HSP(Highly Sensitive Person)の特徴とは?適材適所を実現するために

相手の言動が気になりすぎることはありますか?

「人の表情や態度の変化に敏感」「相手のささいな言動で傷ついてしまう」「同僚が叱責されるのを見ると、自分のことのように苦しい」。こういった経験に思い当たる方は、もしかすると「HSP(Highly Sensitive Person)」かもしれません。

HSPとは、米国の心理学者であるエイレン・N・アーロン博士によって提唱された概念です。繊細な度合いが強く、人の気持ちや下界からの刺激に敏感な人たちを表す概念で『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ』という著書によって、世界中で認知されるようになりました。

HSPは一つの特性であり精神的な問題ではありませんが、近年仕事と厚生労働省の調査では、うつ病など精神障害の請求件数は増加傾向にあります。HSPの人材への対応も含め、ストレスチェックの義務化など、企業に対して労働環境を整備することが求められているのが現状です。数値でいうと、職場でストレスになっていると感じる事柄がある労働者は過半数を超えており、喫緊の課題となっています。

強いストレスとなっていると感じる事柄がある労働者割合の推移
出典元『厚生労働省』平成 30 年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況

現代のような変化の激しい社会の中で、人一倍繊細で、刺激に敏感な特性を持つHSPのような人は、全人口の15%~20%程度いるとされています。今回は、HSP人材の特徴についてご紹介します。

HSP(Highly Sensitive Person)とは?

「HSP」とは「Highly Sensitive Person」の略で、人一倍繊細で、人の気持ちや光・音・香りなどの外的な刺激に敏感な人たちを表す概念です。HSPの人は日頃からささいなことに疲れやすかったり、人の感情に同調したり巻き込まれたりして苦しい思いをしたり、頼まれごとを断れず、自分のことを責めやすいといった特徴があります。

HSPは、米国の心理学者、エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。HSPを提唱した経緯は、アーロン博士自身が『とても敏感な人』=HSPであり、自身の敏感さと生きづらさを研究しようとしたことが発端と言われています。アーロン博士は、研究のために同じような特徴を持つ人たちを研究したところ、人種や性別・年齢などに関係なく、どの国民にも一定の割合でこのような「とても敏感な人」がいることをつきとめました。HSPは環境などの後天的なものではなく、先天的な気質、つまり生まれ持った性質であることも明らかにしたのです。

同氏が提唱するHSPの理論では、HSPには4つの属性があるとされており、この属性は、頭文字をとって「DOES」と呼ばれます。

  1. Depth of processing:丁寧で、深い情報処理を行う
  2. Over aroused:過剰に刺激を受けやすい
  3. Emotional reactivity and high empathy:感情の反応が強く、共感力が高い
  4. Sensitivity to subtle stimuli:些細な刺激にも反応する

HSPの特徴は先天的なもののため、表面的な意識だけではコントロールすることは難しいと言われています。HSPは、いわば『生まれつき感度が高い人』とも言えます。

HSP人材の特徴について

HSPの人は敏感すぎる性質が顕著なため、以下のような特徴が挙げられます。

刺激に敏感/感覚が鋭く、人の気持ちやさまざまな刺激に敏感

彼らは外部からの刺激に敏感なため、外的な物音や光、味やにおいなど、五感がキャッチする刺激に対して過度に反応する傾向があります。

相手の感情やその時々の周りの雰囲気など、目に見えないエネルギーに対しても敏感に反応します。他者の退屈な表情や人を見下した態度などを敏感に察知してしまい、傷ついてしまうこともしばしばあります。

心の境界線がもろい/内省的で、物事を深く考える傾向がある

自分のテリトリーや自分が自分であるためのバリアのようなものが「心の境界線」です。HSPの人は、この境界線が一般的な人よりももろいため、意識するしないに関係なく、相手からの影響を強く受ける傾向にあります。

ポジティブにいうと、人の気持ちを敏感に感じ深く共感するというすばらしい一面があります。逆にとらえると、相手に対して過剰に同調したり相手の気分や考えに引きずられ、自分を見失ってしまうとネガティブな側面があるということでもあります。

HSPの脳は物事を深く処理する能力に長けています。想像力が豊かで、一日中考え事をしていても飽きない内省的な傾向もあります。さまざまな観点から物事を考えることができるので、偏見のない目で物事をみることが上手です。

外部からさまざまな刺激を取り入れてしまうため、疲れやすい

HSPの人は刺激に敏感であるがゆえ、疲れやすいという特徴を持っています。いつも周りに気を遣っているためヘトヘトになりやすく、楽しいことであってもグッタリと疲れてしまう傾向があります。

たとえば、旅行や引っ越し、転職といった環境の変化には、人一倍強いストレスを感じます。新しい場所に適応するのに時間がかかることもあり、慣れるまでは疲れをため込んでしまうこともあるでしょう。もちろん、人混みやパーティなど大勢の人数に囲まれる状況では、気を使い過ぎてしまい疲弊することもあります。

自己肯定感が低いため、他者に利用されてしまう可能性がある

HSPの人は自分が繊細なだけに、めったに相手を責めません。基本的に良心的で優しく、相手のことを優先しがちです。相手のことを気にするあまり、ちょっとしたことでも、自分の方が悪いのでは…、とネガティブな方向に考えてしまいます。基本的に自分に自信がないため、怒りの感情の標的にされることも多く、自分の本音を隠してしまうことから人との関わりが苦手な人が多いのも特徴です。

物事がうまくいかなかったときには一人で責任を背負い込みやすく、それが自己肯定感の低さにつながってしまいます。他者に共感する良心的な心と自信のなさにつけこまれ、周りの人に利用されて傷ついてしまうこともあるため、周りがそれに気づき、うまくフォローしていくことが重要です。

全人口の15~20%を占めると言われるHSPですが、逆にいえば、8割ものHSPでない人たちに囲まれて生活していることになります。社会の常識やルールも、積極性や競争的なものを良しとされる場合はビジネスやプライベート問わず多く、HSPの持つ「思慮深さ」や「きめ細かさ」といった美点は、過小に評価されることも往々にしてあります。こういった価値観の社会では、HSPの方々は自らが持つ美点に自信を持つことができにくく、少数派であることと相まって社会の主流になりづらい実状があります。

HSPには、思慮深さやきめ細かさ、倫理観、豊かな感受性など、さまざまな美点があることはまぎれもない事実です。これらの美点を生かせる仕事や趣味を見つけることが、HSPが自信を持って社会で活躍するための鍵となります。

HSPの特徴を“プラス”に判断して活かすことが大切

HSPとは、高度な感覚処理感受性を持つ人のことであり、生まれながらの特性として、得意なこと・苦手なことがあります。

人事担当者や経営者は、HSPの特徴を理解し、彼らの得意なことが何か、どの仕事で輝かせることができるかを考え最適な職務を割り当てることが重要です。それによって、HSPが最大限活躍できる場をつくることにつながるのです。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

プライバシーポリシー

関連するタグ