達成する為に必要な手段の考案・実行を行うべきであるという考え方なのです。

戦略人事を導入する目的とは?

戦略人事の主な目的は「人」と「組織」の2つの側面から、経営戦略にもとづいて組織変革をリードしていくことです。

企業が戦略人事を導入する目的は、人事のあり方を従来の「なんとなく良さそうな人材を毎年一定数採用し、研修をするだけの受け身な仕事」から「採用・研修が経営戦略上どのような意味を持つのか理解し、経営戦略に合わせて計画的に採用・研修を行う仕事」へと変革することです。

戦略人事を導入するメリットとは?

戦略人事を導入するメリットとしては、経営戦略と人材マネジメントが融合しているため、経営状況に対応した人材活用が可能になる点が挙げられます。

従来の人事では、経営戦略から切り離されているため、経営陣に言われてから人材の採用や研修のために動き出すことになり、スピード感がありません。また「命じられた採用や研修が経営戦略上どんな意味を持つのか」という本質的な理解が置き去りになっているため、経営戦略にマッチした人材マネジメントを効率的に行えないという問題があります。

戦略人事を導入すれば、人事が常に経営戦略にコミットしているため、競合他社との差別化・優位性を人事面で構築できるようになります。

戦略人事を導入する上での課題とは?

戦略人事は、企業にとって導入するメリットが多く、多くの企業で重要性が認識されてます。しかし記事の冒頭でもご紹介したように、多くの企業で導入が進んでいないのが現状です。

戦略人事の重要性やメリットが認知されているにもかかわらず、多くの日本企業で導入が進んでいないのは、従来の日本型の組織体制が人事部の動きを止めてしまうことが原因として挙げられます。

終身雇用・年功序列・企業別組合などの日本型の人事制度のあり方は、高度経済成長期に注目を浴びて当時の日本企業の強さを支えていましたが、状況の変わった現在でも従来の制度のあり方を変えられない企業が多いのです。

戦略人事を導入するために、自社の課題を明確化しよう!

戦略人事とは、戦略的人的資源管理の略語で「企業の経営戦略の目的達成を目指して、人的マネジメントを行うこと」を意味する言葉です。

戦略人事は、多くの企業が重要性を理解していながらも、実践できている企業は3割程度にすぎないという現状があります。戦略人事の具体的な内容は各社各様であるため、戦略人事を導入する際は自社の企業戦略における課題を明確にし、人事業務との関係性や改善できる点を整理して、具体的な人事業務へ落とし込むところから始めるとよいでしょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ