キャリアデザインの方法とは?企業側から支援する方法について

キャリアデザインとは?多くの人が自身のキャリアに不安を抱えている

キャリアデザインとは「どんな仕事をしたいか」「どのような働き方や家庭生活を送りたいか」といった人生の理想を描き、理想の実現に向けた計画を設計することを意味します。

少子高齢化による人手不足が続く中で、社員の離職を防止して企業が成長を続けるためには、自社内で働く社員のキャリア形成・能力開発が必要不可欠です。

総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社の調査によると、キャリアビジョンを持っていないと答えた人は、調査対象者全体の72.8%でした。労働者の多くがキャリアビジョンを持っておらず、自身の今後についてビジョンが描けていない状態であることがわかります。

キャリアビジョンをもっているか
出典元『Adecco』「人生100年時代」のキャリアビジョンに関する意識調査

同調査によると、キャリア構築についての不安があると答えた人は、調査対象者全体の76.9%でした。キャリアビジョンを持っていないと答えた人の割合とほぼ同じであることから、今後のビジョンが描けていない状態は本人が望んでいる状態ではなく、労働者の多くがキャリアビジョンの構築を望んでいることが分かります。

キャリア構築についての不安
出典元『Adecco』「人生100年時代」のキャリアビジョンに関する意識調査

社員が自身のキャリアに不安を抱えていると、仕事へのモチベーションが低下し、労働生産性の低下や離職につながる恐れがあります。社員が抱えるキャリアへの不安を解消するためには、企業が率先して社員のキャリアデザインを支援する方法が効果的です。

今回の記事では、キャリアデザインの方法と、企業が社員のキャリアデザインを支援する方法をご紹介します。

キャリアデザインとは?社員のキャリアデザインを支援する方法について

キャリアとは、本来は人生で積み重ねた経験や実績を意味する言葉ですが、ビジネス業界においては仕事の経験や結果、就職や出世、あるいは仕事そのもののことを意味します。

キャリアデザインの方法と企業が社員のキャリアデザインを支援する方法をご紹介します。

キャリアデザインの方法と企業側から支援する方法とは?

キャリアデザインとは「どんな仕事をしたいか」「どのような働き方や家庭生活を送りたいか」といった人生の理想を描き、理想の実現に向けた計画を設計することを意味します。

キャリアデザインの方法は、大きく4つのステップに分けられます。

  1. 人生を振り返り、自分の価値観を自覚する
  2. 将来の理想を描く
  3. 現状を整理する
  4. 今後の目標と計画を設計する

1.人生を振り返り、自分の価値観を自覚する

キャリアデザインを行う1つ目のステップとして、キャリアを「人生そのもの」という広義で捉え、今までの人生を振り返ります。

  • 進学先や就職先を選ぶ際、なぜそこを選んだのか?何をしたかったのか?
  • 選択の際に自分がどのようなことに意味や価値を見出していたのか?
  • 勉強や業務で得られたスキルや自分の強みは何か?

上記のような振り返りを行うことで、人生で得た経験や自分の選択を通して、自分にとって譲れない生き方や価値観とは何かが見えてきます。

2.将来の理想を描く

キャリアデザインを行う2つ目のステップとして、将来自分がどうありたいかを考えます。

漠然としたイメージで構わないので、1年後、3年後、5年後、10年後、どんな姿であったら幸せかと思うかを考えます。「どんなビジネスパーソンになっていたいか」「10年後にはどのようなことができるようになっていたいか」といった仕事のビジョンに限らず「どんな家庭を築きたいか」「何歳までに結婚したいか」など、理想の自分像を描いていきます。

3.現状を整理する

キャリアデザインを行う3つ目のステップとして、会社や上司から今期待されていることは何か、自分が今持っているスキルや強みとは何かを考え、現状を整理します。

企業が社員のキャリアデザインを直接支援できるのは、主にこのステップからになります。仕事を任せる上で社員に何を期待しているのかを伝え、ただやらされているのではなく役割を持って仕事をしていると自覚してもらうことで、社員の仕事へのモチベーション向上が図れます。

4.今後の目標と計画を設計する

キャリアデザインを行う4つ目のステップとして、将来の理想像と現在の状況を重ねた上で、今後の目標と計画を設計します。

将来の理想を実現するために現状足りていない経験やスキルは何か、必要な経験やスキルはどうすれば身につけられるかなどを具体的に考えることで、いつまでに何をしなければいけないかという目標が明確になっていきます。

企業がキャリアデザインを支援する際には、社員が具体的な目標を立てる上で「今の会社で経験やスキルを身につけられるのか?」といった不安を感じないよう、それぞれのキャリアビジョンに対して自社内での実現方法を提示できる準備をしておきましょう。

社員一人ひとりが「日々の業務は理想のキャリアを実現するためのステップである」と意識できるようになれば、仕事へのモチベーションが上がり、生産性の向上や組織全体の活性化につながります。

キャリアデザインを支援して社員のモチベーションを向上させよう!

キャリアデザインとは「どんな仕事をしたいか」「どのような働き方や家庭生活を送りたいか」といった人生の理想を描き、理想の実現に向けた計画を設計することを意味します。

社員が自身のキャリアに不安を抱えていると、仕事へのモチベーションが低下し、労働生産性の低下や離職につながる恐れがあります。キャリアデザインの方法を理解することで、社員のキャリアデザインを支援し、労働生産性の向上や組織全体の活性化が図れます。

理想のキャリアとはどんなものか、理想のキャリアを実現するためにはどうすればいいかなどを一人で考えられる人は、あまり多くありません。企業側から率先して社員のキャリアデザインを支援し、社員のモチベーション向上を目指してみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ